点検怠り2号機同様ミス 汚染水流出   
(中日新聞) 2011年5月12日 01時46分

 福島第1原発3号機から11日、高濃度の放射線で汚染された水が海に流出していることが分かり、ほぼ同じ状況で流出した2号機の二の舞いとなった。国と東電の対策統合本部の細野豪志首相補佐官は「努力したが防げなかった」と残念がったが、東電が4月20日を最後に、関連施設の点検を怠っていたことも判明した。

 今回の汚染水は3号機タービン建屋から地中のトンネルを通じて流れ出たとみられている。東電はルート中、最も海に近い各号機の立て坑を目視し、水が流れ出ていないか確認する作業を続けていた。

 しかし、点検は4月20日で打ち切りに。しかも、3号機の立て坑は開口部にがれきが積み重なった状態で、11日に取り除くまでそもそも目視確認を一度もしていなかったことも分かった。

 3号機ではタービン建屋内やほかの立て坑で水位上昇が確認され、水があふれないか心配されていた。その一方で8日午後からは、炉心冷却に向けた作業の一環で、復水器内にたまった水をタービン建屋内に放出していた。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は11日夜の会見で「こういった事態を招き申し訳ない。3号機の汚染水を移送する計画を再検討したい」と流出対策に不備があったことを認め、謝罪した。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011051290014630.html

さて、今から昨日(5月11日夜)の共同会見を見ようかと思っていたら、この記事を先に見つけてしまったので、書かせていただきます。

これを世界が見たらどう思うか・・・。

今、私はめぐり合わせでアメリカにいるのですが、この報道がどうなされるのか、ちょっと考えると怖いですよ。
低濃度(?)汚染水の自主放出についてでも触れていますが、こちらの報道(特にCNN)は煽ります。落ち度が見つかれば、徹底的に叩く傾向があり、この記事の内容をどのように報道されるか・・・、ちょっと考えたくないですね。

とりあえず、共同会見を見てきてから、追記しようと思います。
・・・ひとまず失礼します。

続きを読む