【訂正】1月18日
放射性物質検査に関する報道について

本日の新聞朝刊等で「日本乳業協会は、牛乳に含まれる放射性物質の検査を行ない、公表する方針を固めた」との報道がなされていますが、このような事実はございません。配信元の共同通信に対し、記事の内容が間違っている旨の申し入れを行ないました。

厚生労働省からの検査要請や消費者・学校給食現場からのニーズを受け、また来年度からの新基準値が適用されること等から、検査の実施の是非やその方法、検査する場合の公表の方法などについて昨年末より検討を開始しておりますが、公定法となる検査方法が示されていないことなどから、結論を得るに至っておりません。

できるだけ早急に結論を得たいと考えております
http://www.nyukyou.jp/topics/20120118.html

元記事である共同通信に対して、上記のような内容で指摘が入りましたので、訂正させていただきます。
ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

牛乳メーカーも放射性物質を検査 消費者の健康不安受け 
2012/01/17 17:09   【共同通信】
 牛乳に含まれる放射性物質の健康への影響を心配する声が高まっていることから、大手乳業19社などでつくる業界団体の日本乳業協会(東京)は17日までに、行政の検査とは別に、メーカー各社が独自に牛乳を検査し、結果を公表する方針を固めた。
 行政側も検査の頻度を高め、これまで2週間に1回程度だったものを週1回にする方向。日本乳業協会は「給食の現場や消費者からニーズがある」として、検査機器の準備や検出限界値の設定など具体的な検査方法、メーカーからの公表開始時期を検討している。
 同協会には明治、雪印メグミルク、森永乳業など大手各社が加盟している。
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011701001825.html

まだ生ぬるいことを・・・。

2週間に1回だったのを週1回って、大して変わらないと思うのは私だけでしょうか。
以前、この記事でご紹介しましたが、⇒《
12月9日10日 粉ミルクの汚染はNPOの計測で判明していて2週間放置!?【企業が汚染測定を進んで実施しない理由】》文科省/放射線審議会・基本部会では、ICRPになぞらえて汚染レベルによる商品の競争はよろしくないという見解を話し合っています。

政府が計測しないなら、企業側でどんどんすべきだというのが当たり前の思考ですが、こんなことをやっていては、いつまでたっても子供たちは守れません。

何をやっとんねん!

と、突っ込みまくりですよ・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村