※この記事は、
9月5日 東北大内田助教:東北沖M9級地震、最短260年間隔と試算・・・に関連しています。

東北・関東震度5弱、宮城に津波 11人けが
中日新聞 2012年12月7日 23時57分
 7日午後5時18分ごろ、東北と関東地方で震度5弱の地震があった。宮城県石巻市の鮎川で1メートル、岩手、宮城、福島各県で20~40センチの津波を観測した。気象庁は宮城県に津波警報、青森県太平洋沿岸や岩手県、福島県、茨城県に津波注意報を出し、約2時間後に全面解除した。

 警察庁によると、千葉県習志野市の女性(50)が自宅のロフトのはしごから転落して重傷を負った。このほか宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、神奈川の各県で10人が軽傷。八戸海上保安部によると、沖合避難のため出港した漁船が、岩手県久慈市の沖合で7日夜、無人の状態で見つかった。船長が行方不明で、海保が捜索している。 (共同)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012120701002016.html

震度5弱 「高い所へ」1万8000人避難
(2012年12月8日  読売新聞)
 7日午後5時18分に発生した三陸沖を震源とするマグニチュード7・3の地震で、県内では栗原市金成や丸森町鳥屋で震度5弱を観測した。気象庁は県沿岸部に津波警報を発令。14市町が避難指示・勧告を出し、約1万8000人が高台などに避難した。

 消防などによると、富谷町で男性(60)が避難の際に転倒し足の骨を折るなどし計5人(2~78歳)が重軽傷を負った。
 県によると、気仙沼、名取、石巻、七ヶ浜など9市町で避難指示が、仙台、東松島など6市町で避難勧告が出された。津波警報は午後7時20分に解除されたが、沿岸部を中心に約1万8000人が小中学校や公民館など計280か所に避難。午後7時35分までに避難指示、避難勧告は解除され、避難所も閉鎖された。
 JR東日本によると、地震の影響で東北新幹線の上下線23本が運休し、在来線も運休が相次いだ。いずれも安全確認のためで、新幹線は午後9時までに全区間で運転を再開した。
 高速道路は、常磐道の亘理インターチェンジ(IC)―山元IC間など3か所で一時通行止めとなった。仙台空港も滑走路の点検のため、国内線の発着便計22本が欠航した。
     ◇
 県内の主な地域の震度は以下の通り。
 ▽震度4 気仙沼市、加美町、色麻町、涌谷町、栗原市栗駒など、登米市、南三陸町、美里町、大崎市、白石市、名取市、角田市、蔵王町、大河原町、村田町、川崎町、亘理町、山元町、仙台市、石巻市、塩釜市、東松島市、松島町、利府町、大和町、大郷町、大衡村
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20121207-OYT8T01456.htm


7日の夕方起こったM7.4の地震。
皆さんそれぞれにヒヤッとされたのではないでしょうか。辛い思い出が過った方も大勢いらっしゃることでしょう・・・。

つなみNHKでは3.11を教訓として、津波警報が発令された場合は、『強く避難を促す』ようトレーニングをされてきたとのことで、今回はその成果というか、緊急性が伝わる報道だったようです。

その一方で、最大1mの津波も観測され、3.11を思い出した方々も多かったのではないでしょうか。

【気象庁より】
「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第67報)
-平成24年12月7日17時18分頃の三陸沖の地震-
http://www.jma.go.jp/jma/press/1212/07b/kaisetsu201212072000.pdf

 - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ -

では、各原発での様子はどうだったでしょうか。

東京電力は毎日17:30から会見をしているため、少し会見時間を遅らせて、福島第一・福島第二などの様子を発表していました。

【避難状況】
福島第一:17:40 作業員の避難完了
福島第二:17:50 作業員の避難完了

【原発の状態】
福島第二:17:23 1号機の原子炉建屋の負圧の動きがやや不安定(高め)だと作業員が判断。念のためSGTS(Stand by Gas Treatment System=非常用ガス処理装置といい、原子炉建屋内に万が一放射性物質が漏洩したときに通常の換気系統から切り替わり、HEPAフィルターおよび活性炭フィルターなどでそれを除去して外部に排気する装置)を起動。高くふれた原因は(当時)不明。

その後、21:35に以下の文書がプレスリリース。

福島第二 STGS


http://www.tepco.co.jp/nu/f2-np/press_f2/2012/pdfdata/j121207c-j.pdf

翌日12月8日の発表で少し触れられていますが、未だ原因は不明のままのようです。

福島第二 STGS2


http://www.tepco.co.jp/nu/f2-np/press_f2/2012/pdfdata/j121208a-j.pdf

ほかにも、ちょこちょこ警報がなっていたようです。

原子力規制委員会 緊急時情報ホームページより

三陸沖地震被害状況第2報(12月07日18時10分)[2012/12/07 18:11更新]

2012年12月07日 三陸沖で震度5弱の地震がありましたので原子力発電所の状況について第2報をお知らせします。
原子燃料工業 東海事業所
HTR棟循環冷却水設備異常警報が発報しており詳細を確認しておりましたが、設備に異常はなく、17時37分に警報が解除されました。
三菱原子燃料(株)燃料加工工場
設備には異常はありません。モニタリングポストにも異常はありません。
http://kinkyu.nsr.go.jp/kinkyu/2012/12/1207.html

三陸沖地震被害状況第3報(12月07日18時30分)[2012/12/07 18:32更新]
2012年12月07日 三陸沖で震度5弱の地震がありましたので原子力発電所の状況について第3報をお知らせします。

東北電力女川原子力発電所(停止中)
設備に異常がないとしておりましたが、1号機PLRの上部の振動大の警報、3号機使用済み燃料プールの水位高低の警報が発報しました。その後、設備に異常はないことが確認され、警報が解除されました。
また、1ー3号機では津波による影響はありません。
http://kinkyu.nsr.go.jp/kinkyu/2012/12/1207-1.html

いずれも今回は大事には至っていないものの、ヒヤリとする場面があったのは事実です。

これらの報道はきちんとなされたでしょうか?
どれほどの方々がこの情報を入手することができたでしょうか?

私は日本で報道を見ることができないので、どこまで報道されたのかは判りませんが、こういうことが伝わらないことが一番の問題かと思います。

私たちは次の地震も津波も止めることはできないのです。

だったら、起こりうる事態に対して、いかに被害を小さくするか、避難するか、必要な情報を入手できるような環境を整えておくか、そういうことでしか対応できません。

3.11からまもなく1年と9ヶ月。

日本では、さまざまなことに対して未だ準備ができていないことが改めてよく判ったのではないでしょうか。

最後に、気象庁は、地震発生直後は「アウターライズ」だと発表していましたが、それを訂正しました。
今後も大きな津波を引き起こす可能性があるアウターライズ地震が起こる可能性はあることには変わりありません。

いかに"Be prepared”しておくか、先延ばしにできない大きな課題です。

懸念された「アウターライズ型」=日本海溝外側でM7超-「今後M8級の可能性も」
時事通信(2012/12/07-22:18)
アウターライズ 7日夕に三陸沖で発生したマグニチュード(M)7.3、最大震度5弱の地震について、気象庁の永井章地震津波監視課長は記者会見で、東日本大震災の巨大地震(M9.0)の余震の一つであり、懸念された「アウターライズ型地震」の一種との見方を示した
 その上でもう少し規模の大きい(M8級の)地震が心配されていたが、その中では小さい方だった。今回の震源の北や南でさらに大きいアウターライズ型地震が起きる可能性が残る」と注意を呼び掛けた。
 アウターライズ型地震は、日本海溝の外側で太平洋プレートが引き延ばされ、ちぎれるように上下にずれて発生する正断層型の地震。東日本大震災の巨大地震は、日本海溝の内側で太平洋プレートと陸側プレートの境界が急にずれて発生した逆断層型で、その反動で起きると予想されていた
 永井課長は、東日本大震災の巨大地震の余震活動は今回のアウターライズ型地震に限らず、まだ収まっていないと指摘。「今後も津波を伴う震度5前後の余震に注意してほしい」と述べた。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012120700984

「アウターライズ型」違った=7日の津波地震で気象庁-日本海溝付近、複雑な動き
時事通信(2012/12/10-20:42)
 7日夕に起きた三陸沖を震源とする最大震度5弱の地震について、気象庁の斎藤誠地震情報企画官は10日の記者会見で、「余震を含め解析したところ、当初説明した単純なアウターライズ型地震ではなく、複数の断層面が動いた可能性が高い」と述べた。
 東日本大震災の巨大地震と津波以降、懸念されてきたマグニチュード(M)8級のアウターライズ型地震が今後起きる可能性は否定できず、引き続き注意する必要があるという
 斎藤企画官によると、太平洋プレートが陸側プレートの下に沈み込んでいる日本海溝の外側(東側)で、最初に断層が圧縮されて上下にずれる逆断層型地震が発生。続いて日本海溝の内側(西側)で断層が引き延ばされてずれる正断層型地震が起きたと推定される。
 宮城県石巻市で観測された最大1メートルの津波を引き起こしたのは後半の正断層型地震と考えられるが、震源の深さや具体的な断層面がまだ分からず解析を続ける。一連の地震の規模は速報値M7.3から、暫定値M7.4に引き上げられた
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012121000858

7日の地震M7・4に修正…複数断層動き発生か
(2012年12月10日21時03分 読売新聞)
 気象庁は10日、三陸沖を震源とした7日の地震の規模を当初のマグニチュード(M)7・3からM7・4に修正したと発表した。
 地震計の記録などを詳しく解析した。また、海のプレート(岩板)が陸のプレートの下に潜り込む日本海溝の東西で、複数の断層が動いて発生した可能性があるとの見解を示した。
 今回の地震は当初、海溝の沖合(東側)で地殻が引っ張られて断層が上下にずれたと考えられていたが、斎藤誠・地震情報企画官は「(そのような)単純なアウターライズ型地震ではない可能性がある」と話した。地震波の波形や余震の発生状況などから、海溝の東側の断層が押し合う力でずれた後、その影響で陸寄りの西側の断層では引っ張り合う力が働き、より大きなずれが発生したとみられるという。連続して起こったため、気象庁では一つの地震として記録した。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121210-OYT1T00992.htm

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング