ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

田中優(環境問題・文筆家)

6月4日 田中優氏の講演@八王子④【発送電分離、東電の賠償、家庭で出来ること、資金の回転と私達の未来】

【発電・配電・送電】 (01:17:25-)

 送電線を一社で独占している。そして関所を作っている。

 一社が送電線を独占しているのは、日本だけ。

 送電線の自由化が必要。

 送電線につながないと、利用できない。


世界の87%は固定買取制度導入済み。
発送電の分離が必要

【東電の賠償金】 (01:19:40-)

原発保険では足りないので国が払う

国が東電にお金を立て替える。

 

<借金の形に送電線を取ってはどうか>

東電は全体の3分の1の送電網を持っているので、残りの3分の2は金で買い上げればいい。

続きを読む

6月4日 田中優氏の講演@八王子③【貯められない電気、2003年夏の東電電力データ、ピークを下げる方法、世界の自然エネルギー】

地域の経団連を見ると、その代表はことごとく電力会社の社長。そのため合理性を持っていない。

【これを解決していくためには】 (00:49:20-)

私たちにやれること。

・タテ-自ら政治家になったり、影響を与えられるポジションから変える方法。

・ヨコ-となりの人に話したり、多くの人たちのムーブメントから変える方法。

・ナナメ-全く別な仕組みを考え、現実に新たなやり方をやってみせる方法。

全部やっていく必要がある。

ナナメの方法を考える。

原子力をやめる→自然エネルギーへ移行すると言ってしまうと、つっこみどころが満載なので、失敗だと思う。

原子力をやめる→節電→自然エネルギーが正しい道だと思う。

 ・節電はコストがかからず簡単にできる。電気の消費量を半分へ。その減った量を自然エネルギーへ徐々に切り替えていくのが順序。

続きを読む

6月4日 田中優氏の講演@八王子②【食品汚染と原発の耐震性と電気料金】

卵子は女性の卵子はいつ体にできているか。

それは女性が胎児だった時にできる。

胎児だった時点で100万個卵子を持っているが、減数分裂といって減っていき、妊娠可能な時期には4万個まで減っていく。その後、卵子も年をとっていく。

そのときにセシウムを取ってしまい、至近距離で被爆してしまうと、子供が生まれにくいということが起こってしまう。だから、なるべく体内に入れたくない物質。


続きを読む

6月4日 田中優氏の講演@八王子①【被曝量、SPEEDI、内部被曝と外部被曝】

6月4日に行われた田中優氏の講演を見ることができました。
長かったですが、見てよかったと思います。ご紹介しておきます。
いつもどおり、内容を起こしてますので、時間の無い方はご参照ください。(①~④)

6月4日 田中優氏の講演@八王子市民講座①

http://www.ustream.tv/recorded/15154890 (177:38)

八王子市民講座②

http://www.ustream.tv/recorded/15157102 (12:28)

八王子から始める原発に頼らない社会(05:00-)

【現状の簡単な解説】

今、原発は青空原発になってしまった。

従来の原発事故と比較すると、チェルノブイリ、スリーマイル共に一基ずつだったが、今回は1,3,4号機は水素爆発が起こり、2号機は内側で爆発があったため建屋こそ残ってはいるものの、放射能が漏れてきている。この4基が一斉に放射能を出している。しかも5,6号機については、水素爆発の危険があったため、天井に穴を開けてしまっている。そこから微量ながらも放射能は出ている。


【このあとどうなるか】
まだ水蒸気爆発やメルトダウンと再臨界の危険性がないわけではない。確率は下がったと思うが。爆発の危険性はこれからも数年続く。放射能は、毎日飛んでくる。東電は9月ころに蓋ができればと言っているが、どんどん計画は遅れているので、今年いっぱいは放射能は漏れ続けるだろう。じわじわずっと危機感を持ち続けなければいけない事故。

最悪の事故に比べれば、まだましだと言えるが、それでも放射能は十二分に撒き散らされている。

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ