※この記事は、12月25日 九電:玄海4号機を停止、定期検査へ、柏崎刈羽も全基停止濃厚【残り6基】に関連しています。

全原発停止可能性:昨年並み需要なら今夏2電力で供給不足
 毎日新聞 2012年1月8日 8時46分(最終更新 1月8日 10時48分)
 四国電力は、13日から伊方原発2号機(愛媛県)の運転を停止し定期検査に入ると公表、国内で稼働している原発が5基に減ることになった。5基も4月までに定検入りするため、54基の全原発停止が現実味を帯びてきた。政府は、原発の再稼働なしで、10年並みの猛暑を前提とした場合、今夏には北海道、東北、東京、関西、四国、九州の6電力で、供給予備率がマイナスになるとの需給見通しを公表している。だが、東北、東京電力管内で電力使用制限令が発動された11年並みのピーク需要で試算したところ、予備率は軒並み上昇し、マイナスは北海道、関西の2電力にとどまった。【立山清也】
 原発54基のうち、7日時点で稼働しているのは
   ▽北海道電の泊3号
   ▽東電の柏崎刈羽5、6号(新潟県)
   ▽関電の高浜3号(福井県)
   ▽中国電の島根2号(島根県)
   ▽四国電の伊方2号
--の5電力の6基。
 政府の見通しによると、今夏に6電力で予備率がマイナスになる。特に原発依存度の高い北海道、関西、四国、九州の4電力では余剰の発電設備がほとんどなく、ガスタービンを設置しようにも通常3年程度かかる環境影響評価(アセスメント)がネックとなり、夏に間に合わせるのは難しい。また、再稼働には国が課した安全評価(ストレステスト)をクリアする必要があるが、審査にどのぐらいかかるか判然とせず、再稼働の見通しは立っていない。
 猛暑日などのピーク時の最大需要が一瞬でも発電量を超えると、大停電を起こしかねず、「電力会社は万が一を恐れ、需要を高めに設定しがち」(経済産業省)。東電の場合、猛暑だった10年夏のピーク需要は6000万キロワットだったが、電力使用制限令が発動された11年夏は4922万キロワットにまで低下した。11年のピーク需要で試算すると、予備率がマイナスになるのは北海道電と関電の2社だけ。東電と東北電の場合、被災していた火力発電所の復旧やガスタービンの新増設などで約220万キロワット、約100万キロワットをそれぞれ冬の供給力に上積みでき、予備率は15%超となる
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120108k0000e020112000c.html

【追記】
関西電力HPより
関電割合

http://www1.kepco.co.jp/gensi/fukui/index.html#1

九州電力HPより

九電割合

http://www.kyuden.co.jp/effort_thirmal_load_index.html

節電・停電(Yahoo)http://setsuden.yahoo.co.jp/
※各電力会社の電力の需給状況がほぼタイムリーに確認できます。

私は、原発がすべて止まったとしても、住民の方がピーク時の節電を心掛けるだけで十分しのげると思っています。

今年の夏が涼しくなるのか暑くなるのかはわかりませんが、それでもピーク時に工夫をすれば、今の経済を損なわずとも、十分乗り切れると過去のデータに基づいで考えています。
マイナス予測されている北海道電力と関西電力は、足りている電力会社やほかの発電施設から購入して電力をまかなう努力をしてください。

それにしても、13日で伊方が止まれば、あと5基。
再稼働問題がますます激化してくるものと思います。
経団連や原子力村の方々は、それこそ必死に再稼働を要請してくるでしょう。

それに対して、どのようにアクションされるのか、是非ご自身も考えてみてください。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村