※この記事は、
2月21日【内容起こし】小出裕章氏:斑目氏の「1次評価だけでは不十分」発言と保安院の実態【原子力寄生庁?】@たね蒔きジャーナルに関連しています。

福井知事「脈絡見えず、遺憾」 班目安全委員長発言
共同通信(2012年2月22日)
 政府が停止原発の再稼働の前提とする安全評価(ストレステスト)について、原子力安全委員会の班目春樹委員長が、1次評価だけでは不十分と指摘したことに対し、福井県の西川一誠知事は22日、「(政府内で)それぞれがバラバラで脈絡も見えない。立地地域は安心して対応できず、遺憾だ」と批判した
 西川知事は「福島のような事故は起こさせないと、地元は真剣に汗をかき、骨を折っている」と強調。「政府は腰を据えた真剣な対応が必要で、難しいことではない」と述べた。

 再稼働をめぐっては、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の評価結果を、経済産業省原子力安全・保安院が「妥当」と判断。安全委が確認した後、地元の理解を得た上で、政府が最終的に再稼働の可否を判断する方針
 これに対し、福井県は東京電力福島第1原発事故を踏まえた新たな安全基準を国が示さなければ、再稼働を認めないとしている
 西川知事は、保安院がまとめた福島第1原発事故の分析結果や教訓について「政府が判断を加え、しっかりとした形式でまとめて、地元に分かりやすい基準を示すべきだ」と求めた。
 県内にある原発全14基が停止し、地元経済への影響が懸念されることについては「(再稼働は)安全と安心が基本だが、政府は(経済影響も)よく認識して対応すべきだ」と述べた。
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/02/post-4832.html

新たな安全基準策定を 原発再稼働で知事会
共同通信(2012年2月22日)
 総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)の基本問題委員会は22日、エネルギー基本計画の見直しに対する全国知事会の意見を聴いた。出席した橋本昌茨城県知事は定期検査後の原発再稼働に当たって、福島第1原発事故を踏まえた新たな安全基準を策定し、規制機関の体制を強化するよう求めた
 橋本知事は今後のエネルギーは安全・安心が最優先とし、太陽光など再生可能エネルギーの拡大で不足する電力を原発で賄うとする一部委員の考え方について「全く認められない」と強調した。
 原発の運転期間を原則40年とする一方、例外を設けた新規制の分かりにくさにも触れ「住民の安全を保障するよう、内閣のしっかりした方針を早く示してほしい」と訴えた。橋本氏は知事会のエネルギー・環境問題特別委員会の委員長。
http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2012/02/post-4836.html

福井県知事と茨城県知事の見解をご紹介しました。
なぜ原子力安全保安院のようなところが未だに再稼働に関する重要なプロセスを握っているのか、全く理解できないです。
今現在、なんとか電力は足りているということなんですから、急がずとも次の新しい行政機関に引き継ぐというのが最低限の道理でしょう。

この知事たちの肩に実質的な『再稼働』の判断がのしかかっているとお考えいただいていいと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング