米、30年ぶり原発新規着工へ 東芝子会社が設計
2011/12/23 10:12   【共同通信】
 【ワシントン共同】米原子力規制委員会(NRC)は22日、東芝子会社の米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の新型原子炉「AP1000」の設計を認可した。米国内ではこの原子炉を採用した原発の建設計画が複数あり、年明けにも南部ジョージア州のボーグル原発3、4号機などの建設と運転が承認される見通し。
 米国では、スリーマイルアイランド原発事故後、原発の新規着工はなかったが、約30年ぶりに建設が再開されることになる。
 東電福島第1原発事故後、「原発大国」米国が推進の姿勢を明確にしたことで、原子力業界は原発への逆風に歯止めがかかることを期待している。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122301000965.html
 
US approves new nuclear plant design
AFP Dec 22 12:50pm
The US approved a new nuclear plant design Thursday, paving the way for the country's first new nuclear power facilities since 1996 to be built.
The Nuclear Regulatory Commission gave the green light to Westinghouse's 1,100 megawatt AP1000 pressurized water reactor design, which is slated for use in two nuclear power plants in Georgia and South Carolina.
Both plants are already under construction.
The NRC said the design incorporates passive safety features "that would cool down the reactor after an accident without the need for human intervention."
In the wake of the 9/11 attacks of 2001, Westinghouse was required to design it to withstand being hit by an aircraft.
It also has to be able to shut down by itself even if the power is cut off -- as happened to Japan's Fukushima reactors in the March 11, 2011 earthquake-tsunami disaster that saw some of the units melt down.
NRCは、設計は受動的安全機能​​が組み込まれており、"人間の介入を必要とせずに事故後の原子炉を冷やすだろう"と伝えた。
2001年の9 / 11攻撃きっかけにウェスティングハウスは、航空機で襲われても耐えられるように設計することを要求されていた
また、電源を切られてもそれ自体でシャットダウンすることができなければならない - 3月11日の地震・津波災害によって一部ユニットがメルトダウンした日本福島で原子炉のよう
"The design provides enhanced safety margins through use of simplified, inherent, passive, or other innovative safety and security functions, and also has been assessed to ensure it could withstand damage from an aircraft impact without significant release of radioactive materials," said NRC chairman Gregory Jaczko.
"設計は簡素化され固有の受動的または他の革新的な安全およびセキュリティ機能を使用することによって強化された安全マージンとなっておりまた、放射性物質を放出することなく航空機の衝撃による損傷に耐えることが確実評価された。"NRC会長Gregory Jaczkoは言った
The approval will allow power utilities Southern Company and South Carolina Electric & Gas to move ahead on two new plants, each with two reactors, in Georgia and South Carolina, respectively.
Work is already well underway on the plants and they could come on line beginning in 2016, 20 years after the last nuclear reactor for power generation was commissioned in the country.
"The AP1000 is the reactor design that will set the foundation for the next generation of nuclear plants in the US" said Marilyn Kray, president of NuStart Energy Development, a consortium of utilities and reactor vendors that backed the process to gain approval for the Westinghouse design.
http://news.yahoo.com/us-approves-nuclear-plant-design-205018294.html

WestinghouseのAP1000の説明HP
http://www.ap1000.westinghousenuclear.com/
※左側AP1000 Time Line For station black outで一応原理は説明しています・・・。

ジョージア州サウスカロライナ
 ジョージア州                   サウスカロライナ州

28
                                        石橋克彦先生の資料より

英語の部分は、重要そうなところだけ訳しています。
ちょっと想像できないですね。
冷却については、人の介入なしに冷却可能で全電源喪失でもシャットダウンできる設計、飛行機のインパクトにも耐えうるようになっているとのこと・・・。
もう核分裂反応の制御っていうよりも、冷却装置とか航空機つっこんでも大丈夫とかそっちのテクノロジーの方がメインになってるような気がしませんか?

なんでそこまでして原子力発電所を作ろうとするのか、全く理解できません・・・。

何を求めて、どこに向かってるのか、Bochibochiには理解ができないでいます。

設備は込み入れば込み入るほどに複雑化し、メンテナンスも大変になるし、エラーが起きた時にもその箇所を特定するのが難しくなるのでは・・・?と思いますし、やはり所詮は人間の作るもの・・・。

地震だって・・・。

・・・失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村