食品の放射能検査「独自基準やめて」 農水省が通知
朝日新聞 2012年4月21日8時53分
 食品の放射性物質検査をめぐって、農林水産省は20日、スーパーや食品メーカー、外食産業などの業界団体(270団体)に対し、国が設けた放射性物質の基準を守るよう求める通知を出した。国よりも厳しい独自基準を設けて自主検査を実施し、「『放射性物質不検出』の食品しか売りません」などとする動きに歯止めをかけるのが狙いという。

 国は4月から、それまでの暫定基準を改め、新基準(一般食品の放射性セシウムは1キロあたり100ベクレル、牛乳と乳児用食品は50ベクレル、飲料水10ベクレル)を施行した。

 通知は同省食料産業局長名で出され、民間に広がる自主検査に対する注意喚起の形をとっている。通知は、この新基準が国際的な指標と比べても、さらに厳しい設定であることを強調。「過剰な規制と消費段階での混乱を避けるため、自主検査においても食品衛生法の基準値に基づいて判断するよう周知をお願いします」と記している。
http://www.asahi.com/politics/update/0421/TKY201204200862.html

【農水省HPより】

4月20日 農水省検査自粛依頼


http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/ryutu/pdf/240420kyokuchou.pdf

ツイッターで見かけてびっくりして、調べてみたら本当でした・・・。

ここまでやるかと・・・。

『過剰な規制』『消費段階での混乱』とは何でしょうか?
消費者のニーズに答えることが資本主義の大原則でしょう?
それをどうこう言うのが政治の、おかみのやることですか?

「ここまで来たんだな」と絶句してしまいました。

以前、12月9日10日 粉ミルクの汚染はNPOの計測で判明していて2週間放置!?【企業が汚染測定を進んで実施しない理由】でご紹介していましたが、今回は随分直接的にやってくれたものです。

食品関係の方々、このような通知に流されることなく、お客さんの声をしっかり聴いてください。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

【意見送付】記録として残しておきます。
農水省総合窓口https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
食品中の放射性物質に係る自主検査における信頼できる分析等について (平成24年4月20日付け24食産第445号農林水産省食料産業局長通知)について
報道、通知を見て仰天いたしました。
食品業界へのこのような通知、目を疑うばかりです。
企業が努力するのは、顧客のニーズがあるからです。ニーズが無ければ無駄に終わるだけです。
しかし、今回の自主検査や独自基準は、顧客が知りたい、選択したいというニーズから生まれたことであるのは明白であり、「安全かどうか」という視点ではありません。その企業努力と消費者との信頼関係に水を差すような通知は即時撤回してください。
あなた方のやるべきことは、現状のサンプル検査で管理する体制から、できるかぎり多くの食品の検査をすることです。
お門違いも甚だしく、怒りさえ覚えます。

どうかよろしくお願いします。

【追記】4月25日
食品の放射能独自基準「否定はしない」 農水相
朝日新聞社 2012年4月23日23時37分
 食品に含まれる放射性物質の検査をめぐり、国より厳しい独自基準を設ける企業などに国の基準を守るよう求めた農林水産省の通知について、鹿野道彦農水相は23日、記者団に対して「強制力はなく、(民間の)いろいろな取り組みを否定するものではない」と釈明した

 通知は20日にスーパーや食品メーカー、外食産業などの関連する270団体に発出された。「過剰な規制と消費段階での混乱を避けるため」としているが、流通業者や消費者団体の中には反発の声が出ている。

 鹿野農水相は「政府の考え方が一本化されて食と農の安全の信頼関係を作り出していかなければならない」と通知を出した理由を説明。国の基準が国際的な基準と比べても厳しい内容であることを強調し、「農水省の考え方を周知徹底したい」と述べた。
http://www.asahi.com/politics/update/0423/TKY201204230613.html