※この記事は、
2月3日 【関連動画あり】原子力委員会の『最悪のシナリオ』の内容と公文書は誰のものか
3月2日 SPEEDI問題:文科相・政務三役、文科省幹部「一般にはとても公表できない内容と判断」という内容で内部文書作成【文科相は一部否定】
2月27日 保安院:1号機の非常用復水器(IC)の許可設計とは違う設計だった・・・【田中三彦氏の指摘どおり】
2月25日 文科省地震調査委:電力会社からの依頼で巨大津波・地震への対応表現を修正【これで指針や安全性を信用できますか?】
2月11日 東電:福島第一原発敷地内の汚染マップ、日本公開より1ヵ月前にNRCに提供
1月16日 文科省:「SPEEDIの情報を米軍に提供していた」「無用な混乱を招かないために国内では公表しなかった」@国会事故調などに関連しています。

保安院「炉心すでに溶融」と分析 事故発生から1週間後
共同通信(2012年3月 5日)
 経済産業省原子力安全・保安院は5日、東京電力福島第1原発の事故が発生してから1週間後、保安院などの分析チームが1~3号機で「炉心はすでに溶融している」という分析結果をまとめていたと発表した。この報告書は当時公表しておらず、「保安院内で情報を共有するためのものだった」と説明している。

 保安院によると、分析チームは昨年3月18日、1~3号機について「炉心はすでに溶融し、外部から注水を続ける限りは安定した状態が継続していると評価する」とまとめた。4号機の使用済み燃料プールが損傷した場合の影響なども検討し「現在注力すべきは、燃料プールの水位回復であると認識」と報告した。

 分析チームは、事故発生当初の混乱の中、冷静に分析して事故対応に生かすために設置され、原子力安全基盤機構(JNES)のメンバーを含む約10人で構成。JNESの解析や原子炉の計測値などを参考に昨年3月15日から検討を開始した。

 炉心溶融をめぐっては、事故翌日に保安院幹部がその可能性を指摘したが、その後保安院は燃料の状態について明言せず、4月に原子力安全委員会に燃料のペレットが溶融しているとの推定を報告。東電が5月に1~3号機で炉心溶融が起きているとの解析を公表した後、保安院も炉心溶融を認めた。
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/03/post-4948.html

関連記事にも上げていますが、年が明けてからこういう話ばかり出てきますね。
そんなにパニックが恐ろしかったんでしょうか。自分たちの方がよっぽどパニックになってたんじゃないでしょうか。
そのくせ、ちゃっかりアメリカには情報を提供しています。国民に対する言い訳が「無用なパニックを・・・」というのであれば、もし提供した情報に誤りがあったらそれこそ国際問題ですから、絶対に出さないというのが論理的じゃないかなと思います。


『あなた方はどこの国の方ですかー!?』
とついつい叫びたくなってしまいます。

ちなみに実際に東京電力がメルトダウンを認めたのは、5月12日 東電:メルトダウン認める・・・とたねまきジャーナルです。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング