※この記事は、
12月21日 民主党事故収束PJ:環境省の原子力規制組織名を「原子力規制庁」にするよう提言・・・に関連しています。

原子力安全庁で自民が対案 独立確保し権限強化
2012/01/03 17:25   【共同通信】
 政府がことし4月の発足を目指す新たな規制機関「原子力安全庁」(仮称)に関し、自民党が検討を進める対案の原案が3日、判明した。環境省の外局として設置する政府案に対し、公正取引委員会などと同様に政府から独立して強い権限を持つ「三条委員会」とするのが特徴。今月召集予定の通常国会に提出する方針だ。
 自民党は「原子力規制組織に関するプロジェクトチーム」で議論を急ぎ、公明党など他党とも協議を進める
 対案は「原子力規制委員会法案」(仮称)。政府の原子力安全庁に当たる原子力規制委員会を国家行政組織法3条に基づく三条委員会として設置。委員長と委員は国会同意人事とする
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012010301000860.html

結局どんな組織を作っても、その権限と委員会の人選や国の方針によって大きく変化します。
どこまで独立したまま権限を維持できるのか、国の方針にNOと言えるような組織なのか、これは非常に重要です。

科学を政治から分離させる方法、今の政治家にその組織を作ることができるんでしょうか・・・。

注視します。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村