ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

そもそも総研

7月12日【追記あり・内容起こし】小出裕章氏:稼働時と停止時の炉心の危険性の違い【崩壊熱】「停止して1日経つと10分の1、1年経つとさらに10分の1へ発熱量は減る」@そもそも総研

序盤のところで音源確保が間に合わなかったため、最初の2行はうる覚えです。ご了承ください。
動画が見つかれば、改めて追記したいと思います。

【追記】※動画追記します。

20120712 国会事故調委員が語る... by PMG5

<14:15頃から>
(玉川氏)原子力発電所が動かしてない時と動いている時の危険性はどのように違うのか?それとも変わらないのか?
(小出氏)たとえば昨年の3月11日のときにも、地震と津波に襲われて、福島の原子力発電所が壊れてしまったわけですが、地震に襲われて原子炉を停止させたときには、原子炉の中で出ていた発熱の7%分が放射性物質そのものが出していた熱であった。
 でも、1日経つと、ほぼ10分の1に減ってくれるのです
 それからは、なかなかあまりスピードは早く・・・減りませんけれども、でも1年も経てば、またその10分の1、つまり原子炉が停止した直後に比べれば100分の1まで減ってくれるという、そういう性質を持っているのです。
 ですから、原子炉が動いているとき、動いている状態で事故に遭遇した時には、福島第一原子力発電所がそうであったように数時間のうちに原子炉そのものが全部溶けてしまうというようなことになったわけですが、例えば発熱が100分の1になってくれているのであれば、数百時間は溶けるまでに時間がかかるということになりますので、対処の仕方はかなり楽になる
(玉川氏)数百時間というと20日とかそういう単位になるわけですよね。
(小出氏)はい。そうですね。
 ですから、水が無くなってしまったら何かの補給の手段がないかとか、様々な対処するための時間的な余裕ができますので、大きな事故を防ぐというような意味でいえば、私はかなり楽になると。
 危険がゼロになるわけではもちろんありません。
「原子力発電所を止めたらもうなんでもないんだよ。安全なんだよ」
ということは、もちろん誤解ですけれども、でも、大きな破局的な事故を防ぐという意味であれば、まずは動いている原子力発電所を止めるということは、大変効果的な手段だと思います。
【以上】

5月26日 東京電力発表崩壊熱

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110526_01-j.pdfより

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

9月15日 【削除前に是非】まとめられなかったけど勉強した映像記録【その⑤】

『ソコトコ』9月7日放送分
<上杉隆氏の1> 
http://www.youtube.com/watch?v=QjBZyabpysg
<上杉隆氏の2> 
http://www.youtube.com/watch?v=7JRJ57sByFs

2010907内部被ばくと避難問題<尿検査から見えてきたもの> (112:46)
http://www.ustream.tv/recorded/17115389
  福島の子どもたちの尿検査(追加調査)結果について 記者会見及び院内集会
  日時9月 7日 (水), 13:00 ~ 15:00
  場所参議院議員会館B107(東京都千代田区永田町1-7-1) (地図)


続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ