美浜2号、40年超運転「妥当」 保安院が専門家会議に提示
共同通信(2012年6月 6日)
 経済産業省原子力安全・保安院は6日、7月で運転開始から40年となる関西電力美浜原発2号機(福井県)に関し、40年を超えて運転を続けても安全を確保できるとした関電の評価を妥当とする案を専門家会議に提示した。東京電力福島第1原発事故後、40年超の運転を認める判断は初めて。

 事故原因の解明が終わらないまま、40年超の運転を認めることには批判があるが、保安院側は「老朽化した原発の評価は現行制度で決められており、粛々と実施する必要がある」と説明し、専門家に理解を求めた。

 保安院は近く運転延長を正式に認める方針。ただ実際に運転を再開するには安全評価(ストレステスト)などの手続きが必要となる。

 また国会で審議中の新たな規制組織が発足し、運転が原則40年とする新基準が運用されると、あらためて新組織が美浜2号機を含む原発の運転延長の扱いを判断する。

 会議の専門家からはこれまでの会合で「保安院が認めれば、延長が既成事実化する恐れがある」と批判が出ている。
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/06/post-5856.html


美浜原発:2号機 40年超も認可 炉規法改正では再審査
毎日新聞 2012年06月06日 21時56分
 経済産業省原子力安全・保安院は6日、7月に運転開始から40年を迎える関西電力美浜原発2号機(福井県美浜町、50万キロワット)について10年間延長することを了承した。保安院内での手続きを経て近く認可する。ただし、原発の寿命を原則40年とする原子炉等規制法(炉規法)改正案が今国会で成立すると、運転継続に再審査が必要で、今回の認可は形式的なものになる。
 この日、保安院は専門家で作る意見聴取会を開催。原子力安全基盤機構が提出した「40年超の運転をする上で、保守管理の対策などは妥当」との評価書について審議され、異論は出なかった
 現行の炉規法では、30年目を迎える原発は国に運転継続の認可を申請し、その後は10年ごとに申請する仕組みに。40年超の運転が認められた原発は、日本原子力発電敦賀1号機など3基(廃炉になった東京電力福島第1原発1号機を含む)ある。
http://mainichi.jp/select/news/20120607k0000m010090000c.html
 一方、今国会で審議されている改正炉規法案では原則40年の運転制限制にするほか、事業者から申請があった場合、老朽化の評価結果などが審査され、問題がなければ運転延長が承認されると規定。既に40年が過ぎた原発でも、運転継続には法施行から3年以内に審査を受け、改めて可否が判断される
 保安院の担当者は「実際の運転継続には、改正炉規法による審査のほか、ストレステスト(安全評価)や活断層の連動性影響など多くのハードルがある。今後10年の運転が許可されたわけではない」としている。【奥山智己】
http://mainichi.jp/select/news/20120607k0000m010090000c2.html

やる気満々じゃないですか。
当面、原発の再稼働の目途が立たないなら、ペンディングしておけばよいものをとりあえず延長許可を出してしまえる体制が今もって続いているということです。
どんなに細野大臣が『40年廃炉が基本です』と言い続けたところで、現場はこんな感じです。
評価する人・組織・体制がこのような状態では、政府の作る法律は抜け穴だらけですね。

酷い国です。

先日、ようやく敦賀原発の断層の調査を認めた保安院ですが、下記のような指摘が保安院や新規制庁に認められることはあるんでしょうか?

大飯原発、地表ずれる可能性 専門家「早急に現地調査を」
共同通信(2012年6月 6日)
 再稼働問題で注目される関西電力大飯原発(福井県)で、敷地内を走る軟弱な断層(破砕帯)が近くの活断層と連動して動き、地表がずれる可能性があるとの分析結果を渡辺満久東洋大教授(変動地形学)と鈴木康弘名古屋大教授(同)が6日まとめた。渡辺教授は「原子炉直下を通る破砕帯もあり、早急に現地調査すべきだ」としている。

 原子炉直下の破砕帯が動いて地表がずれると、安全上重要な設備を損傷させる恐れがあるため、原発の立地場所として不適格となる可能性もある。

 経済産業省原子力安全・保安院は「既に専門家会議で破砕帯の活動性はないと評価済みだ」としているが、専門家会議委員で産業技術総合研究所の杉山雄一主幹研究員は「大飯原発など若狭湾の原発は、現地調査であらためて状態を確認するべきだ」としている。

 渡辺教授らが指摘したのは「F―6断層」と呼ばれる破砕帯。

 1985年に関電が国に提出した大飯3、4号機の増設申請書によると、F―6断層は1、2号機と3、4号機の間の地下をほぼ南北に走っている。

 当時の掘削調査で、坑内の南側壁面では断層の上を覆う地層が変形していないことなどから、関電は「国が原発の建設時に考慮するよう定めている、13万~12万年前以降に活動した活断層ではない」と判断。保安院も2010年に妥当と評価した。
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/06/post-5857.html

大飯原発3,4号機F-6

http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/fukuipref_senmoni_youbou120601.pdf

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング