原子力規制委人事:衆参両院の採決見送り、首相任命へ
毎日新聞 2012年09月05日 02時30分(最終更新 09月05日 03時19分)
 政府・民主党は4日、国会に提示した原子力規制委員会の委員長ら5人の人事案について、今国会会期中(会期末9月8日)の衆参両院での採決を見送り、閉会後に野田佳彦首相が任命する方針を固めた来週以降、規制委の発足日を定めた政令を閣議決定し、委員長には田中俊一・高度情報科学技術研究機構顧問を任命する

 規制委設置法は施行(6月27日)から3カ月以内の設置を定めており、同委は9月26日までに発足する。
 規制委の人事は国会の同意が必要だが、設置法の付則により、国会閉会や衆院解散のために同意を得られないときは、首相が任命できる。ただ、その場合は任命後最初の国会で、事後承認を得なければならない
 民主党の城島光力国対委員長は4日、同意人事案採決に関し「日程的にも極めて困難になってきた」と見送りを示唆。「人事が漏れたことでスタートがつまずいたことが最大の問題だ」と述べ、「事前報道」による波乱が原因との認識を強調した。一方、参院自民党の脇雅史国対委員長は「(人事案に反発がくすぶる)民主党の内部問題で採決できない」と、民主党対応を批判した。
http://mainichi.jp/select/news/20120905k0000m010110000c.html
 秋の臨時国会で仮に規制委人事の事後承認が得られなければ、首相は罷免しなければならず、発足早々、委員が不在となる可能性もある。ただ、設置法には、原子力緊急事態宣言が出されている場合は、その通知を衆参両院に出せば、宣言が解除されるまで事後承認を求めなくてもいいとの規定もある。【笈田直樹、阿部亮介】
http://mainichi.jp/select/news/20120905k0000m010110000c2.html

国会の同意得ず、首相が任命へ 原子力規制委人事
共同通信(2012年9月 5日)
 政府、民主党は5日、原子力の安全規制を一元的に担う新組織「原子力規制委員会」の委員長と委員4人について、国会閉会後の今月中旬にも野田佳彦首相が任命する方針を固めた。国会の同意が必要な人事だが、民主党内に異論があるため今国会の採決を見送り、規制委設置法の例外規定を適用する。国会同意人事で首相の任命権行使は極めて異例
 政府の人事案通り、初代委員長には田中俊一前原子力委員会委員長代理を、委員に中村佳代子日本アイソトープ協会主査ら4人をそれぞれ起用する。
 規制委設置法は6月27日に公布され、3カ月以内の9月26日が法律上の発足期限となる。政府は7月26日、委員長に田中氏らを充てる人事案を国会に提示。当初は8月上旬に衆参両院の本会議で採決し、9月初旬に発足させる意向だった。
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/09/post-6627.html

もうなんでもありだなと言うしかありません。

自分たちで作ったルールですから、最初から抜け穴があることは知っていたでしょうし、こういう線を引く官僚の方がいたとしてもおかしくないだろうな・・・と。

「秋の国会で改めて事後承認・・・」とありますが、それも原子力緊急事態宣言の中では必要ない場合もあるということで、非常に厳しい状況となりました。

「国民の原子力に対する信頼を取り戻す」
政治家は何度も何度も繰り返します。

こんなやり方で、誰が信頼するというのでしょう・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング