放射性物質:高線量域20年後も 政府、初の予測地図公表
毎日新聞 2012年04月22日 22時24分(最終更新 04月23日 00時49分)
 政府は22日、東京電力福島第1原発事故で福島県内に放出された放射性物質を巡り、20年後までの年間空間線量率の予測図を発表した。昨年11月の航空機モニタリング結果を基に▽12年3月末▽1年後▽2年後▽5年後▽10年後▽20年後−−の6枚を公表。平野達男復興相は「理論値に基づいた予測図であり、除染の要素は加味していない」と説明した。

 政府が長期にわたる将来予測図を示したのは初めて。各自治体が住民の帰還計画などを作る際の判断材料にしてもらうため、第1原発から北西方向に延びる高汚染地帯を中心に作成した。それによると、原発が立地する大熊町と双葉町の境界付近では20年後でも居住が原則制限される帰還困難区域(年間被ばく線量50ミリシーベルト超)が、両町に加えて浪江町、葛尾村では居住制限区域(同50ミリシーベルト以下20ミリシーベルト超)が残る。
 予測図は福島市内でこの日開かれた原発周辺の8町村長との意見交換会で示した。帰還困難区域は賠償が長期にわたるため、細野豪志原発事故担当相は「しっかり検討する地域だと認識している」と述べた。【清水勝、水戸健一】
http://mainichi.jp/select/news/20120423k0000m010076000c.html

1


2


3


4


5


6


7


http://mainichi.jp/graph/2012/04/23/20120423k0000m010076000c/001.html

色のついているところは、20年経っても全て1ミリシーベルト以上になる地域だと予測を立てていますね。5ミリシーベルトを守ろうとすると、濃い青色の部分までですね。日本政府は恐ろしくも居住の線引きを20ミリシーベルトに設定していますが、チェルノブイリの線引きは、以下のとおりになっています。

31

【参照:4月20日 チェルノブイリと福島事故の汚染状況等比較【資料集】

今回のの汚染減少の予測は、ほとんどがセシウム134(半減期2年)によるものだと思われます。
残っているのは、汚染比率約1:1と言われているセシウム137(半減期約30年)でしょう。

ようやく、やっと政府として出してきたというところでしょうが、これはあくまで計算上の予測地図であり、このとおりになるかどうかはわかりません。またセシウムはガンマ線ですので、アルファ線やベータ線を出す核種は考慮されていませんのでご注意を。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング