※この記事は、
6月27日 東京電力:4号機建屋解体作業と1号機原子炉建屋で10シーベルト以上を計測
6月28日【内容起こし】小出裕章氏:1号機トーラス室の10.3シーベルト「作業自身を断念の可能性も」、原発危険度ランキング「大飯1・2号機は『圧倒的に』格納容器の強度が低い」@たね蒔きJ
3月27日 東京電力:2号機の空間線量は31.1~72.9シーベルト/時【致死被曝線量は7シーベルト】などに関連しています。

ロボット投入、操作不能に=3号機原子炉建屋地下で-福島第1
時事通信(2012/07/11-20:51)
 東京電力は11日、放射線量の測定や映像撮影のため、福島第1原発3号機原子炉建屋地下に無人走行ロボットを投入したところ、操作不能になったと発表した。同社は「放射線量が高く、当面ロボットの回収は難しい」としている。
 東電によると、ロボットを使った作業は11日午前11時から午後3時まで行われた。格納容器の一部で、水をためる圧力抑制室を収納する「トーラス室」でロボットを走行させ、調査を実施。線量は最大で1時間当たり360ミリシーベルトを記録した。

 ロボットは有線で操作していたが、途中で動かすことができなくなった。東電は「原因はまだ分からないが、有線のケーブルが損傷したことなどが考えられる」としている。ロボットには水の流れる音などを把握するため、録音機器も取り付けており、その回収も当面できなくなった
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012071100943

【東京電力HPより】
福島第一原子力発電所4号機原子炉建屋上部建屋瓦礫の撤去完了について

1


2

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120711_01-j.pdf

51

5月3日 小出裕章氏:「日本に帰る前に知っておきたい『放射能』のこと」in NY【その②】より

ロボットが止まってしまったようですね・・・。
今まで360ミリシーベルトという環境は優に超えた中、調査をしてきてくれていたはずなので、線量だけの問題ではなさそうだなとは思います。次の調査のときに、止まってしまったロボットが邪魔で調査できなくなることが一番の懸念なのではないでしょうか。

また、4号機の建屋上部の撤去作業が終了したそうです。
これから燃料プールに残されている燃料棒(未使用204本、使用済1331本)から未使用分を2本試験的に取り出すことになっています。
また、この上部に覆いかぶさるようにして、燃料棒全部を取り出すためのクレーンが建設される予定になっています。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング