ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

【福島第一2号機】事故処理状況:Level 7

6月後半、2号機原子炉建屋二重扉開放の記事

※この記事は、6月8日東電:2号機扉開放と、またデータ公表漏れの続報です。

湿度99・9%、2号機原子炉建屋二重扉開放へ
(2011年6月9日20時16分  読売新聞)
 東京電力は、高い湿度で作業員の立ち入りが困難な福島第一原子力発電所2号機の原子炉建屋内の作業環境を改善するため、同建屋とタービン建屋の接続部にある二重扉を今月後半にも開放する方針を決めた。
 大気中に放射性物質が放出される可能性があり、経済産業省原子力安全・保安院は、東電に対し、具体的な作業手順と予想される環境影響を報告するよう求めた。建屋の扉開放は先月8日、1号機で行われている
 2号機の原子炉建屋内は、地下の原子炉格納容器の破損部分から噴き出したとみられる蒸気や、使用済み核燃料一時貯蔵プールからの湯気が充満し、湿度が99・9%と極端に高くなっている。内部での作業ができないばかりか、ロボットもカメラが曇って使えなくなり、放射線量の測定さえできない状態だった。内部の放射性物質濃度は1立方センチあたり0・16ベクレルで、外部への影響を極力抑え、作業員が一定時間立ち入るためには濃度を10分の1程度まで下げる必要があるという。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110609-OYT1T00897.htm?from=navr

こうやって、扉を開けないと、もう作業が出来ない状態です。
これから先の作業のために、放射性物質を外気へ放出するのです。
風向き、天候などに注意して、作業日時を決められると思います。(SPEEDI使うんですかね?)

TBS/JNNカメラで見守りたいと思います。

失礼します。

6月8日東電:1,2号機の制御室で一時停電-現在は復旧

【原発】1、2号機の制御室が一時停電 現在は復旧
ANNニュース (06/08 21:57)
福島第一原発で電源トラブルが発生し、1号機と2号機の中央制御室の照明が一時、停電するなど支障が出ました。現在は復旧しています。

 東京電力によりますと、8日午後2時20分、1号機と2号機で電源トラブルが起きて中央制御室の照明が消えました。さらに、1号機では水素爆発を防ぐために格納容器に窒素ガスを注入していましたが、関連する装置の圧力が上昇したため、午後3時前に窒素ガスの注入をストップさせました。原子炉を冷やすための注水は、幸い止まることなく継続しました。電源は午後5時半過ぎに復旧しましたが、トラブルの原因は今のところ分かっていません。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210608060.html

「原子炉を冷ますための注水は、幸い止まることなく継続しました」

原因不明の停電を、さらっと流すわけにはいきません。
今回、「幸い」大きなトラブルにならなくて済んだかもしれないですが、次はどうなるでしょう?

原発なんて、もういらない・・・。

失礼します。

6月8日東電:2号機扉開放と、またデータ公表漏れ

2号機原子炉建屋の扉開放へ 東電、湿気低減図る
2011/06/08 13:34   【共同通信】
 東京電力は8日、福島第1原発2号機の原子炉建屋内部の湿気を低減し、内部での作業環境を改善するため、今月後半にもタービン建屋につながる扉を開放する計画を明らかにした。扉の開放により内部の放射性物質が外に出る可能性があり、経済産業省原子力安全・保安院は東電に対し、影響を15日までに検討し報告するよう求めた。
 開放に先立ち、原子炉建屋内部の放射性物質を含んだちりをできるだけ減らしておくため、東電は放射性物質を吸着するフィルターの付いた換気装置を11日ごろまでに設置、その後3日間ほど運転するとしている
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011060801000470.html


東電の放射線データ公表漏れ、合計1382件
(2011年6月8日13時35分  読売新聞)
 東京電力は8日、福島第一原子力発電所内の放射線観測データで公表漏れがあった問題の経緯について、調査結果を発表した。
 東電によると、3月11~21日にデータを記録しながら未公表だったものは、1382件。そのうち、混乱のためファクス送受信の確認が取れず、本店にデータが届かなかったものが351件、当初は10分間隔で公表していたため、対象外となった2分間隔のデータが526件だった。
 また、本店広報の判断で公表されなかったものは401件で、その大半は柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)から3月12日に派遣された測定車のデータだった。東電は「これまでなかったデータが説明なく突然送られてきたため、扱いが分からなかった」と説明している。公表されていないことに社員が気付き、同13日午前9時のデータからホームページに掲載した
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110608-OYT1T00588.htm

2号機の原子炉建屋の扉、開けるんですね・・・。
また1号機の時のように、見守ることしかできませんが、どうか開放までに少しでも放射線量が下がるよう、フィルターの効果があがるよう祈ります。
今後の作業をするためとはいえ、恐ろしいです。
1号機の時のTBS/JNNライブカメラの風の音が、耳から離れません。
作業員の方も必ず被爆するでしょう・・・。
どうか、すこしでも、被爆が低減されるよう対応お願いします。

東電のデータ公表漏れについては、もううんざりです。
今は、目の前にやらなければいけないことがたくさんあるので、こういったことは、後々追求されると信じて、今は前を見ていたいと思います。

失礼します。

6月2日東電:1号機原子炉へ新圧力計設置と2号機燃料プールのその後

1号機原子炉に新圧力計設置へ=2号機プール水温急低下―福島第1
時事通信 6月2日(木)20時17分配信

 福島第1原発事故で、東京電力は2日、1号機原子炉の圧力計の信頼性が低いため、3日から2日間かけて新たな計器を設置すると発表した。5月に水位を測り直した時にはメルトダウン(炉心溶融)が判明したが、正しい圧力が現在の数値とずれていた場合でも、推定される炉内の状況は大きく変わらない見通し。
 東電は炉心溶融の程度を正確に把握できていない2、3号機についても、水位と圧力の計器設置を急ぐ
 2号機の原子炉建屋内は、使用済み燃料プールの水温上昇で湿度が100%近くなっていたが、プールの代替循環冷却装置が稼働して約2日間で水温が急低下、2日午後5時時点で38度まで下がった。東電は放射性物質を多く含む空気の浄化を今月中に終え、作業員が入れる環境にすることを目指している。
 一方、1号機の原子炉建屋地下にたまっている大量の放射能汚染水の水位は、2日午後5時時点で床面から5.97メートルと小幅低下した。最近の大雨で上昇した後、低下に転じたが、減った分の水がどこに流れているかは不明。周囲の地下水に含まれる放射性物質の濃度は大幅には上昇しておらず、建屋外に出た形跡はないという。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110602-00000137-jij-soci

もう、これは、発表される情報を追いかけていくしかないですね。
・・・できることは恐らくとても限られているのでしょう。

上昇した汚染水、いったいどこへ消えたのでしょうか・・・?
恐らく皆さんの想像どおりだと思います。
東電の楽観的な考え方は凄まじいですね。

失礼します。


5月31日2号機燃料プール循環式が稼動

※この記事は、5月30日作業員2名が250mSV超えと2号機燃料プールが循環系冷却への続報になります。


2号機プール本格冷却、新システム稼働1カ月で安定 他号機は作業難航か
産経ニュース 2011.5.31 22:28
 東京電力は31日、福島第1原発2号機の燃料貯蔵プールにある水を循環させて熱を取り除く新たな冷却システムの運転を始めた。事故後、循環型冷却が行われるのは原子炉、プールを通じて初めて。原子炉建屋内に充満するプールからの蒸気を抑えるのが狙いだが、安定冷却までには約1カ月かかる。「どこまで冷却効果があるか分からない」とする専門家もおり、未知数の部分もある。(原子力取材班)

 「工程表を前倒しできた」。
 東電の松本純一原子力・立地本部長代理が胸を張った循環型冷却の稼働

 2号機ではこれまで、蒸発した水を補う形で配管を通じて断続的に注水していた。しかし、プールの熱で生じた蒸気が天井の残る建屋内にこもり、作業の妨げになり、冷却効果も不十分だった。

 新たなシステムは、プールから熱い水を取り出し、別の建屋にある熱交換器を通して温度を下げ、プールに戻す1次系と、熱交換器で受けた熱を建屋外の空冷式装置で逃がす2次系から成っている。

 通常、プールの水温は30~40度だが、2号機プールは現在、70~80度あり、蒸発して失われる水の分だけ注入して冷やしている。新たなシステムでは、「1~2日で約60度まで下がる」(東電)とみているものの、熱交換器を通る水の温度差が小さくなるにつれて冷却効果も小さくなるため、安定冷却とされる約40度になるまで約1カ月かかるという

 東電は、2号機のノウハウを他号機にも導入することにしており、1、3号機は6月下旬、4号機は7月中旬の稼働を目指す。ただ、2号機に比べて3基は原子炉建屋が大きく損傷しており、設置工事に困難が伴うことが予想される。特に4号機は耐震補強工事が必要で、ハードルは高い

 2号機の冷却システムでは、予備の系統も準備されているが、不測のトラブルで「冷却停止」しないという保証はない。実際にこれまで、さまざまな作業が想定外の事態に阻まれてきた経緯もある。

 大阪大の宮崎慶次名誉教授(原子力工学)は「順調に冷却できても1カ月ぐらいかかる。何らかのトラブルで止まれば、さまざまな作業にも影響しかねない。綱渡りの状況だ」と指摘している。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110531/fks11053122460006-n1.htm

ようやく2号機プールの冷却が循環式になりました。
・・・・・ようやくです。

「工程表」まだ目標にしてたんですね・・・。胸を張る松本部長代理の絵を想像して、ちょっとあきれてしまいました。
しかし、やれることからやっていくしかないです。やれることがコレだったと言うことです。

1、3、4号機のプールへ対応予定となっていますが、4号機、本当にできるつもりでいるのでしょうか。あの大破した建屋を見て、素人の私には想像ができません。

どうか作業がうまくいきますように・・・。

失礼します。

5月30日作業員2名が250mSV超えと2号機燃料プールが循環系冷却へ

東電社員2人、線量限度超え被曝した可能性
読売新聞 2011年5月30日13時33分
 東京電力は30日、福島第一原子力発電所で作業していた同社社員2人が、緊急措置として国が引き上げた線量限度250ミリ・シーベルトを超えて被曝した可能性が高いと発表した。

 内部被曝線量を詳しく調べ、確定するが、2人の健康被害は今のところないという。線量限度を超えた被曝が確認されれば、事故発生以来初めて。

 30代と40代の男性で、3月11~15日にかけて、3号機、4号機の中央制御室などで作業していた。甲状腺から23日に検出された放射性ヨウ素131の量がそれぞれ9760ベクレル、7690ベクレルと、他の作業員よりも10倍程度多かった

 放射性ヨウ素は8日で半分に減るため、取り込んだ時期が早ければ、外部被曝と合わせて250ミリ・シーベルトを超える可能性が高いという。外部被曝は、74~89ミリ・シーベルトだった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110530-OYT1T00565.htm


2号機の使用済み燃料プール、循環冷却へ
読売新聞 2011年5月30日12時07分
  東京電力は30日午後にも、福島第一原子力発電所2号機の使用済み核燃料一時貯蔵プールの熱を空気で冷やす屋外放熱装置の試験運転を始める

 すでに熱交換器や配管などは設置済みで、水漏れの有無などの点検を経て、6月初めに外付けの循環式冷却装置が本格稼働する見通しだ。東電は、冷却装置の稼働で、原子炉建屋内での水蒸気が減り、作業環境が改善できるとしている

 放熱装置は、冷却装置の一部で、循環させた貯蔵プール水の熱を除去する熱交換器の配管を屋外で冷やす。配管を通した放熱盤に、ファンで空気を当てる仕組み。

 建屋が残る2号機のプールには、水位が低下した時に、既設の配管、コンクリート圧送機から水を補充していたが、冷却が不十分で、水温は70~80度と高かった。そのため建屋内に蒸気がこもって湿度が高い、視界が悪いなど、作業の妨げになっていた。

 東電は、1、3、4号機にも同様の冷却装置を設置する予定だ。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110530-OYT1T00519.htm

さて、一つ目の2名の作業員の方が250mSVを超えた可能性が高いという報道・・・。
・・・手が震えます。
こうやってチェルノブイリと同じように、私たちは作業員の方々を犠牲に今の生活を続けているんです。彼らの健康を引き替えに・・・・。

まずは、その現実を多くの方に認識してほしいです。
そして、彼らの今後のために、全力で支えられる枠組みを作って欲しいです。
どうか、お願いします。

二つ目、久しぶりに改善のニュースですね。
そういえば、冷却プールの燃料は一体どうなっているんでしょうか。特に4号機・・・。

続報を待ちます。

失礼します。

5月21日東電:1SVの瓦礫と2号機・3号機の汚染水と、メガフロート<追記あり>

放射線量高いがれき見つかる
NHKニュース 5月21日 15時41分 
 東京電力福島第一原子力発電所の3号機の南側で、これまでに屋外で見つかったがれきのなかで最も高い1時間当たり1000ミリシーベルトの放射線量を出すがれきが見つかり、東京電力は水素爆発の際に放射性物質が付着したとみて、慎重に撤去することにしています。

 東京電力によりますと、このがれきは、20日、敷地内の放射線量の測定をしている作業員が福島第一原発3号機の南側で見つけたもので、1時間当たり1000ミリシーベルトの放射線量が計測されました。施設の周辺の屋外では、先月20日、1時間当たり900ミリシーベルトの放射線量を出すがれきが見つかっていますが、今回見つかったがれきはそれを上回るもので、東京電力は水素爆発の際に放射性物質が付着したとみています。がれきの近くには、3号機の燃料プールに水を送るコンクリートポンプ車が置かれていますが、東京電力は運転席などで作業するには問題ないとしており、今月25日以降、重機を使って慎重にがれきを取り除きたいとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110521/t10013028941000.html

流出した汚染水は250トン、福島原発3号機 東電発表
放射性物質、放出基準の100倍
日本経済新聞 2011/5/21 10:45 (2011/5/21 11:23更新)
 東京電力は21日、福島第1原子力発電所3号機から海へ流出した高濃度汚染水の量が約250トンだったと発表した。11日に発覚し同日中に止水したが、含まれる放射性物質は20兆ベクレルと説明した。1年間に放出が認められる基準の100倍にあたる。海へ放射性物質が流れたことには、海外からも懸念が出ている。
 海への高濃度汚染水の漏出は、4月上旬に2号機取水口付近からもあった。2号機は総量が500トンで、4700兆ベクレルだった。東電は「3号機は2号機に比べると海への拡散は相当少ない。拡散防止用のフェンスで湾岸内で大半はとどまっている」としている。
 一方、東電は21日、放射線量が毎時1000ミリシーベルトのがれきが見つかったと発表した。敷地内のがれきでは最も高い。復旧作業を阻む恐れがある。
 また放射性物質を含む汚染水をためる人工の浮き島「メガフロート(大型浮体式海洋構造物)」が同日到着したと発表した。原発敷地内に約10万トンある汚染水の一部を移す。
 メガフロートは鋼鉄製で長さ136メートル、幅46メートル。内側の空洞に1万トンの水を保管できる。当初は汚染水の受け入れ先として話題を集めたが、到着を待つ間に原発の汚染水が急増。東電は、急きょ、仮説タンクをいくつも手当てした。
 今後、経済産業省原子力安全・保安院の確認を受けて貯水に活用する考えだが、「メガフロートのクレーンを、原子炉建屋を覆うカバーの取り付けに使うことも検討している」(東電)という。
 また東電が新たな工程表に盛り込んだ「循環式注水冷却」の準備を進める1号機では、ガンマ線カメラでの放射線量測定を20日に実施。放射線量の高さを色別に示す地図作りに取り掛かった。作業の可否を判断する資料になる。
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819595E0E3E2E2EA8DE0E3E2E7E0E2E3E39F9FE2E2E2E2;bm=96958A9C93819595E0E3E2E2828DE0E3E2E7E0E2E3E39F9FEAE2E2E2

※二つ目の日経の記事は、今度は3号機から汚染水流出・・・の続報になります。
東電HPで記者会見配布資料がありましたので、UPしておきます。
参考配布写真:福島第一原子力発電所第3号機原子炉建屋付近(がれき)の状況
参考配布写真:福島第一原子力発電所メガフロート入港~接岸

1SVのがれき・・・。どうやって処理するんでしょうか。きっとこういったものが敷地内のあちこちに散らばっているんですよ・・・?もしかしたら知らずにその付近で作業した方がいるかもしれない。今は線量計を個人でもっていらっしゃると信じていますが、持っていなかったときに近づいていたら・・・。呼吸で吸い込んでしまったかもしれない。悪い想像をすれば、いくらでもできてしまいます。このがれきの処理をなんとか、現場の方にお願いするしかできないことが、とてもはがゆいです。

また、2号機、3号機から海洋へ漏れ出した汚染水の量と推定放射線量が発表されました。わかっているだけで、これだけの量です。間違いなくこれの何倍もの汚染水が海へ流れ出ています。こんなに海を汚してしまって、打てる手立ては、シルトフェンスのみ。これも何の解決もできないケージのようなものだし・・・。
(このほかにも、低濃度(?)汚染水の自主放出についてで1万393トン・約1500億ベクレル
の低濃度(?)汚染水を自主放出しています。)

海洋汚染を広げなくても、そこに放射性物質はある。

そのことに対して、どんな言い訳もできないんです。罪深いです。

他にもメガフロートや循環式注水冷却の話が出たようですが、作業が順調に進むことを願うばかりです。

この状況で、事態は改善されていると言えるでしょうか?
よく見てください。
そして、よく考えてください。

・・・・私達が、これからどうするべきかを。

失礼します。

5月19日午前東電会見より2号機と3号機<追記あり>

5月18日に2号機・原子炉建屋1Fへ4名の東電作業員の方が入られた続報です。
東電の配布資料がまだ見つかっていないので、詳細はまだ書けないのですが、どうやら汚染水のみずたまりが3箇所あり、一つ大き目のものは、50mSV/hの線量があったようです。中性子は検出されなかったものの、一部建屋内に温度が高い箇所が見受けられ、湿気等もあり15分以上の作業は難しいとのコメントがありました。
東電資料が見つかり次第UPしようと思います。
<追記>東電HPにUPされていました。貼っておきます。
福島第一原子力発電所 2号機 原子炉建屋内(1階)の調査結果および線量測定結果

これから梅雨、夏に向けて一体どうするのでしょうか。


3号機については、この記事で知りました。
福島第1原発3号機にも立ち入り=爆発後初、放射線量調査―2号機、水たまり3カ所
時事通信 5月19日(木)10時14分配信

 福島第1原発事故で、東京電力は19日、同原発3号機の原子炉建屋内に18日午後、作業員2人が入ったと発表した。同建屋への人の立ち入りは同建屋が水素爆発を起こした3月14日以降、初めて。
 東電によると、目的は2号機と同じく内部の放射線量測定や状況確認など。立ち入りは18日午後4時半ごろから約10分間だったという。
 この際の計測で同建屋の床から2~3メートルの場所の空間線量は、毎時160~170ミリシーベルトを記録。作業員の被ばく線量は最大2.85ミリシーベルトだった。
 一方、18日午前に社員4人が入った2号機原子炉建屋では、1階のほぼ全域を調査し、3カ所で床面に水たまりを発見した。このうち、最高の毎時50ミリシーベルトが計測された大物搬入口付近の水たまりでは、上から水滴が落ちているのが確認された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110519-00000040-jij-soci

本日の会見で新たに3号機の原子炉建屋1Fへ2名の東電社員の方が入られたことが告げられました。
内容としては、
16:30~16:40の10分間
作業員の被爆線量は、Max2.85 mSV, Min2.08mSV
窒素充填のための配管接続箇所の確認を目的とし、バルブ付近の雰囲気線量は160mSV-170mSV
その下の床上は50mSV
写真等はとっていない

とのことでした。

その後、記者の方から「なぜ事前に3号機へ入ることの事前発表がなかったのか」と質問が上がりました。
回答としては、「現場と本社とでは3号機の件は連絡が来ていたが、広報が2号機へ意識が集中していたため、3号機の件を聞きもらしてしまった。申し訳なかった」とのことでした。
隠匿も考えられると指摘がありましたので、今回は記者の方々も追及していただけたようです。

一体どうなっているんでしょうか。
二重扉を開けることで、高濃度の放射性物質が出る危険性はあるわけですから、絶対に事前に知らせるべき内容だと私は思います。たとえ付近の住民が強制避難されていたとしてもです。私達国民に知らせる義務があります。それを「申し訳なかった」で済ませてはいけないと思います。東電内部での連絡経路をもっとクリアにし、二度とこのようなことの無いよう、強く希望します。

本件については、ここまでとします。

失礼します。

5月18日2号機原子炉建屋へ入った作業員と小出先生が国会へ@たねまき

夜の統合会見を見て、2号機原子炉建屋へ作業員の方々が入られたことを知りました。
Ustreamアーカイブを張らせていただきます。
http://www.ustream.tv/recorded/14783445

(00:48:00頃~)
その部分を書き起こします。

5月18日2号機原子炉建屋へ東電社員4名が入る。
9:24~9:38の14分間の作業。
14分間の被爆量=Max 4.27 mSV / Min. 3.23mSV
(ロボット計測で4.1mSV)
線量結果は、明日以降発表する。

<原子炉建屋へ入った理由>
・循環系の冷却へ移行する為、内部環境(瓦礫や湿気の状態等)をできるだけ早い段階で目視確認しておきたかった。
・当面は窒素充填が目標。
・水位計など計測器の確認もしたかった。

どうなんでしょうね・・・。
14分間で約4mSVなので、16mSV/hですよね・・・・。
最大250mSV/福一での作業ということを考えると作業可能時間は約15時間/人・・・。
単純に計算してこうなりますが、明日の線量結果如何でどうなるかはわかるでしょう。

作業員の方々の無事を祈ります。

もう一点。

小出先生が国会へ行かれるようです。
5月23日参議院行政監視委員会だそうです。
たねまきジャーナルがUPされていたので、貼っておきます。

【福島原発】5/18/水★「国会に行って言いたい事を言ってきます」 1/2

【福島原発】5/18/水★「国会に行って言いたい事を言ってきます」 2/2


注目したいと思います。


失礼します。
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ