※この記事は、1月19日【内容起こし】小出裕章氏:ストレステスト意見聴取会、2号機の内視鏡の成果、ERSSのケーブル未接続放置について@たね蒔きジャーナルに関連しています。

福島第一4号機の漏れた汚染水、低濃度と推定
朝日新聞  2012年1月21日20時13分
 東京電力は21日、福島第一原発4号機タービン建屋で漏れた2リットルの水は、高濃度の放射能汚染水ではなく、比較的濃度の薄い水とみられると発表した。漏れたのは新たに設置した配管の接続部で、耐圧試験で配管内に入れていた水が漏れたとみられるという。水表面の放射線量も1時間あたり0.1ミリシーベルトと周囲と同様だった
 東電によると、漏れたのは2号機の高濃度汚染水を移すための配管で、交換のため新たに設け、月末から使い始める予定だった。20日に比較的汚染が少ない1号機坑道の水を入れ、漏れがないかを確認する耐圧試験をしたという。
 ただ、漏れた場所は高濃度汚染水を現在移送しているほうの配管ともつながっており、発見が遅れれば高濃度汚染水が漏れた可能性はあるという。3号機用の同様の部分でもにじみが見つかり、移送を止めて対策を検討する
http://www.asahi.com/national/update/0121/TKY201201210373.html
3

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120121_01-j.pdf

1
2

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120121_02-j.pdf

【地震】福島第一原発2号機格納容器の内部映像が公開に



漏れた2リットルの汚染水が0.1ミリシーベルトと聞いて、まだ作業できるレベルだと思い、少しほっとしましたが、ずっとこういうことと付き合っていかなければいけないことを思うと、この配管・・・いや、冷却システムそのものはやはり臨時的なものだと認識していますので、いつまでもつのかということが非常に気になります。
そもそも溶けた炉心の状態がわからないまま、このやり方でいいのかどうかも判らないまま、そういうことで被曝作業を重ねていっていいものだろうかと思ってしまいます。

また、内視鏡の生動画がYoutubeにUPされていましたので、ご紹介しておきます。
OPは『小名浜港工事基準面』といって、小名浜港海面が一番低い干潮時をゼロとしているそうです。

統合会見がなくなってしまい、先行きがめっきり見えません。
日々のトラブルばかりではなく、中長期的な計画がどうなっているのか、まったくもって不透明です。
昨年12月21日に発表された中長期ロードマップの概要版が発表されていますが、この作業がどういうふうに動いているのか、本当に見えません。
4
(全5ページ中1ページ目のみ。続きは以下URLにて)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/111221c.pdf

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村