※この記事は、
1月23日 IAEA:「再稼働はあくまで日本政府の責任」大飯原発ストレステストの視察開始に関連しています。

IAEA調査団「方法は妥当」 原発の安全評価を検証
2012/01/31 12:24   【共同通信】
 原発がどの程度の地震や津波に耐えられるかをコンピューターで解析する安全評価(ストレステスト)について、国際原子力機関(IAEA)の調査団は31日、日本で実施している方法は妥当とする検証結果を経済産業省原子力安全・保安院に伝えた。
 東京電力福島第1原発事故後、定期検査で停止中の原発の再稼働は、安全評価の1次評価終了が条件となった。国際的に標準的な方法かを確認するため、政府はIAEAに検証を依頼した。保安院は初のケースとして関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の1次評価に対し「妥当」との審査書案を示している。
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012013101001527.html

原発安全評価:IAEA、審査は「妥当」 再稼働の可否判断に道筋
毎日新聞 2012年1月31日 東京夕刊
 国際原子力機関(IAEA)は31日、原発の再稼働の判断に使う日本の安全評価(ストレステスト)の審査手法を妥当とする報告書をまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。今後、関西電力大飯原発3号機と4号機のストレステストを妥当とした保安院の審査結果について内閣府原子力安全委員会が確認した上で、政府が再稼働の可否を判断する道筋がついた格好だが、地元の了解が得られるかは依然不透明だ。【河内敏康、関東晋慈】
 IAEAの報告書の概要によると、
  ▽保安院の指示で原発事故後、過酷事故を防ぐ緊急安全対策が実施された
  ▽緊急安全対策に対して保安院が行った原発の現場調査は適切
  ▽審査過程の透明性が確保された--などと評価し、日本のストレステストはIAEAの安全基準と整合していると結論付けた。
 一方、いくつかの課題も提示。保安院に対して
  ▽ストレステストの実施や審査で何を期待するのかを明確にする
  ▽電力事業者に追加措置を求める場合、その後検査の対象となることを明確にする
  ▽適切な信頼性があり許容される安全余裕の定義を明確にし、確実に事業者に伝える--ことなどを勧告した。
 IAEA原子力施設安全部長のジェームズ・ライオンズ団長は「日本の手法はIAEAの安全基準に準拠している。広く意見を募り透明性も確保している」と評価した。
 IAEAの調査団は今月23日に来日。保安院などから審査手法のあり方などについて説明を聴く一方、保安院の審査結果の妥当性を確認するため、大飯原発を訪問。福島第1原発事故後に設置された非常用発電装置の起動訓練などを視察した。
==============
 ■解説
 ◇「個別の許可とは別」
 国際原子力機関(IAEA)が、日本の安全評価(ストレステスト)に関する審査の進め方についてお墨付きを与えた。ただし今回は、個別の原発の評価結果を審査したわけではなく、関西電力大飯原発3号機と4号機の再稼働を直ちに認めた結果でもない
 IAEAのジェームズ・ライオンズ調査団長も来日当初の記者会見で、「保安院が用いるストレステストの方法論が、IAEAの安全基準に合致するかをみるのであって、個々の原発がそれを満たしているかをみるわけではない」と指摘。そのうえで「個別の原発の再稼働を許可するかどうかについては一切関知しない。あくまで日本国政府の責任だ」と、クギを刺している
 ストレステストを巡っては、評価結果を「原発の再稼働の合否判定に用いるには本質的に無理がある」と主張する原子力の専門家がいる。ストレステストはあくまで、地震や津波など想定以上の事象に原発が襲われた場合、炉心溶融など過酷事故に至るまでにどのくらい余裕があるのかを評価するためのものだからだ。テストそのものに合否の判定基準という「物差し」は備わっていない
 保安院のストレステストの意見聴取会でも、委員から「再稼働の可否を決める国の判断基準を示すべきだ」との意見が出ている。再稼働を決めるに際しては国民がきちんと納得できるよう、より一層丁寧な説明が求められる。【河内敏康】
==============
 ■ことば
 ◇安全評価(ストレステスト)
 原発が設計上の想定を超える地震や津波に襲われた場合、原子炉建屋や安全上重要な機器などが損傷し、炉心損傷などの深刻な事故に至るまでにどのくらい余裕があるのかを調べる検査。原発の再稼働の判断に使う1次評価と、稼働の継続の判断に使う2次評価の2段階で実施する。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120131dde001040005000c.html

【動画】
120131 IAEAによるレビュー結果の報告
http://www.ustream.tv/recorded/20122708 (33:45)
IAEA訪日団 記者会見
http://www.ustream.tv/recorded/20123648 (56:39)
※霞が関通信社の質問は40分頃からです。

お墨付きでました。
毎日新聞は解説でしっかりと書いてくれていますが、あくまでストレステストの方法論についてOKを出したということで、『稼働するかどうかは各国の判断による』と線引きをしています。
また、記者会見で、霞が関通信社から
「日本ではNo more Nuclearという方が大半になってきたと思う。今回の査察でも是非原発は危険だという結果を出してくれるかと期待したが、皆さんは原発でお仕事されているので仕方がないかもしれないが、我々人間にに原子力発電が必要だと思うか?」
という趣旨の質問がなされ、それに対してやはり
「我々のミッションは、IAEAの中でも原子力施設の安全を確認し、平和利用を進めていくこと。原子力がその国において必要かどうかというのは、その国々が判断すること。なので、私たちは日本において原子力が使われる限り、それが安全に使われているかどうかを確認することが仕事である。」
という趣旨の回答をされていました。
あくまでIAEAは原子力発電を管理・促進していく機関だと私は思っています。その方からこういう風に言われたところで、何の説得力もないと思うのですが、政府・官僚の方々は違うのでしょう。

どうやら3月に原子力規制庁に移行するまでに、再稼働をさせることが至上命令用になっているのではないかとネット上では言われていますが、本当にそんな感じですね。
予定ありきで安全性や国民への説明というのは、どこへぶっ飛んでいるんでしょうか・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村