※この記事は、7月5日【超重要】2030年のエネルギー政策に対するパブリックコメント募集中!【国民の声を無視させないために出しましょう!】に関連しています。

【動画】エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会 7/15(日)[仙台会場]


仙台聴取会 騒然 発言者に東北電と原発推進団体幹部
(東京新聞)2012年7月16日 07時11分
 政府は15日、将来の原発比率について国民の意見を聴く2回目の意見聴取会を仙台市で開いた。抽選で選ばれた9人の発言者の中に、東北電力や原発推進団体の幹部2人が含まれ、「原発が不可欠」など従来通りの主張を展開し、会場から批判の声が上がった。
 聴取会は、政府が提示した2030年時点の原発比率(1)0%(2)15%(3)20~25%の3案に対し、抽選で選ばれた各3人が意見を述べる形式。この日は進行側の手違いで、0%案4人、15%案2人、20~25%案3人だった。
 このうち、原発の新増設を前提とする20~25%案に対し、東北電力の岡信慎一執行役員(企画部長)は「会社の考え方をまとめて話したい」と切り出し、電力の安定供給などを理由に、原発は必要と自社の主張を述べた
 また、原子力推進を目的に企業や商工団体などで組織する東北エネルギー懇談会の関口哲雄専務理事(元東北電力執行役員待遇)は「政府の案は再生可能エネルギーを大きく見積もりすぎだ」と、原発の積極的な活用を訴えた
 広く国民の意見を聴くはずの会が一転、原発推進団体の会と化し、参加者からは「被災者をばかにしているのか」など非難の声が上がった。司会者が「お静かに」を連発するが、会場の怒りは収まらず、一時中断した。
 会場にいた仙台市の男性会社員(35)は「推進の考えでも、一般の人の意見を聞きたかった」と憤っていた。
 事務局によると、聴取会には175人の参加応募があり、抽選で130人を選んだ。うち意見表明を希望したのが93人で、0%案が66人、15%案が14人、20~25%案が13人
 これほど差があるのに、バランスを取ろうとするため、0%を支持した人はいずれも宮城県の人だったのに対し、15%と20~25%案は東北電力関係者二人のほか、東京都の会社員二人、神奈川県の会社員一人と、いびつな発言構成となった。
 岡信、関口両氏は取材に対し、会社や組織からの依頼で応募したことを否定した。
 政府代表として出席した細野豪志原発事故担当相は「抽選で選ぶので仕方ない。福島で開催するときは一般の県民の声が聞けるよう選び方を考えたい」と話した。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012071690071108.html

個人攻撃をするつもりはございませんが、「当社は」と何度も発言する方を個人としてみることは、非常に無理があるように思います。

また、上記のように各選択肢ごとに3人ずつ登壇してもらうなら、せめて意見表明を希望した方の人数と選択肢を毎回発表すべきですね。

あと、動画を見ながら思ったのですが、登壇される方・パブリックコメントを出される方は、さして難しいことを言う必要はないんだろうと思います。専門家ではないのですから、政府が出してきた資料に対して、どういう風に考えているか、率直に自分のお言葉でおっしゃればいいと思います。

「自分にはハードルが高い」
などと考えず、何が自分のプライオリティなのかをお伝えになったらいいと思います。

今日は名古屋で開催されるそうです。

会場へ行けない方、是非パブリックコメントを!

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング