坂本龍一脱原発フェス「願いは非核化です」
日テレNEWS24 <2012年3月27日 16:30>
 音楽家の坂本龍一(60)、4人組ロックバンドのASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が27日、都内で会見を行い、脱原発をテーマにした音楽フェスティバル「NO NUKES 2012」の開催を発表した。

 7月7日、8日の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場4・5ホールで開催される。坂本が呼びかけ人として、出演アーティストに声をかけているという。

 2日間で18組が出場する予定で、現時点で坂本、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのほかアナログフィッシュ、Yello Magic Orchestra、斉藤和義、ソウル・フラワー・ユニオン、難波章浩-AKIHIRO NUMBA-、HIFANA(ハイファナ)、元ちとせ、BRAHMAN(ブラフマン)の出演が決定している。

 フェスを行ういきさつについて坂本は、「3・11の震災、福島の原発事故を受けて、音楽家として1人の人間として何をしたらいいのか考えてきた。行動もしてきました。その上でやっぱり、社会に対してミュージシャンとして意見を述べようと思いました」と心境を説明。「原発を感情的にいますぐにやめろと言えない状況はよく分かっていますが、今回は明確に脱原発を掲げました。それは原子力発電だけでなく、核兵器も含みます。つまり、願いは非核化です」とフェスに込めた意味を熱く語った。

 イベントで使用する電力も自然エネルギーでまかなえるように調整中。収益はすべて「『さようなら原発』一千万人署名市民の会」に寄付される。

 出演アーティストを代表して会見に参加した後藤は「坂本さんから直接メールをいただいて、ぜひ出演させてくださいと即答しました。原発の問題は難しいですし、大変重たいですが、それに対して何らかの意思を表明する場を持たせていただけたことを感謝しています」と真摯(しんし)に語った。

 パフォーマンスは原則的に各アーティストにまかされている。坂本は「こういう趣旨で集まるのだから、何らかの形で自分たちの思いを述べることはしてほしいなと思います」とアーティストそれぞれの考え方やパフォーマンスに期待した。
http://news24.jp/entertainment/news/1622067.html

行きたいなぁ・・・

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング