ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

山本太郎(俳優)

7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『ワンイシューとメディアコントロール』【その③】

※この記事は、7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『選挙と住民投票の違い』【その②】の続きです。

<01:32:10頃から>
杉田氏(杉田氏)原子力規制委員会の話は、もちろんこれはこれできっちり反対するべきなんですけども、ただこれで全部終わりになるってことではなくて、将来のエネルギー比率をどうするかっていうのを8月末に決めると言っていたのを、9月に今先延ばししました。
 結局この問題が一番大きくて、将来のエネルギー比率が原発ゼロなのかそうじゃないのかってこれが一番大きな問題ですね。
 今、これについてなぜ先延ばしにしたのかっていうのは、デモとかがこれだけ高まるっていうのは、やはり影響を与えてるんですよ。だから、「決して運動が何も政治を動かしてない」っていうのも、これはまた一種の悪しき敗北主義につながるということで、ちょっと注意する必要があると思います。もちろん、ひとつひとつ反対しておかなければいけないと思いますけども。

続きを読む

12月21日 山本太郎氏:大阪駅で『原発』市民投票実施のための署名活動を応援!!

※この記事は、
12月20日 橋下大阪市長:関電株主総会で脱原発の株主権行使を表明【住民投票をやることの意義】
12月1日 【追記あり】 『原発』国民投票のCM
12月10日 【動画あり】さようなら原発デモ:約5500人がデモに参加【国民が政策に意見する数少ない方法―動き出した原発住民投票】などに関連しています。

山本太郎さんが脱原発署名活動 大阪で市民団体と
2011/12/21 10:25   【共同通信】
 原発稼働の是非を問う住民投票の実施を求めている市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」が21日に大阪市内で署名活動を実施した。俳優の山本太郎さんも参加した。
 市民団体は東京都内でも署名活動をしており、山本さんは東京の請求代表者を務める。大阪市が関西電力の筆頭株主であることから、同市での住民投票実施を求めている。住民投票条例の直接請求には有権者の50分の1の署名が必要で、大阪市では4万2千人分。市民団体は6万人分を目標にしている。
 署名活動は10日から始めており、各電力会社の稼働中や停止中の全ての原発を対象とする考え。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122101000988.html

【動画】IWJ Osaka ch2より
11/12/21 山本太郎氏 「原発」大阪市民投票の応援呼掛け。大阪梅田1
http://www.ustream.tv/recorded/19292613 (01:19)続きを読む

8月25日 【起こしUP】吉田照美×山本太郎@ソコ大事なトコ【山本氏の想い】

※この記事は、
8月17日 【内容起こし】子どもたちの声を政府に届けよう!!@衆議院議員会館【この国は駄目・・・】<その①>
7月23日 山本太郎×岩上安身ショートインタビュー
7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その①】

7月12日 玄海町:原発撤退集会に500人、山本太郎氏も・・・
6月30日 山本太郎さん「仕事への影響は想定内」、菅原文太さん「電力30%減、いいじゃないか」
6月25日 みんなで決めよう『原発』国民投票/呼び掛け人は落合恵子さんと山本太郎さんなど
5月27日山本太郎さん、反原発を理由に事務所を辞める・・・。5月26日フリージャーナリスト日隅さんが入院・・・。に関連しています。

今日は、山本太郎さんについて、まとめて見ました。彼の今までの心の変化が語られています。彼にはとても勇気を貰っています。彼を見ていると、『Bochibochiも動かなければ!』という思いが強くなります。
彼に任せることなく、Bochibochiもやり方は違えど一緒に歩んでいると思っています。

一緒に頑張ろう!みんなで!

20110825 吉田照美ソコダイジナトコ「週刊エンター」 山本太郎(14:20)


【以下、時間のないかたのために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

7月23日 山本太郎×岩上安身ショートインタビュー

※この記事は、
【斉藤和義氏】
ずっとうそだった /斉藤和義さんについて
『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクトのストリーミング
【山本太郎氏】
5月27日山本太郎さん、反原発を理由に事務所を辞める・・・。5月26日フリージャーナリスト日隅さんが入院・・・。
6月25日 みんなで決めよう『原発』国民投票/呼び掛け人は落合恵子さんと山本太郎さんなど
6月30日 山本太郎さん「仕事への影響は想定内」、菅原文太さん「電力30%減、いいじゃないか」
7月12日 玄海町:原発撤退集会に500人、山本太郎氏も・・・
7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その①】に関連しています。

7月26日 【署名お願いします】子供たちを守るための緊急署名

110723山本太郎さんインタビュー (03:11)
http://www.ustream.tv/recorded/16189616

3分程度のショートインタビューです。
ぶっちゃけ話が聞けてちょっと嬉しいですね。
斉藤和義さん、山本太郎さん、男前!格好良すぎです!

ホントに、「頑張れ」じゃなくて「一緒に頑張りましょう!」

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その②】

<22:15->
(山本A)中手さんの提案されたサテライト疎開。どういうふうに思われました?

(太郎氏)本当なら国が率先して真っ先にやらなきゃいけないことだと思うんですよ。自主避難という形で逃れられた方も、やっぱりそこにはお金がいるという現実があるから、動けない人もたくさん居ると思うんです。特にお子さんを抱えた方なんて。動けないでいることに、また自分自身を責めてしまったりする状況が生まれてると思うんです。このサテライト疎開っていうのは、本当に中手さんおっしゃったとおり、福島のアイデンティティを潰さずにそのコミュニティ、地域ごとだったり学校単位で疎開っていうことができるっていうことは、ほんと、これをやらないでどうするんだ?って。本当に福島の人たち、怒りで一杯だと思うんですよ。もう怒りを通り越して、悲しみで一杯だと思うんです。多分100歩どころじゃくて、1000歩くら譲って、「お願いしますから、これでお願いします」っていう、そういうふうに聞こえます。続きを読む

7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その①】

※この記事は、5月31日 汚染地域の子供を疎開させる方法(案)に関連しています。

山本太郎が見た福島の現実  (31:41)
【追記】※削除されたようなので、DMを追記します。
http://www.dailymotion.com/video/xk1bxv_20110720-yyyyyyy-yyyyy_news

とにかく、削除される前に見てください。
後ほど内容を起こして、ログ残します。

・・・失礼します。

【追記】
7月20日スーパーニュースアンカー
(村西C)深刻さを増す放射能汚染、俳優の山本太郎さんをスタジオに招いて福島の現実に迫る。
俳優の山本太郎さんは放射能汚染が広がる福島を現地取材。
今子供たちに必要なものとは?


(山本浩之A)いつもはレギュラーコメンテーターの青山さんがニュースの裏側を解説されていますが、今日は緊急企画として、山本太郎さんと一緒に様々な影響が出始めている放射能汚染について考えていこうと思う。
反原発を宣言されて、このところ精力的に活動されてますね。
1

続きを読む

7月12日 玄海町:原発撤退集会に500人、山本太郎氏も・・・

※この記事は、7月9日 佐賀市民団体・弁護士会:佐賀県に玄海原発再稼動反対の要望などに関連しています。

玄海町、原発"撤退集会"に500人 「裏切られた」
佐賀新聞ひびの 2011年7月12日更新
「原発から撤退集会」が10日、東松浦郡玄海町の町民会館であった。反原発の住民団体幹部や学識経験者が電力会社の体質を非難し、原発の危険性を指摘した。
 集会は玄海原発対策住民会議や原水爆禁止県協議会など、県内複数の市民団体が開き、約500人が参加した。
 同住民会議の仲秋喜道副会長は九電の「やらせメール」問題について、「反社会的な行為で、幹部の首のすげ替えで済む問題ではない」とし、岸本英雄玄海町長に対しては「政府に裏切られたと言っているが、裏切られたのは住民、国民だ」と批判した。
 福島第1原発6号機の建設に携わった鹿児島大理学部の菊地洋一非常勤講師は自身の体験を紹介。「原子炉内の改造工事は高濃度の放射線を洗い落とす、恐怖の作業だった」と振り返り、「定期検査にしても放射線量の高い危険な所は社員ではなく、下請けや経済的弱者がやる。そうした差別構造にも目を向けなければならない」と訴えた。
 意見交換では「知事は推進派の専門家の意見しか聞かない。公平な会を開くべき」「今まではあまりに無知だった。知れば知るほど腹が立つ」などの声が上がった。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1985367.article.html

山本太郎 佐賀県庁突入「知事出てこい」
日刊スポーツ[2011年7月12日9時32分 紙面から]
 福島第1原発事故後、放射能汚染の危険を訴えている俳優山本太郎(36)が11日、佐賀県庁で行われた反原発デモに参加し、九州電力のやらせメールなどで揺れる玄海原発(佐賀県玄海町)の廃炉化を訴えた。佐賀は映画のロケや友人が被災地から避難している地。ネット上でデモの情報を集め、恩に報いたいと仕事先の四国から駆けつけた。熱い思いは“庁内乱入”に発展し、県庁史上初の大騒動となった。

 反原発の熱意を抑えられなかった。山本はしばらく約150人の市民団体メンバーらの動向を見守っていたが、1時間後に自ら拡声器を持った。

 「原発はいらない」「子供を守れ」「知事は出てこい」と叫びながらデモ隊を先導して佐賀県庁に乗り込んだ。だが、県庁職員やガードマンが玄関や通路を封鎖して行く手を阻もうとしたため、1時間ほどもみ合いに。それでも必死に食い下がり、古川康知事に玄海原発再稼働中止の請願書を渡そうとした

 知事が出てこず目的は達せられなかったが、山本は「佐賀に来て、みんなどれだけ追い詰められている状況か分かった。来て良かった。交渉を続ければ、きっと(廃炉の)扉は開かれるはず」と希望を口にした。国のストレステストについて「疑わしい。すぐ稼働させるための単なるアクション」、九電のやらせメール問題を「失望した」とぶった切った。

 佐賀は05年に映画「佐賀のがばいばあちゃん」のロケで訪れて以来だが、当時は日本の原風景が残るのどかな町並みに心を洗われたという。しかも、被災地の宮城から避難してきた友人も住んでいる。身近な存在だけに、ツイッターでデモ情報を知って仕事先の徳島から恩返しの意味もあり駆けつけた。「福島の件で原発をコントロールできないことがはっきりした。安全が保証されないのに、(原発を)再稼働してはいけない」と熱っぽく語った。

 山本は5月25日にツイッターで反原発発言が原因でドラマを降板になったとコメントし、同27日に事務所を自主退社している。原発の是非を問う国民投票を訴える団体の呼び掛け人でもあるが、今後も全国各地で反原発デモがあれば参加する意向だ。【菊川光一】
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110712-803766.html

玄海町が頑張っています。
これをバックアップ支援していきたいと、強く思います。

「頑張れ」じゃない。
「一緒に頑張ろう」

失礼します。

6月25日 みんなで決めよう『原発』国民投票/呼び掛け人は落合恵子さんと山本太郎さんなど

※この記事は、首相官邸へ意見を送ろう国民投票について4月27日 陳情書を請願書にするために6月14日イタリア開票ほぼ終了:原発凍結賛成は94%!!!!などの関連記事となります

原発の是非、国民投票で 実現目指し市民団体結成
中国新聞 '11/6/25
 福島第1原発事故を受け、日本でも原発の是非を問う国民投票を実現させようと、東京都内で25日、呼び掛け団体の結成総会が開かれ、「憲法改正に匹敵する課題。一人一人がしっかり議論し、責任を持って決めよう」と訴えた。

 団体は「みんなで決めよう『原発』国民投票」で、作家の落合恵子おちあい・けいこさんや俳優の山本太郎やまもと・たろうさんが呼び掛け人となった。東日本大震災から1年後の来年3月の投票実施を目指し、今後、法律制定を国会議員らに求めていく。

 団体の案では、投票権は義務教育を修了した日本国民と永住外国人が持ち、
  (1)原発の新規建設を認めるか
  (2)既存の原発については運転容認か段階的閉鎖か―を問う。

 会場からは「賛成も反対もいろんな意見が出るべきだ」などの声が上がった。原発再開の是非をめぐっては今月、イタリアで国民投票が実施され、94%以上が反原発票を投じた。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201106250148.html

HP:みんなで決めよう原発国民投票→http://kokumintohyo.com/

この記事を某所で紹介してくれた友人に感謝です!
読み出してすぐに、「うおぉぉぉっ!!!」と声を挙げてしまいました。
すごく嬉しく思います。
Bochibochiの場合は、「憲法改正に匹敵する」と思っているのではなく、むしろ「憲法を改正してしまえ」と考えているのですが、その気持ちは同じだということが結成総会の言葉から読み取れます。
国民投票法を作ってもらえれば、本当にすばらしいと思いますが、今の政治家を見ているとそこまでのフットワークの軽さが感じられず、それなら「えいや~!」でやってしまったほうが・・・と思ってしまいます。

でも、今後の活動、支援していきたいと素直に思います。

皆さんは、どうお考えでしょうか?
夢物語だと思いますか?

失礼します。

5月27日山本太郎さん、反原発を理由に事務所を辞める・・・。5月26日フリージャーナリスト日隅さんが入院・・・。

※この記事は5月23日子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、文科省へ福島の20mSV問題一歩前進【校庭の土壌を政府負担で処理へ】の続報となります。

山本太郎「事務所、辞めました!これ以上迷惑かけられない」福島の子どもたちのため覚悟の決意表明
シネマトゥデイ 5月27日(金)23時10分配信

  【拡大写真】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000042-flix-movi.view-000
福島の親たちと文科省職員との緊迫したやり取りを見つめる山本(画面左)
 

 俳優の山本太郎が、27日、自身のツイッターで所属事務所のシスカンパニーを辞めたことを報告した。

 山本は、27日21時半ごろのツイッターで、「事務所辞めました!今日。これ以上迷惑かける訳いかないから。辞めるな、と社長、スタッフの皆さん何度も引き止めて下さった。最後には僕のわがままを聞いて貰いました。13年もいたSISは正義感強く情に厚い事務所。もう関係ないから事務所への電話しないでね。他の役者に迷惑かかる(原文ママ)」と報告した。

 福島第一原発で起こった原発事故のあと、「 反対。って言うと、芸能界で仕事干されるんです、 御存知でした?でも言ってやります、反対!」と山本は、脱原発を自身のツイッターで声高に訴え、デモに参加するなど原発反対運動を続けてきた。

 福島の子どもたちを疎開させるべく立ち上げられたプロジェクト「OPERATION KODOMOTACHI」では、7分以上にわたるメッセージを送り、23日には文科省の前で、福島県の親たちとともに、福島県の学校に通う子どもが受ける放射線量を年間1ミリシーベルト以下にするように訴えた。 

 文科省前で、「何も行動しなければ、僕は自分を許せない」とわれわれの取材に応える一方で、長年所属してきた事務所に対しては、「たくさんの役者さんが所属している事務所なんで、あまり迷惑はかけたくないんですが……」今は見て見ぬふりをしてもらっている状態なんです。本当に感謝しています。と複雑な気持ちを伝えていた山本。今回、ツイッターで、原発発言が問題となりドラマがなくなったと告白したことが波紋を呼び、事務所まで取材攻勢の電話が及んだことで、「これ以上迷惑をかけられない」という気持ちになったのだろう。

 27日、文科省の高木大臣は会見を開き「福島県の学校に通う子どもが受ける放射線量を年間1ミリシーベルト以下にすることを目指し、毎時1マイクロシーベルト以上の線量のある学校に対しては費用の支援もおこなう」と、発表した。23日、山本太郎とともに文科省前で20ミリシーベルト問題を訴えた「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表の中手聖一さんは、「本当に小さな小さな一歩ですが、皆さんの力が、国を動かしたと思っています」と声を震わせ、孤立無援の状態でも、声を上げ続けた山本に、「福島出身でもない山本さんが、わたしたちと一緒に声をあげてくれたことは本当に心強かった。わたしは彼に、勇気を出してくれてありがとう、と言いたいです」と語った。(編集部:森田 真帆)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000042-flix-movi

山本さん、このニュースを読んで、泣いてしまいました。



Youtubeであなたの信念を見ていましたが、子供を守るネットワークと共に文科省前にいらっしゃったことは知りませんでした。
やっと、文科省の重い腰を動かしたところです。
そこで、あなたの配慮によって事務所を辞める決意をされたニュースを見て、
「なんて理不尽な世の中なんだろう」
と、思ってしまいました。

実は、別件で昨日フリージャーナリストの日隅さんがガンで入院されたことを知りました。転移があったそうです。詳しくはブログ(情報流通促進計画)をご参照ください。
このニュースもかなりショックだったんです。

最前線で戦ってくれていた彼が、病に倒れた・・・。

でも、落ち込んでる暇はないんです。
山本さんも日隅さんも、みんなに落ち込んで欲しいとは思っていないはず。

彼らの意思を私たちが受け継いで、私たちレベルで行動していく。

それが、私たちにできる一番求められたことだと思います。

彼らに引っ張ってもらって、ここまで連れてきてもらったんだから、今度は私たちが続く番です。

そして、彼らが戻ってくることを信じて、私にできることをやりつづけます。


失礼します。

ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ