まきストーブ灰に放射性セシウム 環境省、散布中止を要請
2012/01/19 19:11   【共同通信】
 環境省は19日、東京電力福島第1原発事故を受け、福島県二本松市の民家のまきストーブでサンプル調査を実施したところ、焼却灰から1キログラム当たり最高4万3780ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
 調査は同市の要請で日本原子力研究開発機構が実施。結果を受け環境省は、自治体が除染を進める「汚染状況重点調査地域」に指定された8県の102市町村では、まきストーブの灰から高濃度の放射性セシウムが検出される恐れがあるとして、灰を庭や畑に散布したりせずに、市町村が一般ごみとして収集するよう通知した
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011901001640.html

薪ストーブの灰から4万ベクレル超 環境省、検査促す
朝日新聞 2012年1月19日23時31分
 福島県二本松市の民家で使われている薪(まき)ストーブの灰から、1キロあたり4万ベクレルを超す放射性セシウムが検出された。環境省が19日発表した。同省は薪ストーブを使う場合、その灰を庭や畑にまいたりせず、自治体が集めて検査するよう住民や市町村に求める通知を、東北・関東地方の8県に送った。放射性物質の検査結果をふまえ、自治体または国が処分する。
 環境省によると、住民から「薪を燃やして大丈夫か」との質問が同市役所にあった。日本原子力研究開発機構などが昨年11月、ある民家の庭に積んであった薪を試験的に薪ストーブで燃やしてみた。その結果、最高4万3780ベクレルの放射性セシウムが灰から検出された。通常ごみと同じく埋め立てられる国の基準(1キロあたり8千ベクレル以下)の5倍を超す値だった。7月には、福島市の焼却施設の灰から約9万5千ベクレルが検出されている。
 この薪は、東京電力福島第一原発事故の前から屋外にあったといい、燃やす前の薪からは1157ベクレルが検出された。試算では、灰が4万ベクレル余りでも、煙突から出る煙による周辺住民の被曝(ひばく)量は年間0.01ミリシーベルトほどで、「健康影響はほぼ無視できる」(環境省)。薪ストーブのある室内の被曝量については「少量であり、灰を置いたままにせず、人の近寄らない場所で保管すれば問題ない」と説明する。
http://www.asahi.com/national/update/0119/TKY201201190498.html

1月19日 薪ストーブ600℃越(セシウム680℃)

http://www.amakobo.co.jp/image/makinonensyou2009.8.pdf
1月19日 薪ストーブ②

http://www.amakobo.co.jp/image/makinonensyounituite.pdf

セシウムが気化すると言われている680℃に対し、まきストーブってどのくらいの温度で使用するんだろうと思い、調べてみました。
なんと『600℃が最もよく燃えて効率の良い状態』だそうです。
680℃なんてあっという間になってしまいそうですよね・・・?

セシウム汚染された薪を使った場合、その灰がどうのこうのもありますが、むしろ薪を焚いている間に帰化したセシウムから被曝する可能性が十分あるように思います。

自然を利用した暖房方法の一つだったのに、ここでもやはり使用する前には線量検査が必要ですね。

「いつか薪ストーブのある家で・・・」
なんてちょっと憧れたりしていたのですが、薪にも気をつけなければいけませんね。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

【追記】
気になって、木炭も調べてみました・・・。

木炭の燃焼温度
この木炭の燃焼温度の測定は、前項の木炭の燃焼時間の実験中に各木炭の温度を測定したものです。
※マングローブ炭は木炭の形状的に温度が上がらなかったので結果を表示していません。
また、その他の木炭も木炭の大きさや形状により温度が大きく変化するものと思われますので、目安としてください。
七輪の温度で炭火の温度が大きく変化するので、
全て別々の七輪を使用しています。
七輪の空気口は「開口」しています。
■紀州備長炭
着火後2時間ほどで七輪の加熱が止まり、760度位で安定します。
備長炭は低温です 備長炭は温度を低く保つ分、火持ちがよいのです。
ウチワで送風すると870度ほどに上昇します。
備長炭は温度より「赤外線」の発生が強烈です。
※備長炭でも条件次第で1200度を超える高温になります。
■楢(なら)切炭・黒炭
着火後40分ほどで1020度まで上昇し、以後870度ほどで安定します。
黒炭は白炭(備長炭)より高温です。木炭内部に空気が通りやすく一気に燃焼するので火持ちが悪くなるのです。
ちなみに一度1000度を超えるとカロリー消費のため、送風しても二度と1000度を超えません。
■オガ炭
オガ炭も830度ほどで安定します。
最高温度も870度ほどと備長炭と近い傾向があり、火持ちがよいです。
高火力とは?
炭火料理を前提とした場合、高火力の木炭とは赤外線の発生が多く、炎が少ないものであって、温度が高いという意味ではないのです。
一般的な炭火料理は食材が綺麗にこんがり焼ける赤外線(輻射熱)が必要で、黒コゲになる炎(対流熱)は不要なのです。
そのため、温度が低くても備長炭は高火力と言われるのです。
※業界人でも備長炭は温度が高いと思い込んでおられる人が多いですが、それは間違いです。
http://7rinhonpo.jp/archives/50456000.html

セシウム気化の680℃、軽く超えますね。
やはり放射線検査、必要でしょう・・・。