ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

原発事故検証

2月11日 東電:福島第一原発敷地内の汚染マップ、日本公開より1ヵ月前にNRCに提供

東電、原発線量マップまず米側へ 公表の1カ月以上前
2012/02/12 02:55   【共同通信】
 東京電力が昨年4月下旬に発表した福島第1原発敷地内の放射線量マップ(サーベイマップ)は、公開の1カ月以上前に東電から米原子力規制委員会(NRC)に提供されていたことが11日、分かった。東電によると、サーベイマップは更新して逐次送っていた。経済産業省原子力安全・保安院には米側への提供の翌日になって報告を開始したという続きを読む

2月2日 国会事故調:原子力規制関連法改正案の閣議決定に対し批判声明を発表!(原文あり)

※この記事は、1月30日 【動画あり】国会事故調:第3回委員会を開催、双葉町長を参考人に【「結果的に原発を立地して良くなかったと思っている」】に関連しています。

「調査中なのに理解できない」 国会原発事故調が原子力規制庁設置法案を異例の批判
産経ニュース2012.2.2 17:06
 国会の東京電力福島第1原発事故調査委員会の黒川清委員長は2日、政府が「原子力規制庁」の4月設置などを柱とする原子力規制関連法の改正案を閣議決定したことに対し、「行政組織のあり方の見直しを含め提言を行う国会事故調が調査の最中にもかかわらず、組織のあり方を定めた法案を決定したことは理解できない」とする異例の声明を発表した。続きを読む

1月31日 原告1704人で玄海原発4基の運転差し止め提訴へ

※この記事は、
1月25日【追記あり・内容起こし】小出裕章氏:伊達市9443人が年間10mSv超(うち33人は20mSv 超)、井戸謙一元裁判官と『原発裁判』@たね蒔きジャーナルに関連しています。

玄海原発:運転差し止め求め提訴 原告は1704人
毎日新聞 2012年1月31日 22時39分
 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)全4基の運転差し止めを求める1704人の原告が31日、国と九電を相手取り佐賀地裁に提訴した。原告は福島第1原発事故後、脱原発を掲げる九州各県の弁護士会長経験者が呼びかけ、九州・沖縄を中心に全国29都府県から集まった。原告団によると、国内の原発訴訟では最大規模という続きを読む

1月29日 細野原発相:公開されなかった最悪のシナリオ「内容は現実にあり得ないもの」【東京からの人の流出を恐れて閲覧を数人に限定】

※この記事は、
1月21日 菅政権:原子力安全委の「不測事態シナリオの素描」を公文書とせず・・・
1月23日【内容起こし】小出裕章氏:4年以内70%の関東直下地震発生、政府が隠した『最悪のシナリオ』、足りている電力について@たね蒔きジャーナルに関連しています。

最悪シナリオ閲覧「数人」に限定 「混乱恐れて」と細野氏 
2012/01/29 16:34   【共同通信】
 細野原発事故担当相は29日までに、共同通信のインタビューに応じ、最近まで公開しなかった東京電力福島第1原発事故の「最悪シナリオ」に関し、情報漏えいによる国内の混乱を恐れて、当時の菅直人首相はじめ閲覧を「数人」に限った経緯を明らかにした続きを読む

1月27日 政府:東日本大震災関連の5会議で議事録欠落・・・【3議会は全く未作成・・・】

※この記事は、
1月25日 【内容起こし】日隅一雄氏:世界と日本の仕組みの違いと主権者が主権を行使するために@CNIC【後半】
1月24日【内容起こし】小出裕章氏:作られなかった原子力対策本部の議事録、ジャーナリズム、玄海原発ガラス化と試験片@たね蒔きジャーナルに関連しています。

震災関連5会議で議事録が未作成 岡田副総理が明かす
産経ニュース 2012.1.27 11:26
 岡田克也副総理は27日、国会内で記者団に対し、政府の東日本大震災関連の15会議のうち5会議で議事録を一部または全く作成していなかったことを明らかにした。岡田氏はまた、同日の閣僚懇談会で、全く議事録を作成していなかった3会議の議事概要を2月中に作成するよう関係閣僚に要請した続きを読む

1月23日 【動画あり】保安院:原子力対策本部議事録取らず、ERSS不良、玄海原発の脆化問題(高経年化意見聴取会)

※この記事は、
1月19日【内容起こし】小出裕章氏:ストレステスト意見聴取会、2号機の内視鏡の成果、ERSSのケーブル未接続放置について@たね蒔きジャーナル
12月11日 《関連動画追記》【内容起こし】石橋克彦氏講演会「『若狭原発震災』前夜の私たち」@名古屋市女性会館ホール【その③】
11月29日 小出氏:原子力発電所の寿命、延性と脆性【寿命延長と高経年化技術評価に関する意見聴取会の意味】@たねまきなどに関連しています。

原子力対策本部に議事録存在せず 保安院「急に開催、対応困難」
2012/01/23 13:52   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故に対応するため設置され、避難区域の設定や除染方針の決定をしてきた政府の「原子力災害対策本部」の会議の議事録が全く作成されていないことが23日、分かった。事務局を務める経済産業省原子力安全・保安院が明らかにした。
 保安院は「開催が急に決まるなど、事務的に対応が難しかったようだ」と釈明している。
 保安院によると、対策本部が設置された昨年3月11日以来、計23回あった会議ごとに作成されたのは、議事次第程度の簡単な書類だけという
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012301001584.html

原子炉データ、一時送れず=福島第2・2号機-東電
時事通信(2012/01/23-20:20)
 経済産業省原子力安全・保安院は23日、東日本大震災で被災した東京電力福島第2原発2号機で、原子炉の温度や圧力などのデータを国の「緊急時対策支援システム」(ERSS)に送る装置が同日午前に故障し、約5時間半データが送れない状態になっていたと発表した

続きを読む

1月23日 IAEA:「再稼働はあくまで日本政府の責任」大飯原発ストレステストの視察開始

※この記事は、1月18日 【追記動画あり】大荒れの第7回ストレステスト意見聴取会について【一連の流れ・・・】に関連しています。

日本の原発安全評価めぐり初会合 IAEA調査団が検証
2012/01/23 10:45   【共同通信】
 原発がどの程度の地震や津波に耐えられるかを解析する安全評価について、経済産業省原子力安全・保安院の評価方法の妥当性を検証する国際原子力機関(IAEA)の調査団が23日、同省で保安院と初会合を開いた。

続きを読む

1月21日 菅政権:原子力安全委の「不測事態シナリオの素描」を公文書とせず・・・

※この記事は、
1月9日 【内容起こし】小出裕章氏:大阪市民投票、40年の廃炉と老朽化と例外措置、4号機プール崩壊で250㎞避難の最悪のシナリオ@たね蒔きジャーナル
1月14日 民間事故調・福島原発事故独立検証委:菅元首相をヒアリング、今後も政府要人のヒアリングを予定に関連しています。

原発事故、最悪シナリオを封印 菅政権「なかったことに」
共同通信(2012年1月21日)
 東京電力福島第1原発事故で作業員全員が退避せざるを得なくなった場合、放射性物質の断続的な大量放出が約1年続くとする「最悪シナリオ」を記した文書が昨年3月下旬、当時の菅直人首相ら一握りの政権幹部に首相執務室で示された後、「なかったこと」として封印され、昨年末まで公文書として扱われていなかったことが21日分かった。複数の政府関係者が明らかにした。
 民間の立場で事故を調べている福島原発事故独立検証委員会(委員長・北沢宏一前科学技術振興機構理事長)も、菅氏や当時の首相補佐官だった細野豪志原発事故担当相らの聞き取りを進め経緯を究明。危機時の情報管理として問題があり、情報操作の事実がなかったか追及する方針だ。続きを読む

1月20日 中電:浜岡原発停止中の全電源喪失でも原子炉は3日で炉心損傷開始との試算を発表

【静岡】3日程度で燃料棒露出 「浜岡原発電源喪失」中電が試算
中日新聞 2012年1月20日
 中部電力は19日、全面停止中の浜岡原発(御前崎市)で全電源が失われ、冷却機能が働かなくなった場合、原子炉内の冷却水面から燃料棒の露出が3日程度で始まる、との試算を明らかにした。燃料棒が水面から露出すると、炉内の温度が急激に上昇し、燃料集合体が溶け落ちるメルトダウン(炉心溶融)の危険性が高まる。
 浜岡原発は昨年5月から、国の要請ですべての原子炉が運転を停止しているが、3~5号機の原子炉に計約2400体、1~5号機の使用済み核燃料プールに計約6600体の燃料集合体を保管している。運転停止中でも熱を出すため、水で冷却を続けている。続きを読む

1月16日 文科省:「SPEEDIの情報を米軍に提供していた」「無用な混乱を招かないために国内では公表しなかった」@国会事故調

※この記事は、1月4日 【更に動画追記あり】原子力安全委:ヨウ素剤服用指示にSPEEDIを使わないことを決定【今後は放射線量や原子炉の水位データの利用!?いい加減にしなさい!!】などに関連しています。

拡散予測、米軍に提供 事故直後に文科省
2012/01/16 22:21   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故直後の昨年3月14日、放射性物質の拡散状況を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による試算結果を、文部科学省が外務省を通じて米軍に提供していたことが16日、分かった。
 SPEEDIを運用する原子力安全委員会が拡散の試算結果を公表したのは3月23日。公表の遅れによって住民避難に生かせず、無用な被ばくを招いたと批判されているが、事故後の早い段階で米軍や米政府には試算内容が伝わっていた。
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011601002390.html

SPEEDI情報 米軍に提供
NHKニュース 1月17日 0時7分  
東京電力福島第一原子力発電所の事故原因を究明する国会の「事故調査委員会」は、初めての本格的な質疑を行い、参考人として招致された文部省の担当者が、放射性物質の拡散を予測する「SPEEDI」と呼ばれるシステムによる予測データを、事故の直後に、アメリカ軍に提供していたことを明らかにしました。

続きを読む

1月14日 民間事故調・福島原発事故独立検証委:菅元首相をヒアリング、今後も政府要人のヒアリングを予定

※この記事は、
1月8日 国会事故調査委:除染の児玉氏、発送電分離の八田氏を参与に起用へ
11月15日 民間事故調査委員会が発足【情報提供を呼びかけ】に関連しています。

民間の調査委 菅前首相ヒアリング
NHKニュース 1月14日 21時2分  
民間の有識者で作る、東京電力福島第一原子力発電所の調査委員会が、事故当時の政府の対応を検証するため、14日、菅前総理大臣からヒアリングを行いました。原発事故を巡っては、政府や国会の調査委員会も検証を進めていますが、菅前総理大臣がヒアリングを受けるのは今回が初めてです。続きを読む

1月8日 国会事故調査委:除染の児玉氏、発送電分離の八田氏を参与に起用へ

※この記事は、
11月29日 国会の事故調査委:ノーベル賞の田中氏を起用へ・・・
7月27日 【資料UP】児玉龍彦氏:7万人が彷徨っているときに国会は何をやっているのか!@衆議院厚生労働委員会に関連しています。

国会原発事故調に除染の児玉教授 発送電分離の八田氏も 
2012/01/09 02:02   【共同通信】
 政府から独立して国会が設置した東京電力福島第1原発事故調査委員会(元日本学術会議会長の黒川清委員長)が、放射性物質の除染をめぐり政府の対応を批判してきた児玉龍彦東大教授(内科学)ら有識者5人を参与に起用する方向で調整していることが8日、分かった
 電力会社の「発送電分離」論者の八田達夫大阪大招聘教授(経済学)も含まれる見通し。各専門分野で助言を求め、調査の円滑化を図る考え。就任の意思などを確認した上で、月内にも衆参両院議長が任命する運びだ。続きを読む

12月22日 【関連動画あり】保安院:福島第二原発の緊急事態宣言解除へ【福島第二の4号機の格納容器で水漏れ・・・!?】

※この記事は、
12月15日 【必見関連動画】保安院:「老朽化は事故拡大に影響していない」見解、一方で現場の取材では・・・?【鈴木智彦さんの報告】
12月11日 【内容起こし】石橋克彦氏講演会「『若狭原発震災』前夜の私たち」@名古屋市女性会館ホール【その③】などに関連しています。

福島第二原発、緊急事態宣言解除へ
(2011年12月22日23時05分  読売新聞)
 経済産業省原子力安全・保安院は22日、東京電力福島第二原子力発電所に対する原子力緊急事態宣言の解除に向け、「災害拡大防止を図る応急対策の必要がなくなった」とする評価報告書を内閣府原子力安全委員会に提出した。
 安全委が近く評価の妥当性を判断し、26日にも野田首相が解除宣言を行う見通し。
 保安院は、同原発の立ち入り検査などで応急対策の実施状況を確認。原子炉の冷温停止が維持され、冷却系の多重化も完了したことなどから、解除できる条件が整ったと判断した。続きを読む

12月22日 【関連動画あり】事故調査・検証委:3号機の高圧注水系の操作「振動で破損し放射性物質が漏れることを懸念した」

※この記事は、
12月17日18日 事故調査・検証委:1号機の非常用復水器の誤認識と3号機高圧注水系の操作、「いずれも炉心溶融を早めた可能性」に関連しています。

福島第1原発:「損傷恐れ停止」 3号機高圧注水系
毎日新聞 2011年12月22日 23時31分
 東京電力は22日、福島第1原発3号機の原子炉を冷やす高圧注水系(HPCI)を運転員が停止させた理由について、振動が大きくなり損傷が懸念されたためと発表した。この対応について東電は「妥当だった」としている。
 経済産業省原子力安全・保安院から指示を受け、調査結果を分析、公表した。
 3号機では「原子炉隔離時冷却系(RCIC)」が地震翌日の3月12日午前11時36分に停止し、原子炉水位が低下。バッテリー(蓄電池)で駆動するHPCIを自動起動させた。しかし、原子炉の圧力が操作手順書の基準以下になって性能が低下し、振動も大きくなったことから、運転員が壊れて放射性物質が漏れるのを懸念。代わりの注水方法の準備が進んでいたことから、HPCIを停止し代替注水に切り替えられると判断したという。所長には停止後に報告された続きを読む

12月18日 東電:漏れ続ける高濃度汚染水と貞観津波の評価、事故調査・検証委:地震による機器破損の可能性を指摘

※この記事は、
12月16日 『冷温停止状態』『廃炉』『除染』『水漏れ』・・・
12月15日 【必見関連動画】保安院:「老朽化は事故拡大に影響していない」見解、一方で現場の取材では・・・?【鈴木智彦さんの報告】に関連しています。

原発地下道に汚染水230トン 東電、海への流出なし
2011/12/18 22:02   【共同通信】
 東京電力は18日、福島第1原発の高濃度汚染水をためている集中廃棄物処理施設に隣接する地下道に、放射性セシウムを含む約230トンの汚染水がたまっているのが見つかったと発表した。東電は「かつて地下道に流入した高濃度汚染水が、地下水で希釈された可能性がある」としている。
 第1原発では「冷温停止状態」の宣言後、17日に1号機の使用済み燃料プールの冷却設備で水漏れがあったばかり。東電は、地下道は海につながっておらず外部流出の可能性はないとした
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011121801001810.html

東電、貞観津波に言及なし 土木学会への依頼文書
2011/12/18 19:44   【共同通信】
 東京電力が貞観津波(869年)をモデルに、福島第1原発に想定を超える津波が来る可能性を示した社内評価について、2009年に土木学会に研究を依頼したとする文書の全容が18日判明した。「貞観津波を特定して依頼した」とする東電の説明とは一致せず、特定の津波に言及はなかった。

続きを読む

12月9日 原子力安全基盤機構:『ICが正常に動いていれば、メルトダウン回避』との解析結果を発表

※この記事は、
10月2日 東電:原発への注水、38時間停止で炉心溶融しメルトダウンと有事に備えて試算分析
10月14日 保安院:原発事故後の防災地域分析、その後も生かさず「あくまで仮定の検討」・・・?
11月24日 小出氏:厚労省の乳児用食品基準、国会の事故調査委の委員長、非常用復水器が機能しなっかった原因とは・・・?@たねまき
12月3日4日 東電:16日に『冷温停止』宣言も約45トンの汚染水漏れ【ベータ線放射性核種が10万~100万Bq/cm3!?】
11月17日 【動画・内容起こし】上原春男氏記者会見『プラントの状況はワケわからん』@自由報道協会【その①】に関連しています。

東電の安全確保策「妥当」 冷温停止維持で保安院
2011/12/09 17:21   【共同通信】
 経済産業省原子力安全・保安院は9日、東京電力福島第1原発事故の収束作業に関し、東電が提出した今後3年程度の施設運営計画について「公衆や作業員の安全を確保する上で妥当」との評価をまとめた。
 保安院は近く評価書を原子力安全委員会に報告。これを受け、政府は16日に事故収束の工程表の「ステップ2」終了を決定する方針。
 保安院は、原子炉の温度計の誤差を見込んでも圧力容器底部で100度以下という冷温停止状態の条件を維持できるとの東電の報告を認め、溶けた燃料が格納容器に漏れている場合でも格納容器内の温度から冷却状態は把握できるとした
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120901001937.html

復水器継続でメルトダウン回避 1号機解析、東電「困難」
2011/12/09 21:59 【共同通信】
 東電福島第1原発事故で、独立行政法人「原子力安全基盤機構」は9日、1号機の非常用復水器(IC)が津波襲来後も早期に作動し、蒸気の冷却に必要な水が補給できていれば、原子炉の水位が維持されて炉心溶融(メルトダウン)を防ぐことが可能だったとの解析結果を公表した。

続きを読む

12月2日【追記あり】東電:海底土からセシウム134・137計160万ベクレル検出、東電事故調査の中間報告書・・・

海底土で高濃度セシウム 第1原発の取水口付近
2011/12/01 13:13   【共同通信】
 東京電力は1日、福島第1原発の港の海底土から、1キログラム当たり87万ベクレルのセシウム137を検出したと発表した。4月に高濃度の汚染水が流出した影響とみている
 東電は、11月下旬に港の9カ所で海底の土を採取。1~4号機の取水口南側が最も高く、セシウム134が同73万ベクレル、セシウム137が同87万ベクレル検出された
 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「鋼管を並べた板などで港の外への流出を止めており、汚染は拡大しない」としている。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120101001151.html

核燃料露出まで1・5メートル 福島4号機プールの水位低下 

続きを読む

11月29日 日中韓:原発事故などの情報共有のために新たな制度立ち上げへ

日中韓で原発トラブル情報共有へ 福島原発事故受け合意
2011/11/29 17:46   【共同通信】
 日中韓3カ国の原子力安全規制当局者が29日、経済産業省内で会合を開き、東京電力福島第1原発事故を踏まえ、各国の原発の事故や安全に関する情報を迅速に共有するため、新たな制度を立ち上げることで合意した。
 隣国の原発の安全性に関心が高まっていることを受けた取り組み。トラブル情報の共有や原発の安全技術研究、地震、津波などが原因のシビアアクシデント(過酷事故)対策に関する規制について緊密な情報交換をする。経産省によると今年1月現在、日本には福島第1原発を含め54基、中国には13基、韓国には20基の原発がある。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011112901001729.html

できれば台湾も入れていただきたいと・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

11月29日 国会の事故調査委:ノーベル賞の田中氏を起用へ・・・

※この記事は、11月24日 小出氏:厚労省の乳児用食品基準、国会の事故調査委の委員長、非常用復水器が機能しなっかった原因とは・・・?@たねまきに関連しています。

ノーベル賞田中氏起用で最終調整 国会原発事故調委の委員
2011/11/29 14:02   【共同通信】
 与野党は29日、国会に新設された東京電力福島第1原発事故調査委員会の委員にノーベル化学賞受賞者の田中耕一・島津製作所フェロー(52)を起用する方向で最終調整に入った。委員長は黒川清・元日本学術会議会長(75)を充てる方針だ。
 委員の人選を担う衆参両院議院運営委員会合同協議会を12月1日に開催し、両氏を含め原子力工学や地震・津波、放射線医学、危機管理などの有識者から選んだ委員計10人の人事案を諮る。決定後、衆参両院議長が両院の承認を得て任命する運びだ。
 田中氏はタンパク質の質量を正確かつ効率的に測れる手法の開発により、2002年にノーベル化学賞を受賞。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011112901001280.html

田中さんって、この問題でどういうポジションになるんでしょうか・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

11月28日 原子力安全委:代替電源の設置義務化を審査指針へ

原発、代替電源の設置義務化へ 審査指針で安全委
2011/11/28 18:47   【共同通信】
 原発の安全設計審査指針の見直しを進める原子力安全委員会(班目春樹委員長)の小委員会は28日、長時間にわたり電力供給が途絶えて大規模な事故につながるのを防ぐため、従来のものを代替できる電源の設置を各原発に義務付ける報告書案を大筋でまとめた
 機能や設置条件などを詳しく定めた指針と合わせて、年内の取りまとめを目指す。
 原発にはこれまでも、送電線を経由する外部電源と非常用発電機の設置が義務付けられていた。だが東京電力福島第1原発事故ではどちらも使えなくなり、原子炉が冷却できずメルトダウン(炉心溶融)に至った。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011112801001578.html

今更なにを・・・。
対応、遅すぎますよ・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ