原子力規制委員長に田中氏…しがらみない実務派
(2012年7月20日07時07分  読売新聞)
 政府は19日、9月に発足する新たな原子力規制組織「原子力規制委員会」について、委員長を含む委員5人の人事案を固めた。
 初代委員長には、放射線物理が専門の田中俊一高度情報科学技術研究機構顧問(67)を起用する。規制委の委員は原子力発電所の新たな安全基準を策定し、原発再稼働の適否を判断する重責を担う。政府は原子力事業者などとのしがらみのない実務派をそろえた。20日に国会に提示し、衆参両院で同意を得られれば首相が任命する。
 委員長以外の4人の委員は、
   中村佳代子日本アイソトープ協会プロジェクトチーム主査(62)、
   更田豊志日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門副部門長(54)、
   大島賢三・元国連大使(69)、
   島崎邦彦地震予知連絡会会長(66)

を充てる。任期は委員長の田中氏が5年、中村、更田両氏が3年、大島、島崎両氏が2年。
 5人のうち、田中氏は放射線物理、更田氏は原子力工学と、原子力分野を専門とする。中村氏は放射線の健康影響、島崎氏の専門は地震学で活断層に精通。外務官僚出身の大島氏は東京電力福島第一原発事故後、国会に設置された調査委員会の委員を務めた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120720-OYT1T00016.htm


初代委員長となる田中俊一氏は、原子力委員会委員長代理とHPで残っています。事故後に推進してきた立場として、謝罪された16人のメンバーの一人ですが・・・。
【参考記事】→9月30日 原子力安全庁に先行して「原子力事故再発防止顧問会議」発足【そのメンバー】より
2011年4月1日、会見した田中俊一氏は「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。
田中氏は提言をまとめた理由について「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。学会で地位も名誉もある学者たちが、自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。

中村佳代子氏は、「ICRPの正しい理解を」(掲載日:2011年6月1日)というオピニオン記事でICRPを理解するためにはどう読み解くかを説明していらっしゃいますので、被ばくに関しては今までどおり、ICRP基準で考えていくことになるのでしょう。

更田(ふけた)豊志氏も日本原子力研究開発機構のお方ですので、バリバリの原子力ムラ。

大島賢三氏は広島で被爆体験をされている方で、チェルノブイリでも支援活動をされ、「チェルノブイリ原発事故が人体に与えた影響:回復への戦略」The Human Consequences of the Chernobyl Nuclear Accident A Strategy for Recovery(リンクはPDF)という報告書をまとめられたそうです。(Wikipediaより)

島崎邦彦氏は地震予知という分野の研究者でいらっしゃるようです。今回の地震を予見できなかったことを反省されているようですが、地震は予知できるとお考えなのでしょうか。【島崎氏のHP→http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/nikosh/nikosh.html】石橋克彦先生とつながりがあるという情報を見かけたのですが、どの程度のつながりなのか、私は存じ上げません。

正直に申し上げて、もしこのままFixとなれば、非常に残念な人事です。

これでしがらみがないと言えるでしょうか?

私よりも精通した方々から、上記の5名の方々の情報がTwitterなどで飛び交うことと思います・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング