経済対策第1弾、2000億円規模=被災企業支援など26日決定へ
時事通信(2012/10/20-00:59)
 政府は19日、野田佳彦首相が検討を指示した経済対策の第1弾を、総額2000億円規模とする方向で調整に入った。東日本大震災で被災した中小企業の再建を支援する「グループ補助金」の上積みが柱。財源となる予備費の使用を26日の閣議で決定する方針だ。

 首相は今月17日、景気浮揚を狙った経済対策を11月中に取りまとめるよう指示。このうち、緊急性の高い事業に限って臨時国会の召集前に予備費の支出を決定し、早期に実施する。グループ補助金のほか、東京電力福島第1原発事故で被害を受けた福島県内の工場建設への補助金や、再生可能エネルギーの普及促進策、また、今年6~7月に九州地方などを襲った豪雨災害の復旧費も盛り込まれる
 11月中にまとめる対策には、学校の耐震化や豪雨対策などの防災事業、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の実用化に向けた研究支援などが追加される見通し。各省庁が2013年度予算案の概算要求で提出した事業の一部を前倒しで実施し、下振れリスクが高まっている国内景気の底上げを狙う。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012102000014

ようやくです。
でも「ん?2000億円?」という金額が一体どこから出てきたんだろう?と思って、ちょっと調べてみました。

するとすると・・・。
1


毎日新聞の【特集ワイド:シロアリを追う 復興予算問題−−被災地の声 生活を、産業を、早く何とかしてくれ】の6ページ目を見やすく参照させていただきました。

グループ補助金の申請額ぴったりの2000億円。

NHKの番組でとりあげられ、メディアが復興予算の使い道に対して一斉に報道し、注目されるようになったグループ補助金。

中小の企業や商店が個別で復興費用を申請するのではなく、複数が集まり地域一体となって申請し、まさしく被災地の復興のために作られたグループ補助金の制度。それが「あまりにも狭き門だ」ということを嘆いていらっしゃる申請者の方々。

私たちは、その報道を見て「日本政府は一体なにをやってるの!?本当に被災地を復興させる気があるのか!?」と憤っているはずです。

その申請額とぴったり合う2000億円。

単なる偶然ですかね・・・?

「野田政権が対策をしてくれた」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それ以上でもそれ以下でもない。

これで復興予算30兆円の使い道が清算できたと勘違いしてはいけないですが、せめて早急に申請者の方々の手元に届くように願います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【追記】10月25日
経済対策第1弾、4000億円=被災企業支援に1200億円-政府、あす決定
時事通信(2012/10/25-13:18)
 政府は25日、野田佳彦首相が検討を指示した経済対策第1弾の規模を4000億円程度とする方針を固めた。東日本大震災で被災した中小企業の再建支援に1200億円を盛り込むのが柱。26日の閣議で、財源となる2012年度予算の予備費の支出を決定する。
 政府は当初、2000億円規模を想定していたが、「景気浮揚に向けた意気込みを示す」(財務省幹部)ため、防災事業などを大幅に積み増した。株価押し上げなど、金融市場に与える効果にも配慮した
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012102500397

だそうですが・・・。