※この記事は、
1月25日 【内容起こし】日隅一雄氏:世界と日本の仕組みの違いと主権者が主権を行使するために@CNIC【後半】
1月24日【内容起こし】小出裕章氏:作られなかった原子力対策本部の議事録、ジャーナリズム、玄海原発ガラス化と試験片@たね蒔きジャーナルに関連しています。

震災関連5会議で議事録が未作成 岡田副総理が明かす
産経ニュース 2012.1.27 11:26
 岡田克也副総理は27日、国会内で記者団に対し、政府の東日本大震災関連の15会議のうち5会議で議事録を一部または全く作成していなかったことを明らかにした。岡田氏はまた、同日の閣僚懇談会で、全く議事録を作成していなかった3会議の議事概要を2月中に作成するよう関係閣僚に要請した
 岡田氏は27日夕に改めて記者会見し、詳しい調査結果を発表する。
 議事録を全く作成していなかったのは、すでに未作成が判明している原子力災害対策本部に加え、緊急災害対策本部、被災者生活支援チームの計3会議。一部が未作成だったのは、政府・東京電力統合対策室、電力需給に関する検討会合の計2会議だ。
 岡田氏は「なぜこういうことになったのか、今後どうしたらいいのか、別途検討しなければならない」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120127/plc12012711300008-n1.htm

ここまでくるとやっぱり確信犯じゃないの?と思ってしまいます。
これがどれほど大事な記録になるか判っているはずですから。
どれだけ混乱していたとしても、音声くらいは残せたでしょう。

怠慢だと言われてもしょうがないですね。
記録のないものは、都合のいいように作成されて、闇の中になってしまうのでしょうね・・・。残念ながら・・・。

失礼します。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村