※この記事は、
12月15日 【必見関連動画】保安院:「老朽化は事故拡大に影響していない」見解、一方で現場の取材では・・・?【鈴木智彦さんの報告】
12月11日 【内容起こし】石橋克彦氏講演会「『若狭原発震災』前夜の私たち」@名古屋市女性会館ホール【その③】などに関連しています。

福島第二原発、緊急事態宣言解除へ
(2011年12月22日23時05分  読売新聞)
 経済産業省原子力安全・保安院は22日、東京電力福島第二原子力発電所に対する原子力緊急事態宣言の解除に向け、「災害拡大防止を図る応急対策の必要がなくなった」とする評価報告書を内閣府原子力安全委員会に提出した。
 安全委が近く評価の妥当性を判断し、26日にも野田首相が解除宣言を行う見通し。
 保安院は、同原発の立ち入り検査などで応急対策の実施状況を確認。原子炉の冷温停止が維持され、冷却系の多重化も完了したことなどから、解除できる条件が整ったと判断した。
 福島第二原発では、3月11日の津波で1、2、4号機の原子炉冷却用ポンプが故障し炉内の水温が上昇。翌日、原子力災害対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が出された。非常用電源などが働いて過酷事故には至らず、同15日には全号機で炉内の水温が100度を下回る冷温停止を達成した。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111222-OYT1T01127.htm

福島第二、本当に大丈夫だったんでしょうか。
東電会見でもほとんど触れられることがありません。
鈴木智彦さんの話を聞くと、福島第二、内部はどうなっているのでしょうか・・・。どなたか会見で聞いてもらえないでしょうか・・・。

【動画】ニコニコ動画
12月14日ニコ生トークセッション「ヤク​ザと原発 ~福島第一潜入記~​」
鈴木智彦×青木理
http://live.nicovideo.jp/watch/lv74042117?ref=top
※01:05:50頃から福島第二原発の話が出てきます。是非ご覧になってみてください。

【追記】その部分だけ起こしました。1月9日
(青木氏)これ、この中に出てきて、「なるほどな」と思ったのが、最後の方にちょろっとしか書いてなかったんで、もう一冊それを書いてほしいんですけど、F2、つまり福島第二原発って、今のところ僕らは
「福島第一原発は悲惨だけれど、福島第一原発の中でも5号基、6号機は大丈夫だ。それから福島第二原発に至っては、基本的に何の問題もないんだ。」
という認識なんだけど、そうじゃないんですかね?

(鈴木氏)そうじゃないです。2F、福島第二原発、限りなくあやしいんですよ。
(青木氏)というと、どういうことなんですか?
(鈴木氏)限りなく怪しくって、なぜかというと、1号機~4号機まで一応動いてたんですけど、今のところ4号機、日立がやってる4号機の中に、8月29日に格納容器内に入って、点検している。
 点検はしたんだけど、何も具体的な作業なしに、パッと出てきてる。
 なぜかというと、『中が水浸しだった』
と。
(青木氏)建屋の中ってことですか?
(鈴木氏)いや、建屋の中もそうだけど、容器の中、フラスコの中。
(青木氏)あーーー。
(鈴木氏)ということは、
「建屋が崩壊しない程度の小爆発はあるんじゃないか?」
っていうのを業者がみんな言ってて、でも僕はそれを書き飛ばすわけにはいかないので、学者さんに聞いたり、元東芝の技術者の人に聞いたりしてるんですけど、東電が業者に情報を小出し小出しにするんです、すごく。
 例えば窯の上を担当する人間には、その上の情報しか与えない。下の人には下の情報しか与えないっていうから、それを統合して本当にどうかっていうのがわからない。
 とにかく地震でかなりの配管が破損してることは、恐らく間違いないだろうというふうに、それ自体、重大なトラブルだし、もしかしたら格納容器の中は放射能まみれになってるかもしれない。
(青木氏) すなわち、皆今のところ福島第一原発、もちろん福島第一原発は悲惨な状況になってますけど、それに目を奪われてるけども、実は第二原発も、相当何かの異常事態?
(鈴木氏)そうですね。1Fに比べちゃったら霞むんだけど、相当な異常が起きてるだろうと推測してます。
(青木氏)それは、その・・・現場で働いてる人たちなんかは、そういう話をされているわけですか?
(鈴木氏)そうです。してますね。
 最初は、週刊誌に売り込むための噂話だと思ってて、相手にしてなかったっていうのが正直なところなんですけど、どうも偉い人たちっていうか、その末端の労働者じゃないくて、それを束ねてる人たちとか、東電の関係者とか聞いても同じような危惧を持ってる。「怪しいんじゃねぇかな」って思ってる
(青木氏)それはだから、やくざから入口にして、福島第一に潜入して、やっぱりもう一冊それで読みたい気がします。第二原発にも、第二原発、だけど潜入しようがないですよね<笑>働きようもないし。
(鈴木氏)<笑>そうですね。ただ、潜入する必要もなくて、周辺取材を地道にすれば、ある程度は。ただ、ものすごくエンジニアが読んだらおもしろいんだろうけど、ものすごく科学的は話というか物理的な話というか、原子力工学的な話というかになってくるので、そうですね、万人にウケる本にはならないと思いますけど。
(青木氏)わかりました。でね、僕、興味があって・・・<以下、話題が変わり、続いていきます。>


失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村