※この記事は、
2月21日 東電:海底の放射性物質拡散防止のためセメント・粘土で覆う工事開始へ【50年の効果見込み・・・】,
10月12日 北大・小城教授「放射性物質は海の生態系に絶望的な影響を与える」原発事故による海洋汚染・・・に関連しています。

福島原発沖で千倍のセシウム 昨年6月、米研究所調査
2012/02/22 11:51   【共同通信】
 【ワシントン共同】昨年6月に東京電力福島第1原発沖を調査した米ウッズホール海洋学研究所のチームは21日、事故前に比べて最大で約千倍の濃度のセシウム137を海水から検出したと、米ユタ州で開かれた海洋科学に関する会議で発表した。AP通信が報じた。
 同研究所によると、70~100キロ沖が最も濃度が高く、汚染は約600キロ沖まで及んでいた。人の健康や海洋生物にすぐに影響するレベルではないとしている。
 チームは原発から東方に約30~600キロ離れた太平洋で海水や魚、微生物を調査。採取した海水には事故前に比べ10~千倍高いレベルのセシウムが含まれていた
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012022201001074.html

Radiation detected 400 miles off Japanese coast
(日本の400マイル沖合で汚染検出)
※1マイル=およそ1.6㎞です

By BRIAN SKOLOFF and MALCOLM RITTER, Associated Press
Tuesday, February 21, 2012
(02-21) 13:25 PST SALT LAKE CITY, (AP) --
Radioactive contamination from the Fukushima power plant disaster has been detected as far as almost 400 miles off Japan in the Pacific Ocean, with water showing readings of up to 1,000 times more than prior levels, scientists reported Tuesday.
(福島原子力発電所事故による放射能汚染が日本からおよそ400マイル離れた太平洋で検出された。海水は以前よりも1000倍以上の測定値を示していたと科学者は火曜日報告した)

But those results for the substance cesium-137 are far below the levels that are generally considered harmful, either to marine animals or people who eat seafood, said Ken Buesseler of the Woods Hole Oceanographic Institution in Massachusetts.
(しかし、これらの放射性セシウム137の報告は、海洋生物や海鮮食品を口にする人間のどちらに対してもただちに健康に影響があると考えられるレベルからはかなり低いとウッズホール海洋研究所(マサチューセッツ州)のBuesseler氏は述べた。)
He spoke Tuesday in Salt Lake City at the annual Ocean Sciences Meeting, attended by more than 4,000 researchers this week.
(彼は火曜日、4000人以上の研究者が今週参加したソルトレイクシティで毎年開かれている海洋科学会議で発表した。)
The results are for water samples taken in June, about three months after the power plant disaster, Buesseler said. In addition to thousands of water samples, researchers also sampled fish and plankton and found cesium-137 levels well below the legal health limit.
(Buesseler氏は、この調査は原発災害から約3か月後の6月に行われた海水サンプルによるものだと述べた。数千にも及ぶ海水サンプルに加えて、研究チームが調査した魚やプランクトンのサンプルから検出されたセシウム137のレベルも法定健康限度よりもかなり低かった。)
"We're not over the hump" yet in terms of radioactive contamination of the ocean because of continued leakage from the plant, Buesseler said in an interview before Tuesday's talk. He was chief scientist for the cruise that collected the data.
(海洋の放射能汚染の観点では、プラントから継続して漏えいが続いているため「我々はまだ危機を脱していない」と火曜日の講演前のインタビューでBuesseler氏は述べた。彼はデータを集める調査巡航の主任だった。)
The ship sampled water from about 20 miles to about 400 miles off the coast east of the Fukushima plant. Concentrations of cesium-137 throughout that range were 10 to 1,000 times normal, but they were about one-tenth the levels generally considered harmful, Buesseler said.
(船がサンプルを採取したのは、福島原発から東に約20マイル~400マイルの地点である。その範囲全体のセシウム137の濃度は正常値より10~1,000倍であったが、一般的に有害であると考えられる10分の1のレベルだった​​とBuesseler氏は述べた。)
Cesium-137 wasn't the only radioactive substance released from the plant, but it's of particular concern because of its long persistence in the environment. Its half-life is 30 years.
(セシウム137のみが原発から放出されたわけではないが、特に環境中で長い持続性があると懸念されている。半減期は30年。)
The highest readings last June were not always from locations closest to the Fukushima plant, Buesseler said. That's because swirling ocean currents formed concentrations of the material, he said.
Most of the cesium-137 detected during the voyage probably entered the ocean from water discharges, rather than atmospheric fallout, he added.
(昨年6月の最も高い測定値は、常に福島原発から近い場所というわけではなかったとBuesseler氏は述べた。理由としては渦を巻く海流が汚染濃度を形成していると考えらえる。航行中に検出されたセシウム137のほとんどは、恐らくは大気中の放射性降下物よりも汚染水の海洋放出によるものだろうと彼は付け加えた)
Hartmut Nies, of the International Atomic Energy Agency, said Buesseler's findings were not surprising, given the vastness of the ocean and its ability to absorb and dilute materials.
(IAEAのNies氏はBuesseler氏の知見は、海の広大さや希釈能力からすると驚くべきものではないと言う。)
"This is what we predicted," Nies said after Buesseler presented his research.
Nies said the water's cesium-137 concentration has been so diluted that just 20 miles offshore, "if it was not seawater, you could drink it without any problems."
(「これは我々が予測したものだ」とNies氏はBuessler氏の発表の後に述べた。
Nies氏はセシウム137の海水濃縮は、たった20マイル沖で希釈されており、「もし塩水でなければ飲んでも問題ない」とも述べた)
"This is good news," he said, adding that scientists expect levels to continue to decrease over time.
"We still don't have a full picture," Nies said, "but we can expect the situation will not become worse."
(「これはいいニュースだ」と研究者たちが時間が継続していく中でそのレベルが減少していくと期待していると彼は付け加えた。
「我々はまだ全体像を把握していないが、状況がこれ以上悪化しないと期待できる」とも述べた)
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/n/a/2012/02/21/state/n114807S53.DTL&tsp=1

News Release : Special Fukushima Session at 2012 Ocean Sciences Meeting
February 16, 2012 the Woods Hole Oceanographic Institution
http://www.whoi.edu/page.do?pid=7545&tid=282&cid=129529&ct=162

【上記HPより抜粋】
IMPACTS OF THE FUKUSHIMA DAI-ICHI NUCLEAR POWER PLANTS ON THE OCEAN

The triple disaster of the March 11, 2011, earthquake, tsunami and subsequent radioactivity releases from the Fukushima Dai-ichi nuclear power plants are unprecedented events for the oceans. In response, we organized a research cruise in June, 2011 off Japan to study Fukushima derived radionuclides in the waters and biota off Japan. This presentation will provide an overview of these successful sampling activities and our plans for analyses of a wide range of radionuclides. For this talk we will focus on the cesium-137 and cesium-134 surface distributions and vertical profiles obtained during this cruise. The highest cesium concentrations at that time were not necessarily at the closest sampling point 30 km from the Fukushima NPPs, but 70-100 km off shore. The data also suggests that the Kuroshio Current prevents the southward spreading of contaminated water. 134Cs/137Cs activity ratios (1.0 at source) indicate Fukushima-derived cesium out to at least 600 km off shore. These results are discussed in context of prior cesium levels in the waters off Japan and in comparison to radionuclide results from other studies in 2011 off Japan.

福島第一原発事故がもたらす海洋における影響
2011年3月11日、福島第一原子力発電所からの地震津波とその後の放射能漏れトリプル災害は、海洋のおいては前例のない出来事だった。それに応じて、我々は2011年6月に日本沖での研究航海を組織し、海水や生物における福島由来の放射性核種を研究した。今回は、これらの成功したサンプリング活動や放射性核種の広範囲分析のために我々の計画の概要をプレゼンする。この講演のために我々は、セシウム137、セシウム134の表面分布と、この航海で得られた縦軸分布に焦点を当てる。その時点でのセシウム最高濃度は、福島原子力発電所から最も近いサンプリング·ポイントの30キロでは必ずしもなく、70〜100キロ沖だったデータはまた、黒潮が南への汚染水拡散を防止していることを示唆している。 セシウム134・137の活動比率は、(ソースでは1.0)福島由来のセシウムが少なくとも600キロ沖に出ていることを示しているこれらの結果は、日本沖で、日本から2011年に他の研究からの放射性核種の結果と比較して、前のセシウムレベルのコンテキストで説明されています。これらの結果は、以前の日本沖の海水のセシウムレベルを背景に議論され、2011年日本沖の他の放射性核種の研究結果と比較される。

セシウム汚染 woods hole

この地図は、2011年6月の太平洋の放射能調査のための航行航路とサンプル採取場所を示している。計画は、福島沖200㎞の200地点で黒潮の流れを渡るものと同等である。(黄色と赤色で示している)
http://www.whoi.edu/page.do?pid=67796

Session #:088
Date: 2/21/2012
Time: 11:30
Location: Ballroom E

http://www.sgmeet.com/osm2012/viewabstract2.asp?AbstractID=10956

うーん、これどうなんでしょう・・・。
APの記事はセシウム137のみについて限定しているようなのですが、実際のHPで確認してみると、どうも134も一緒に調べているようなのですが・・・。実際の資料が見つからないので、プレゼンのプレゼンの資料だけのご紹介になるのですが、もしAPの報じているようにセシウム137だけで10~1000倍ということは、134と137の比率を見るとほぼ1:1なので、その更に倍はあることになるで、単純に20倍~2000倍になります。

1


ネットワークでつくる放射能汚染地図より

さらにストロンチウムやトリチウムなど水溶性の放射性核種について触れられていないため、総合的な判断はできないんじゃないでしょうか。
IAEAのNies氏の発言を見て、「日本と同じだなぁ・・・」とつくづく思ってしまいます。

また、30㎞沖よりも70~100㎞の範囲の汚染濃度が濃いということで、東電が海底を埋め立てるとしている計画だけでは不十分だということは、やっぱり明白だと思います・・・。

海って本当に調べるの、大変だと思います・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング