※この記事は、
1月26日 【内容起こし】岩上安身×今井一インタビュー「今井に聞け!」【原発住民投票と国民投票】【その①】
1月25日 【内容起こし】日隅一雄氏:世界と日本の仕組みの違いと主権者が主権を行使するために@CNIC【前半】
1月22日 【動画あり】『原発』東京都民投票:朝日新聞社説と署名活動の様子【本当に問題なのは無関心層】
1月21日 【内容起こし】神保哲生氏×宮台真司氏:エネルギー政策の各作業部会の『信頼』と日本人の『民意』と『空気』@Videonews.com

1月11日 『原発』大阪市民投票を実現させるために【市会議員の方々のコンタクトリスト作成しました】などに関連しています。

原発:市民団体、住民投票を大阪市に請求 橋下市長は否定的
毎日新聞 2012年2月14日 東京夕刊
 関西電力管内の原発稼働の賛否を問う住民投票の実施を目指し、市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」は14日、投票実施の条例制定を大阪市の橋下徹市長に請求した。東京電力福島第1原発事故後で初の原発に関する住民投票の直接請求で、原発のない大都市での直接請求が行われたのも初めてとなる。条例が成立するかどうかが注目される。
 請求を受け、橋下市長は20日以内に賛否の意見を添えて、条例案を市議会に付議する。条例案の成立には市議会で過半数の賛成が必要で、今後は市議会の対応が焦点になる。
 請求した条例案では、施行から90日以内に、関電が保有する原発全11基の稼働の賛否を問う住民投票を実施する。市長には投票結果を尊重し、関電や国と協議して電力政策に反映するとの努力義務を課す。一方、橋下市長は住民投票の実施に否定的だ。大阪市は関電の筆頭株主。今年6月の関電の株主総会で脱原発依存を株主提案する方針の橋下市長は「昨年の市長選で既に民意は示されており、住民投票の費用がもったいない」としている。
 団体の今井一事務局長は「市長選では原発の是非は大きな争点にならなかった。市全体で議論を深め、市民自身が是非を決めるべきだ」と話した。
 団体は大阪市と東京都で住民投票を計画した。大阪市内では期限の1カ月間で、請求に必要な署名数(4万2673人)を超える5万5428人分の有効署名を集めた。【原田啓之】
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120214dde041040043000c.html

大阪市に原発住民投票を本請求 市民ら有効署名提出
2012/02/14 11:23 【共同通信】
 関西電力管内の原発稼働の是非を問う住民投票実施を目指している市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」は14日、大阪市に約5万5千人分の有効署名を提出、住民投票条例の制定を本請求した。

 橋下徹市長は請求を受理してから20日以内に議会を招集し、賛否などの意見を付けて条例案を提出する

 住民投票の実現には市議会の過半数の賛成が必要。市長は住民投票に多額の費用が掛かることを理由に条例制定には消極的で、橋下市長が代表を務める「大阪維新の会」市議団などは慎重な姿勢を示している
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012021401001330.html

原発住民投票、条例制定を直接請求 大阪
朝日新聞 2012年2月14日
 大阪市と東京都で原発の是非を問う住民投票の実現を目指す市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」は14日、大阪市民から集めた約5万5千人分の署名を橋下徹大阪市長あてに提出し、投票のための条例制定を直接請求した。
 地方自治法の規定により、橋下市長は請求翌日から20日以内に意見書を添えて条例案を市議会に付議する。市議会で過半数の賛成があれば投票が実現する。
 グループは、段ボール24箱に入れた署名簿を市環境局に運び込んだ。選挙管理委員会の審査で確定した有効署名数は5万5428人分。有権者数の50分の1である4万2673人分を上回った。親と署名活動に参加したという大阪市立堀江小の女子児童が橋下市長あてに「みらいの子どもたちのえがおと地球全体がえがおであふれるみらいにしたいです」などと書いた手紙も読み上げられた。
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201202140047.html


市議あての公開質問状とその回答状況
 みんなで決めよう「原発」国民投票・関西グループは、2月2日~3日、大阪市会議員全員に、下記の公開質問状を「簡易書留」で郵送、もしくは秘書あるいは議員に直接手渡しました。
 回答期限は2月13日。各議員の回答状況、回答内容は10日より随時ホームページ上で紹介します。
(2012/2/14追記)
現在の回答状況 (賛成8/保留33/反対0/未回答45 /総議席数86)
 維新 (賛成0/保留0/反対0/未回答33 /議席数33)
 自民 (賛成0/保留17/反対0/未回答0 /議席数17)
 OSAKAみらい (賛成0/保留5/反対0/未回答3  /議席数8)
 公明 (賛成0/保留11/反対0/未回答8 /議席数19)
 共産 (賛成8/保留0/反対0/未回答0 /議席数8)
 無所属(賛成0/保留0/反対0/未回答1 /議席数1)
 ※今後は下記リンク先の詳細ページに回答数も併せて掲載する予定です。
http://kokumintohyo.com/osaka/archives/807

「原発」大阪市民投票実施のための直接請求がなされました。
有効請求者数は55,428人ということになりましたが、ここまで引っ張ってこられた方々、本当にすばらしいと思います。

問題はここからなのですが、上記のとおり橋下市長は非常に消極的であり、維新の会もそれに引っ張られる形で様子を見ています。賛成を表明してくれているのは、共産党の方々です。私は署名者数が超えることが予想されると判った段階から、既に大阪市会議員の方々に陳情メールや手紙の形で出させていただきましたが、共産党からは「実施の方向で動きます」との回答をいただいており、まさにそのとおりに回答されています。

ここからです。

どうかお時間の許す限り、この署名に参加された方々、或いは参加できなくてもその他地域にお住いの方でも、この直接請求が注目されていることを大阪市議会議員の方々にお伝えいただけないでしょうか。

是非ご協力をお願いします。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング