敦賀原発下に35キロの活断層 産総研調査、従来は過小評価
福井新聞(2012年3月6日午前9時35分)
 日本原電敦賀原発1、2号機の敷地を通る活断層「浦底(うらぞこ)―柳ケ瀬山断層帯」(浦底断層)は少なくとも全長35キロあり、マグニチュード(M)7・4程度と従来の想定の2倍以上に当たるエネルギーの地震を起こす可能性が高いことが5日、産業技術総合研究所の杉山雄一主幹研究員らの調査で分かった
 浦底断層14 件の南部にある複数の断層が広域で連動する可能性もあり、杉山氏は「最悪の場合も考えないといけない」として、大規模な連動地震についても考慮すべきだとしている。
 政府の地震調査委員会や日本原電は連動する他の断層も含め、全長25キロでM7・2程度と評価しており、過小評価だった可能性が高い。原発の立地場所として問題があることを示すもので、安全性の再検討は必至だ。日本原電は「現段階では、コメントは何もない」としている。
 杉山氏は、原発の耐震性を評価する経済産業省原子力安全・保安院の専門家会議の委員。
 杉山氏によると、日本原電の音波探査結果などから、敦賀原発の東側の敦賀湾で浦底断層から2~3キロの位置に複数の活断層があり、浦底断層14 件と同時に動く可能性が高いと分かった。全長は35キロとなる。こうした海底断層は、日本原電や国の安全審査では考慮してこなかったという
 浦底断層14 件は上下と横にずれており、全体では1回の活動でのずれは3メートル以上と判明。ずれの大きさから断層の長さを求める計算式に当てはめると約39キロとなり、音波探査の結果から判断した35キロとほぼ同程度の長さとなった。これまで日本原電は約1・7メートルのずれを想定していた。
 杉山氏は、南側にある滋賀県の断層と連動する可能性も指摘。まだデータが十分ではない部分もあるが、ずれは5メートル近い可能性があるという。
 敦賀市原子力安全対策課の本多恒夫課長は「経済産業省原子力安全・保安院の専門家会議で審査し、(対策が必要な)新たな知見となれば、耐震安全性評価にしっかり反映させてもらいたい」と述べ、国の対応を注視していく考えを示した。
 浦底断層の西側の原子炉建屋直下にも多数の断層があり、同時に動く危険性が指摘され、日本原電が調査中。保安院は「同時に動くと確認されれば、立地不適格となる」としている。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/33433.html

断層判明、敦賀原発の揺れ再評価 安全・保安院が要求
共同通信(2012年3月 6日)
 福井県の日本原子力発電敦賀原発で、敷地内を通る「浦底―柳ケ瀬山断層帯(浦底断層)」のため想定以上の地震が起きる可能性があると判明した問題で、経済産業省原子力安全・保安院は6日、新たな想定を基に地震の揺れを評価し直して報告するよう、日本原電などに求める方針を固めた
 浦底断層の調査は、産業技術総合研究所が実施。保安院は、調査内容に沿って地震を想定し、揺れが原発の建屋や機器に与える影響を評価するよう求める。断層の傾きなど、原発への影響が不利な条件も考慮させる。
 浦底断層は、敦賀原発の原子炉建屋から約250メートル離れた敷地内を通っており、同原発の耐震安全性に深刻な影響が生じる可能性がある
 また周辺の美浜原発(関電)、高速増殖炉もんじゅ(日本原子力研究開発機構)の耐震安全性にも影響するため、保安院は計3事業者に影響評価を指示する方向。保安院は「産総研の調査結果を重く受け止めている。原電などには早急に対応してもらう」としている
 浦底断層について、日本原電などは「全長25キロで、マグニチュード7・2程度の地震を起こす可能性がある」と評価。産総研の今回調査では全長35キロ以上で、さらに南方の活断層と連動する可能性が高く、想定の2倍以上に当たるエネルギーの地震を起こす可能性があることが判明。
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/03/post-4960.html

【参考資料】
1

上の地図の赤丸部分を斜めにして拡大したイメージです。↓
22-2

12月11日 【動画・内容起こし】石橋克彦氏講演会「『若狭原発震災』前夜の私たち」@名古屋市女性会館ホール【その①】より

もう・・・ものすごく腹が立ちます。
石橋先生だってずーっとこの指摘はされてきたはずだし、もっといろいろな地震学者の方々もこの点は言い続けてこられたはずです。ちょっと検索すればすぐにヒットします。
それなのに、この「杉山主任が言ったから」とまるで初めて聞いたかのような対応に、私ですら呆れてしまいます。そういうことを指摘しないメディアは、ちょっとどういう了見で記事を書いていらっしゃるのか、お伺いしたいです。
せめて『以前から専門家の間では指摘があったが、今回ようやく加味される形になった』とか、書きようがあるでしょうに。
これじゃあ、やっぱり国の広報誌だなぁと思ってしまいます。

とはいっても、やっぱり活断層の評価を再度検討してもらうことは必須事項ですし、本気でその作業をやれば、日本で運転できる原子力発電所は無いだろうなと私は素人ながら推測します。

どうか、12月11日 【動画・内容起こし】石橋克彦氏講演会「『若狭原発震災』前夜の私たち」@名古屋市女性会館ホール【その①】をご覧になってみてください。
日本の原子力発電所を建設するにあたり、どのような基準で作られてきたか。
また、既にあるものに対してどういう判断をしてきたか。
そして、今どういう状況にありながらも再稼働しようとしてるのか。

本当に原発が必要かどうかお考えいただく時には、切っても切り離せないファクターです。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング