※この記事は、5月30日 野田殿に関連しています。

「臨時的、やむを得ない」 大飯再稼働で嘉田知事
京都新聞【 2012年05月31日 23時00分 】
 滋賀県の嘉田由紀子知事は31日、関西広域連合が発表した声明に関連し、大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、「臨時的再稼働はやむを得ない」との見解を示した。慎重姿勢は崩さないと強調しつつも、「経済界の声もあり斟酌(しんしゃく)した」と、今夏の電力不足の懸念を踏まえ「限定的」とした心意を述べた

 声明は、再稼働について「限定的なものとして適切な判断を求める」とまとめた。

 嘉田知事は「限定的」の解釈について、7~9月の電力需要ピーク時を指す「期間」と、大飯3、4号機に限定した「対象」を意味すると説明。「限定的容認では」と問われると、しばらく黙り込み、「いえ、慎重姿勢は崩さない」と述べるにとどまった。

 声明については「知事や広域連合は(再稼働の)権限を持っておらず、出す立場でないと申し上げた」と、議論してきた経緯を説明。30日午後に広域連合でまとめた際、大阪府の松井一郎知事が「限定的」との言葉を入れるよう提案し、嘉田知事も府県民の意志が表明されるとして賛同したことも明かした。

 また嘉田知事は、京都府の山田啓二知事と提出した原発政策の提言で、政府の回答に対し今月中にまとめる予定だった見解について、「今の状況を反映して精査したい。来週には出したい」と述べた。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20120531000140

橋下市長、反対断念の責任感じる 再稼働容認で
共同通信(2012年6月 1日)
 大阪市の橋下徹市長は1日、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働問題で、これまでの反対姿勢を一転させ、事実上容認した自身の判断に関し「正直、負けたと思われても仕方ない。反対し続けなかったことには責任も感じている」と述べた。市役所で記者団の質問に答えた。

 同時に「大飯原発は超例外だ。ずるずると動き続けることは絶対阻止しなければならない」と強調。関電管内で予測されている今夏の深刻な電力不足を乗り切るため、あくまで期間限定で再稼働を認めたとの認識をあらためて示した。

 原子力規制庁など新たな規制機関の設置後、国際基準を踏まえた新たな原発の安全基準をつくる必要があると指摘した上で「国民的議論となれば、時間がかかる」との見方を示した。

 家庭用電力の自由化や発送電分離にも言及し「原発問題と並行して、電力会社の独占体制や電力供給体制を変える、次のステージに向かっていきたい」と述べた。

 市長は5月31日に記者団に「事実上の容認だ」と初めて明言していた。
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/06/post-5815.html

橋下市長、大飯再稼働「容認」の背景
TBS系(JNN) 6月1日(金)1時32分配信(最終更新:6月1日(金)7時35分)
 関西電力・大飯原発の再稼働について、大阪市の橋下市長は「うわべばかり言っていてもしかたがない。建て前論ばかり言っても。事実上の容認」と理解を示しました。およそ1か月前は「誰も安全だなんて言っていない。このまま進めるのは国家の重大危機」と述べるなど再稼働批判の急先鋒だった橋下氏。一転して容認した背景には何があったのか、橋下氏のブレーンに真相を問いました。
 「うわべばかり言ってもしかたない。建て前論ばかり言っても。事実上の容認ですよ」(大阪市 橋下徹市長
 31日、関西電力・大飯原発の再稼働を容認すると明言した大阪市の橋下市長。野田総理も「最終的には私の責任で判断する」と発言していて、大飯原発の再稼働に向けた動きは最終段階に入りました。再稼働の容認を明言した橋下市長ですが、これまで原発の建設や再稼働には反対の姿勢を続けてきました。
 「新規原発ないし原発の延長計画、これを府県民の総力で止めにかかる」(去年4月)
 「誰も安全だなんて言ってない。このまま進めていくことは国家の重大危機だと認識」(4月)
 ところが、5月に入ると橋下市長の発言に変化が見られるようになりました
 「もし再稼働ということがあるなら、動かし方。それは臨時なのかどうか、1か月か2か月か3か月か、そういう動かし方もあるのではないかと」(19日)
 そして、31日・・・
 「事実上の容認ですよ。この夏どうしても乗り切る必要があれば、暫定的な基準で暫定的な安全判断かもわからないが、もうそれは容認と
 こうした発言の変化の背景や真意について、大阪市特別顧問の古賀氏は次のように説明します。
 「きのうの段階で政府は絶対(大飯原発を)動かすことがはっきりしたので新しい段階に入った。あれこれ言い訳するのは潔くない。それよりはここで一回整理をして次の戦いに入っていこうと」(大阪市特別顧問 古賀茂明氏)
 政府の試算で、大飯原発が再稼働しなければ電力が14.9%不足するという関電管内。原子炉2基をフル出力させるには6週間かかるため、夏の電力需要のピークに間に合わせるには今がギリギリのタイミングという事情もあります。
 「『安全は万全なものではない、不十分だ』と政府に認めさせる。そういうものならば再稼働はフル稼働はあり得ない。どうしても足りない夏の間だけだと。9月には止めるんですねというところになんとか持っていきたい」(大阪市特別顧問 古賀茂明氏
 30日に開かれた関西広域連合の会合。関係者によりますと、非公開の部分で齋藤官房副長官から次のような発言があったといいます。
 「もう決めます」(齋藤勁官房副長官)
 「再稼働を決めるということか?」(出席者)
 「そう理解していただいて結構です」(齋藤勁官房副長官)
 出席者はこのやりとりで“政府が大飯原発の再稼働に向けて押し切ろうとしている”と判断。これまで再稼働に反対してきた関西広域連合でしたが、結局「限定的」という表現を使って、政府が適切に再稼働を判断するよう求める声明を発表しました。
 「あくまでも暫定的、限定的。臨時的再稼働はやむをえないと言う方が気持ち的には近い」(滋賀県 嘉田由紀子知事
 「積極的な判断はこの(声明)中ではしていない。(夏の)需給をにらんだ暫定的、限定的な稼働」(京都府 山田啓二知事
 再稼働に向けた手続き。次に福井県議会とおおい町が同意すれば、最終的に福井県知事が判断します。

 おおい町では・・・
 「安全さえきちんと守っていただければ、私は賛成ですけど。事故だけはちょっと・・・小さい子がいるので」(住民)
 政府は、福井県知事の理解が得られたと判断すれば、来週改めて関係閣僚会合を開き、再稼働を決定することになります。(31日23:53)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120601-00000003-jnn-pol

社説:再稼働と原発の安全 「私の責任」という無責任
毎日新聞 2012年06月01日 02時31分

 関西電力大飯原発の再稼働を関西広域連合が事実上容認した。政府の安全基準や、それに基づく判断を「暫定的」と位置づけた上で、「限定的」な再稼働に理解を示した。これを受け、政府が近く最終判断するとみられる。

 客観的状況が変わらない中での同連合の再稼働容認は釈然としない。しかし、それ以上に納得できないのは野田佳彦首相の言動だ。

 東京電力福島第1原発の過酷事故から1年2カ月。これほどの事故を経験しながら、国の原子力政策についても、原発のリスク軽減についても、国民の心に響くメッセージを発していない。にもかかわらず「私の責任で判断する」といった具体性に欠ける言葉で再稼働を推し進めようとしている

 私たちは原発再稼働のためにはいくつかの条件を満たす必要があると考えている。事故の検証を踏まえ、新しい規制組織が再稼働の判断基準を示すこと。その基準は各原発の弱点を比較できるようなものであること。免震棟のように時間のかかる対策が未整備であることのリスクも評価すること。原発を動かさないリスクが動かすリスクを上回ることをきちんと示す、といったことだ。

 しかし、いずれも納得のいく状況ではない。
http://mainichi.jp/opinion/news/20120601k0000m070116000c.html
 第一に事故の検証は終わっていない。国会事故調査委員会による真相解明は遠く、政府の事故調の最終報告は7月だ。大飯再稼働の根拠とする安全基準は経済産業省の原子力安全・保安院が作成した「ストレステスト」が基になっている。保安院は原発の「安全神話」を醸成してきた組織だ。事故時に危機管理能力がなかったことも明らかになっている。

 4月に新組織に移行する予定だったため、現時点での当事者能力にも疑問がある。保安院が「妥当」としたストレステスト結果を追認した内閣府の原子力安全委員会も同様だ

 各原発のリスクを横並びで比較していないため大飯原発の相対的なリスクもわからない。このまま大飯原発を再稼働すれば、他の原発もなし崩しに再稼働することになるのではないかとの国民の不信は当然だ。

 国際原子力機関(IAEA)は「5層の防護」として、過酷事故対策や、放射能放出に備えた防災対策までを求めている。大飯原発でこの国際基準がどう満たされているのかもよくわからない。

 結局のところ、「原発を動かさないと電力が足りない」という経済原理や不安解消を優先し再稼働を決めようとしている。原発事故前と根本的に何も変わっていない
http://mainichi.jp/opinion/news/20120601k0000m070116000c2.html

関西広域連合HPより】

5月30日関西広域連合


http://www.kouiki-kansai.jp/data_upload01/1338364003.pdf


20120601 「再稼動を容認」橋下市長の豹変に市民は by PMG5

さて、たくさんの記事をご紹介しましたが、結局政治家にまかせるということはこういうことだということは、皆さん重々ご承知のことと思います。私も理解しています。
皆さん、原発の再稼働に疑問をお持ちの方は、電話をかけたりFAXをしたり、メールを送ったりいろいろと動いていらっしゃいます。
しかし、政治というのは常にそういった声に耳をかさずに、たくさんの利害関係を加味して代表者がバッサリ片方を切るという形で推し進められます。
「政治家に判断してもらう」というのは、そういうことです。

私は、「原発に関しては政治家や専門家に任せておけない」とずっと言ってまいりました。

 何かあったときに被害をこうむるのは国民。
 その代償を払い続けるのも国民。
 しかし、利益を得ているのは一部のムラの方々。
 核廃棄物の処理方法も決まらないまま、使いたいだけ電気を使う。

『核』は根本的にはエネルギーや危険性の問題ではなく、人間の倫理観を問う問題だからです

菅前首相が辞任し、野田首相に変わった時に、
「これはもっと酷いことになるな・・・」
と直感的に予想しました。

だからこそ、「政治家に任せてはおけない。住民投票なり国民投票なりをして、市民・国民の意思表示を無視させない仕組みをつくらなければ!」とずっと思い続けてきました。どこかの首長の判断を非難をしても詮無いこと。実質的に国民の意思を反映させる、無視させない仕組みをいかに作るかというところが勝負なんじゃないかと今もずっと感じています。

私がズレているんでしょうか?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング