※この記事は、1月12日 【意見送付しました】厚労省の食品新基準に対するパブリックコメント出しましょう!【飲料水10Bq/kg、一般食品100Bq/kgについて】に関連しています。

検出機器の下限、25ベクレルに 食品検査で厚労省

2012/01/27 17:29   【共同通信】
 厚生労働省は27日、野菜や肉など一般食品の放射線量を調べる検査機器の性能について、検出できる下限値を、現在の1キログラム当たり50ベクレルから、同25ベクレルまで厳しくする方針を決めた
 4月1日に予定している食品中の放射性セシウムの新基準値適用に向けた対応。一般食品の基準値は、現行の1キログラム当たり500ベクレルから、同100ベクレルまで引き下げられる。
 下限値の変更について、厚労省はパブリックコメント(意見公募)を実施する。郵送か同省ホームページで受け付けており、締め切りは2月13日必着
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012701002644.html

厚生労働省/食品衛生
「食品中の放射性セシウムスクリーニング法の一部改正」に関する意見の募集について
意見・情報受付開始日
2012年01月27日 
意見・情報受付締切日
2012年02月13日 
意見提出が30日未満の場合その理由
食品中の放射性物質に関する新たな基準値が本年4月1日より施行されることに伴い、先行して3月より地方自治体で新たな基準値に対応した検査が実施されることが考えられることから、短期間で検討し速やかに試験法を通知する必要があるため。
意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案
募集要項  
概要  
改正案  
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495110356&Mode=0

概要より
食品中の放射性セシウムスクリーニング法を改正する件(概要)
食品中の放射性セシウムスクリーニング法を改正する件(概要)2

このパブリックコメントは、上記関連記事の新基準がそのまま通った時のための検査機器の検出限界値の設定値について改正する旨、「一般食品の限界値25Bq/kgでいいよね~?」ということで実施されています。
つまり、噛み砕いて言うとこれがそのまま通れば、一般食品の25Bq/kg以下は無視されてしまうということです。
もう4月からの新基準を変えるつもりがないような態度が腑に落ちませんが、言いたいことがありますので、意見をだそうと思います。
放射線の測定には、その計測しようとする数値が小さければ小さいほどバックグラウンド(測定するときの環境)が重要になってきます。
そのあたりも勉強して、コメントを出そうと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

【追記】
パブリックコメント提出しました。
<意見内容>
4月からの一般食品に含まれる放射性物質のセシウムの基準を100Bq/kgに変更するの伴い、放射線測定機器の検出限界を50Bqから25Bq/kgにするということですが、この基準には問題があると考えます。
一般食品は子供も食べます。その中で一律の100Bq/kgの基準設定していることがそもそもの誤りですし、このままでは99bq/kgの食品が子供の口に入る可能性があります。そんな基準では子供を守れません。早急に食品検査体制を確立し、ベクレル表示を徹底させてください。
また、25Bq/kgの検出限界ということは、25Bqが含まれているのか含まれていないのかわからないということであり、無視されるということですね?
これもやはり子供の口に25Bq/kg以下のものが入っても無視するということでしょう。一桁台まで測定できる機器を導入してください。
本当に子供を守ろうと思うなら、「現実的ではない」と言い訳して中途半端な基準を設定するのではなく、しっかりと予算をつぎ込んで食品の検査体制及び汚染表示を義務付けてください。
よろしくお願いします。
以上。