たった今、DMV San Joseで筆記試験を受けてまいりました。
いろいろ調べていると、やはり待ち時間の問題があるようなので、ダンナと相談して、7:30には着くように(8時から営業開始ですから)7時に出発!

7:25には到着するも、すでに10人以上並んでました。8時までには、私達の後ろに50人くらいは並んでたと思うので、やはり朝イチでちゃちゃっと済まされるほうがよいかと思います。
(まぁ、オンラインでもNo Appointの待ち時間は表示されますが・・・)

外で並んでいる間に、DMVのお兄さんが目的別に書類などをくれます。私達は、日本免許持ち、International License持ちでCA Licenseは初めてと伝えると、「G」のカードをくれて、受付で渡すように言ってくれました。受付では、順番待ちの番号のレシート(銀行とかでもらうやつみたいな)をくれて、アナウンスorテレビ画面に自分の番号と窓口番号が表示されるまで待ちます。窓口ではパスポートと国際免許を提出し、担当のお父さんがシステムに入力していきます。打ち出された名前と住所が正しいことを確認してサインし、$31/人を支払って、カメラ撮影(&右手親指の指紋採取)後、筆記試験へ・・・!
「えっ!?」っていうくらい簡素なところで、日本でいうなれば、選挙の投票するところのようなスペースで、立ったまま問題を解いていきます。
試験の内容は、ほんとうにSFテレフォンガイドの後ろにある内容で十分で、標識だけは英語力が多少必要ですが、辞書なら使ってもいいみたいなので、問題ないと思います。(36問+標識問題12問)
問題そのものをもらって帰ってきたので、せっかくだから残しておこうと思います。問題をここにUpすることもできますが、やっぱり安全の問題もあるので、ご自身でテレフォンガイドでじっくり勉強する方がいいと思います。

全所要時間、一時間で仮免発行&運転試験の予約まで出来ました☆

そうそう、今日はじめて教本を取ってきたんですが、中国語・韓国語・スペイン語などはあるのに、日本語はみあたらず・・・。
せっかくなので、勉強がてらに翻訳していこうかしらん・・・でも、94ページもあるので、途中で心が折れるかもしれんけど、日本で運転免許を取ったときは、細かく勉強したもんね・・・?カリフォルニアで快適に運転するためにも、一読するべきか・・・。
ということで、カテゴリを作って翻訳しようと思います。

次は9月に運転試験の予約を入れたから、カローラちゃんで運転の練習に励みます。

今日のところは、ここまで・・・。がんばれたら教本の翻訳はじめます。