大阪市議会、原発住民投票条例案を否決
産経ニュース 2012.3.27 23:43
 大阪市議会は27日、原発稼働の是非を問う住民投票を求める市民グループの直接請求を受け、橋下徹市長が提出した条例案について、共産のみの賛成少数で否決した。採決に先立ち、自民と共産はそれぞれ修正案を提出して可決を目指したが、いずれも賛成少数で否決された

 自民の修正案は、投票対象を日本国籍者に限定するなどした内容で、「極めて大切な問題に限っては、直接民意を問う方法も考えなければならない」と訴えかけ、民主系も賛同したが、最大会派の大阪維新の会と第2会派の公明は「脱原発に向けて、単なる意思表明ではなく具体的な政策を決定する必要がある」として反対した。

 廃案を受け、橋下市長は「署名をされた市民の声をくんで、原発から距離を置くために、関西電力にしっかりと株主提案をやります」とコメント。市民グループ事務局長の今井一さんは「結果は残念だが、住民投票について自民、民主、共産が賛成してくれたことは前進だ」と話した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120327/lcl12032723430006-n1.htm

本当にとっても残念です。

86議席中、8議席の共産党は当初から条例制定賛成と回答してくれており、昨日になって17議席もっている自民党が修正案を出すということを知り、公明党しだいでどうにかなるかも・・・!と期待していましたが・・・。民主党も一応自民の修正案には賛成してくれたんですね・・・。

この動きに私なりに遠くからですが参加させていただき、もしかしたら署名してくださったりサポーターや受任者になってくださった方もいらっしゃったかもしれません。
残念ながら今回の住民投票の条例制定は否決されてしまいましたが、大阪市が今後どう動くのか、やっぱりちゃんと関心を持ってコミットしつづけないとなと思います。

東京都議会付議はこれからですし、静岡県では5月13日から、新潟県でも恐らく住民投票条例実施の署名集めが始まります。

このような機運が各地で広まり、近い将来に国民投票が実施できるよう、継続して呼びかけてまいります。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング