※この記事は、
12月11日 【追記あり】ウクライナのステパノワ医学博士の講演@福島市【子供を守るために何をすべきか】
11月15日 【動画あり】第2回低線量被曝リスクについての作業部会【木村真三氏、避難基準:5mSv/年を提案】などに関連しています。

 『大学では低線量については何も教えられませんでした。
 教えられたのは、500ミリSv以上が危険というものでした。
 事故直後はまだまだ余裕があると思っていました。
 なぜなら、毎時10マイクロSvだったからです。
 だから何も注意をしなかったのです。
 私たちの失敗を繰り返してほしくはありません。
 いくら注意してもしすぎることはないのです。

                    --ウクライナ/アレクセイ・ザイエツ医師より


ETV特集シリーズ_チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 by gomizeromirai

「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク翻訳資料 
チェルノブイリ事故から25年 “Safety for the Future”』より
http://archives.shiminkagaku.org/archives/csijnewsletter_010_ukuraine_01.pdf

Twenty-five Years after Chornobyl Accident: 
Safety for the Future
National Report of Ukraine
http://www.kavlinge.se/download/18.2b99484f12f775c8dae80001245/25_Chornobyl_angl.pdf

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング