※この記事は、
10月19日 アメリカ:サンオノフレ原発について地震や津波に耐えうる設計上の見直しをNRCへ、電力会社は地震調査へ
1月31日【内容起こし】小出裕章氏:米・バイロン原子炉の異常停止とトリチウムの問題、放置された伊方原発3号機の内部告発@たね蒔きジャーナル
1月30日 アメリカ・イリノイ州のバイロン原発、機器故障で停止【減圧のためトリチウムが含まれる蒸気をベント】に関連しています。

Testing At Byron Nuclear Plant After Power Outage
KWQC News Updated: Jan 31, 2012 05:45 PM EST

The state of Illinois sent agents to the scene a day after a nuclear incident in northern Illinois. On Monday, officials at the Byron Nuclear Power Plant reported an "unusual event" that caused the plant to lose power.

The state says on Tuesday, agents with the Illinois Emergency Management Agency collected samples around the plant to make sure that a steam release, triggered when the reactor shut down, did not contain hazardous levels of radioactive Tritium. Officials say they do not expect to find any harmful levels, but are collecting samples will verify that.
(イリノイ州は火曜日、イリノイ州緊急事態管理局のエージェントはプラント周辺のサンプルを収集し、原子炉が停止を要因とする蒸気の放出に基準を超えるような危険な放射性トリチウムが含まれていないことを確認する。当局は、健康を害するようなレベルが検出されるとは考えていないが、収集されたサンプルによって立証されるだろう)

Agents are collecting water and vegetation samples and will compare them to samples routinely taken within the past month. The samples will be taken to the agency's laboratory in Springfield for analysis. Results should be available within a few days.
(エージェントは、水と植物のサンプルを収集し、過去数か月にわたって定期的に採取されているサンプルと比べる予定。サンプルは、スプリングフィールドのエージェントの研究室に持っていかれて分析される。結果は数日後には判る予定。)

Officials have been closely monitoring data on conditions at the plant since the Byron Unit 2 reactor tripped Monday morning due to a loss of off-site power. The plant is operated by Exelon Energy and according to the Associated Press, Exelon officials have traced the power failure to an electrical insulator in a switchyard. The bad insulator will be sent to a lab for analysis and officials hope to replace it by Tuesday evening. It's unclear how soon before the reactor could return to service.
(故障した絶縁体は分析のために研究室に送られ、交換は火曜日の夜にも完了させたいと当局は考えている。どのくらいで原子炉が営業運転に戻れるかは不透明である。)

The plant is located about 40 miles northwest of Sterling/Rock Falls.
http://www.kwqc.com/story/16644373/testing-at-il-nuclear-plant-after-power-outage


Failed Insulator Triggers Loss of Offsite Power at Byron Nuclear Plant
February 1, 2012
POWERnews /Powe Businesss and Technology for the Gloal Generation Industry
A failed electrical insulator at a switchyard at Exelon Generation Co.’s two-unit Byron nuclear plant in Lisle, Ill., has been blamed for the loss of offsite power on Monday morning that automatically shut down Unit 2 and forced Exelon to declare an “Unusual Event.”

Unit 2 shut down at about 10:18 a.m. CST, and smoke was seen rising from an onsite station transformer, though emergency responders found no evidence of fire, the Nuclear Regulatory Commission (NRC) reported later on Monday. Diesel generators were immediately deployed, and steam was released from the non-nuclear side of the plant to aid in the cooling process. The Unusual Event, the lowest of the four emergency classifications as established by the NRC, was terminated at 8 p.m. on Tuesday, following return of power to Unit 2.

Exelon said teams of “technical experts” had also completed repairs to the failed insulator on Tuesday but noted that a comprehensive investigation into the failed insulator continued.

“Our diesel generators performed as expected in providing continuous electricity to the unit during the Unusual Event. Plant teams will now focus on a safe and measured approach to returning Unit 2 to the electrical grid,” said Byron Station Site Vice President Tim Tulon, though he did not elaborate on when the plant could resume operations.

The NRC on Tuesday, meanwhile, initiated a special inspection to review how plant equipment responded to the loss of offsite power and evaluate the facts and circumstances surrounding the incident. The special inspection report is expected within 45 days.
(一方NRCは火曜日プラント機器がどのようにオフサイトの電力損失に反応したかを検討し、本事象を取り巻く事実や状況評価するための特別検査を開始した。特別検査報告書は45日以内と予想される)

Unit 2 was reported in “safe and stable shutdown condition. “There was a steam release from the non-nuclear side of the plant with trace amounts of tritium,” the agency said. “This type of steam release is used by nuclear power plants to release pressure in order to maintain the plant in a stable condition. Doses to the public from this type of release are significantly below even the most stringent Federal protective limits and, therefore, do not pose a risk to public health and safety.”

In a related story, Southern California Edison (SCE) on Tuesday reported it had begun a “precautionary shutdown” of Unit 3 at the San Onofre Nuclear Generating Station near San Clemente, Calif., because sensors had detected “a possible leak in one of the unit’s steam generator tubes.” The leak posed no imminent danger to the public or plant workers, and no release to the atmosphere had occurred.
(関連ニュースとして、カリフォルニア南部のエディソン(SCE)は火曜日、サンクレメントのサンオノフレ原発3号機を『予防的停止』措置を開始したと報じた。原因は、センサーが『原子炉の蒸気発生伝熱管のひとつから漏えいの可能性』を検知したためである。漏えいは公共や作業員には差し迫った危険性はなく、外気への放出も起こっていないという。)

San Onofre Unit 2 is currently offline for a planned maintenance, refueling, and technology upgrade outage. SCE said it had “ample reserve power” to meet customer needs while Unit 3 is offline, and noted it had informed the NRC of the possible leak.
(サンオノフレ原発2号機は、現在定期検査、燃料補充、また技術的アップグレードのために停止中である。SCEは、3号機が停止しても「十分な予備電力」で顧客需要に対応できると話し、NRCに漏えいの可能性を通知したと伝えた)

Sources: POWERnews, Exelon, NRC, SCE
http://www.powermag.com/POWERnews/4367.html

バイロンは原因が不明のため、故障した危機がラボ送りになっているようです。
トリチウムに関しては、サンプルを採取しその影響を検査するようですね。

それとは別に、カリフォルニアのサンオノフレ原発で不具合です。
サンオノフレに関しては、福島事故を受けて耐震設計や津波対策について見直すよう市議会から要請が出ていました。その中で起こった事故ですね・・・。

蒸気発生伝熱管というのがどこにあってどういう役割をしているのか、私には判りませんが、漏れてはいけないものが漏れている可能性があるわけですから、しっかり点検してほしいと思います。

どんどん地球が汚されていきますね・・・。

ちなみに、サンオノフレ2号機が停止している理由は、以下の通りです。
米加州などで大規模停電 原発が緊急停止、500万人に影響
産経ニュース 2011.9.9 11:10
大規模停電の発生で停止した信号機に代わって交通整理を行う警察官=8日、米・サンディエゴ(AP)
 【ワシントン=柿内公輔】米カリフォルニア州南部やアリゾナ州の一部を含む広範囲な地域で8日、大規模な停電が発生し、カリフォルニア州サンディエゴ近郊のサンオノフレ原発の原子炉2基が緊急停止した。放射能漏れなどの被害は確認されていない。この停電で約500万人に影響が出た。
 カリフォルニア州南部を拠点とするエネルギー大手サンディエゴ・ガス・アンド・エレクトリック(SDGE)によると、同社の管内の約140万世帯すべてが停電。電力とガスの供給が翌日まで復旧しない可能性もあると警告している。サンディエゴ国際空港で発着便の欠航が相次いだほか、サンディエゴではオフィス街のエレベーターに一時約70人が閉じこめられ、消防に救出された。
 SDGEは、アリゾナ州からカリフォルニア州南部へ電力を供給する高圧送電線に何らかの異常が発生したとみているが、詳しい原因は分かっていない。
 米国では、11日で米中枢同時テロから10年となるのを控え、テロへの警戒が強まっているが、米メディアによると、今回の停電についてはテロの可能性はないとみられている。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110909/amr11090911160006-n1.htm

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

【追記】2月2日
米加州原発で微量の放射能漏れか 緊急停止
2012/02/02 13:56   【共同通信】
 【ロサンゼルス共同】米原子力規制委員会(NRC)は1日、カリフォルニア州南部のサンオノフレ原発3号機で1月31日に配管から水漏れがあり、微量の放射性物質が大気中に漏れた可能性があることを明らかにした。原子炉は31日、緊急停止した。
 NRCの広報担当者は、放射性物質が漏れたとしても「極めて微量」で、原発の作業員や周辺住民の健康に影響はないと強調した。
 この原発を運営する電力会社、サザン・カリフォルニア・エジソンによると、発電機を動かす蒸気の配管から水が漏れている可能性を示すセンサーが作動。複数の配管が破損しているのが見つかった
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012020201001218.html