※この記事は、
1月23日 第2回政府・東京電力中長期対策会議について【毎時7000万ベクレル放出継続中】
1月19日【内容起こし】小出裕章氏:ストレステスト意見聴取会、2号機の内視鏡の成果、ERSSのケーブル未接続放置について@たね蒔きジャーナルに関連しています。

2号機原子炉、70度超に上昇=冷却水増加で対応-福島第1
時事通信(2012/02/05-20:16)
 東京電力は5日、福島第1原発の2号機原子炉の圧力容器底部にある温度計のうち、状況判断の基準とする西側の1カ所の温度が同日午後4時に71.7度に上昇したと発表した。1日午後11時時点の52.0度から大幅に上昇しているが、同じ高さにある別の2カ所の温度計は45度程度で安定している。東電は基準温度計の不具合の可能性を検討する一方、冷却水の注入量を毎時1トン増の同9.6トンにして様子を見ている
 事故後の状況を踏まえ、経済産業省原子力安全・保安院が認可した新たな保安規定では、基準温度計の温度が80度に達するか、冷却水量を1日1トン超増やす場合は「運転上の制限逸脱」となり、地元自治体に通報する。東電は100度以下の「冷温停止」維持のほか、溶融燃料が再び核分裂連鎖反応を起こす「再臨界」防止のため、炉内ガスの分析も急ぐ方針
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012020500170

計器不良なのかどうかもわかりませんが、もし計器が信頼できるのであれば、圧力容器に残っている溶けた燃料の一部が何らかの反応をしたのかもわかりませんが、核燃料が解けた段階でさまざまな不純物も一緒に溶かしていると想像しますので、どの部分がどうなっているかなど判るはずもありませんし、どのくらい圧力容器内に残っていて、どれくらいが格納容器へ溶け落ちたのかも全くわかっていません。
少なくとも、この状態が数十年続いていきます。
こういうムラのある反応をいくら分析してもわからない、ただガスと水を入れるしかない・・・。

これからもずっと手探りです。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

人気ブログランキング