※この記事は、12月8日 【内容起こし】百人百話 第23話 佐藤幸子さん 【その①】の続きです。

<42:00頃~>
Q.避難という選択。
 私が本当に自分も含めて避難しなければいけないという決断を迫られたのは、本当に3.11直後だったと思います。子供たちはすぐに避難させて、自分がいつ避難するかというのは、はっきりは決めてなかったんですけれども、自分の身体がもつかぎりはここに居ようと思っていたんですが、ついにもたなくなったということで、避難を決めたんですけれども、実は、皆さん避難するためには、本当にいろんな事情が避難できないっておっしゃるんですけど、私はチェルノブイリの事故の後に、避難を子供たちにも万が一の時に避難させようと決めてたので、そういう意味では、自分の中では整理がついていたと、大げさに言えばそうなりますね。
 今考えると、実は私の長女がお腹の中に居た時なんですけれども、私の妹、3人姉妹なんですが、一番下の妹もちょうどお腹の中に子供が居て、妹は実は、早産だったんです。福島医大に入院をして、早産で赤ちゃんは保育器に入ったんですけど、その時に私が付き添いをしました。妹は入院中だったので、
 その時に妹の子供は1850gくらいかな。450gの赤ちゃんも保育器に入っちゃって、早産ですね。当然ながら。その隣には、4000gの大きな赤ちゃんが保育器に入ってるんです。なんで大きいのに入ってるのかな?と思ったら、
『心臓に疾患がある』
って言ったんですね。
 その時は何気なく聞いてたんですけれども、今思うと、チェルノブイリの直後に妹は早産で、しかも妹の子供は水頭症だったんですよ。これが全く関係が無いと言い切れるか?っていうのを思ってたんで、やはり何かがあったときには、すぐに逃げなきゃって、それの覚悟をしてたっていうのはチェルノブイリの後です。
 なので、決められたのかな。実際起こった時にって自分で思っています。

Q.愛着ある土地を離れても…。
 私が生まれ育ったところ、川俣町。私はそこから離れて暮らしたことは一度も無いんです。それで、別なところで暮らすなんてことは、普通では考えられないんですけれども、実は、そのチェルノブイリの事故の後に、私の長女がお腹の中に居た時で、妹がやはり私の一番下の妹が、お腹の中に子供が居た時なんです。
 本当に命をつなぐっていう、そういう営みを先祖代々してきた場所です。あそこは。両親がいて、おじいちゃん、おばあちゃんがいて、その命をずっとつないできてきた大切な場所なんです。
 そこで、チェルノブイリの事故があったときに、未来へつなぐ命が放射能で途絶えるかもしれないという恐怖に駆られたんですね。
 私は、土地への執着心、もちろんあります。
 ありますけれども、それによって未来の子供たちに何らかの影響を及ぼすということは、やってはいけないことだと思います。
 私は、少なくとも面倒を見れるのは、子供の代までで、孫やその次、その次のひ孫や3代先、4代先、5代先の子供には、もう自分は責任が持てないんですね。
 であれば、やっぱりその子供達に対しても、命をつないでいく役目が私は大事だと思っています。
 過去の先祖の命があって、初めて自分がある。
 同時に自分の命、子供の命があって、初めて未来につないでいく命がある。
 どっちをとるかといったら、先祖代々の土地を捨ててでも、私は未来の子供たちを守りたいっていうふうに、もう先に決めてたというのがあります。
 だから、今回のことで、初めて決めたのではないというのは、改めてその時に思いました。
 私の家は、実は夫が手作りをした家なんです。20年前に。
 ちょうど次男が生まれた次の年なんですけれども、次男が生まれながらにして大工だという、私は読んでるんですけど、生まれてからすぐに金づちを持って、お父さんと一緒に家を作ったような子なんですけど、本当に自分たちで作った家を自分たちが住みよい間取りをしたりとか、本当に設計の段階から考えて、エネルギーが自給できる家、壊した時にゴミにならない家、それを目指して作った家なんですね。
 その家で生活してきたいろいろな思い出。本当に全国から訪ねてくださった方たちが、ここで本当に生き返っていくっていうような表現がふさわしいかなと思うんですけど、都会では『本当に今の生活、おかしいんじゃない?』とそういうことを思いながら自分の生き方を求めて家まで辿りついて、そして
「ここに自分がやりたかったことあった」
と皆さんおっしゃってくれて、そこから巣立っていった人たちが全国に行ってるわけです。だから、そういう全国から来られた研修生たちの故郷でもあるんです。やまなみ農場とい名前でやってましたけど、そこが、放射能で汚染されるということは、私だけでなくて、本当にそういう方達も残念だと言ってくださいます。
 私自身も、それだけいろんな思いを込めて手入れをした畑やたんぼ、そして家。中学2年の娘の部屋をリフォームしてる最中だった家なんですね。それが完成しないままという形で、そこから出なくてはいけないという、それはものすごい、やっぱり心の中ではいろんな葛藤がありました。
 ありましたけれども、土地を大事にするのか?といったときに、私は17日の朝に、
「もうここに戻れないかもしれない」
と思いながら出たんですけれども、でも、実際は、23日にまた戻ってきたんです。仕事を全部辞めるわけにはいかないということで。
 その後に、私は、私の両親、母がもうすでに亡くなってるので、母のお墓詣りに行きました。そこで、
「私は原発を全て止めるまでは、あとは二度とお墓参りには来ません。」
 そこの母のお墓と、全部のお墓に線香をあげて、
「帰ってこないことを許してください」
って言って、出てきたんです。
 もうその時に、とにかく原発を止めなければ、日本が、地球が人類が終わってしまうくらいの覚悟は決めて・・・きました。
 そうでなければ、自分たちが原発を容認してきたわけだから、その責任を取るという意味では、『無くすこと以外に無い』というふうに思いました。
Q.命をつなぐというコト。
 私の中では、実は、私が原発事故の後に放射能は見えないと皆さんおっしゃるんですね。匂いもないし、感じることもできないし。それをどういうふうに感じるか、見るかっていう時に、私は福島県は『うつくしま・福島』っていうんですけど、うつくしい戦場にになったと思ったんです。戦場の中に子供を置いちゃいけないでしょ。戦場の炎の中から子供は助けなきゃいけないでしょ。
 私中学2年の時に、家が火事になってるんです。
 2階にいた私は最初に発見して、火事だって叫んでおりてきて、その声に気付いて真ん中の妹は、自分で自力で降りてきたんですけど、一番下の妹が眠っていたんですけど、二番目の妹はその妹を起こさないで、自分だけ降りてきたっていうことをずーっと、50歳になるまで悔やんでたんですね。
 その一番下の妹を母が炎が2階に最初に上がってしまったので、下はまだ燃えてなくて、2階だけ燃えてたんですね。その炎の海の中に飛び込んでいって、一番下の妹を助けたんです。
 周りの人たちは、
『2階から降りる階段も燃えてるから、窓から飛び降りろ!布団を敷くから、そこに飛び降りろ!』
と外で叫んでるんですね。
 でも、私は諦めきれなくて、もう一回中に入って、
「階段大丈夫だから、階段から降りてきて!」
って叫んだんですよ。
 それで、母と妹が下りてきたんですね。
 それで助かったということで、その一番下の妹が、チェルノブイリの後の早産をしたっていうことで、本当にその炎の海っていうのは、私の中ではイメージがあるので、だから子供をまず避難させてから水を掛けるんですよ。消すんですよ。子供を炎の中に置いたまま、いくら水を掛けたって、そんなの助けられないです。家なんか燃えちゃったっていいです。命さえ助ければ。
 それを母の姿を見て、私の目に焼き付いてるんです。
 それを今回の原発事故の後に、自分の中ではずっとイメージして、未だに炎が見える状態でいます。
 なので、その母の生き様を、自分は自分が母親になったら、まず子供の命を助けるっていう、そういうことで、だから、確かに土地への執着や先祖への執着はあっても、未来の子供のほうが大事だっていうふうに思ったのは、母のその姿を見ています。


<後半05:50~>
 実は、その母は、本当に悲しいことなんですけれども、うつ病だったんですね。
 中学2年生の時に、母の両親が立て続けに亡くなって、母の両親・・・一番下の子供を産んだ時に、私にすればおばあちゃんは無くなってるわけですよ。母はその一番下の兄弟を、生まれてすぐからミルクもないのに育てなきゃいけなかったわけです。だけれども、そんな中学2年生の子供が赤ちゃんを育てられるわけがないんですね。
 それで1週間後に亡くなってるんです。
 そのショックで、母は19歳との時にうつ病を発病してるんですよ。
 それで、その後は、とりあえず症状が収まって安定はしてたんですけれども、炎の海から助けた妹、その子と一緒に潮干狩りに行ったときに、船に乗ってわたって潮干狩りしたんですけど、帰りの船が小さい船ですから沈んだんですけれども、沈んですぐどうになかなることではないんですが、母にとってはそれがやっぱり自分の一番下の兄弟を亡くした時のことが蘇ってきてしまって、それでうつ病を再発させてしまったんですね。
 私たちはその時まだ小さかったから、それがうつ病で入院してるって知らなったですけど、妹の子供が水頭症だというふうに診断されて、『水頭症の子供は15歳までしか生きられないんだよね』って、ある方が言った、その言葉を聞いて、また再発してしまったんですよ。うつ病を。
 私たちはうつ病だということを知らなかったから、
「なんで母がそんなふうになっちゃってるんだろう?」
っていうことで、親戚の人に相談に行って聞いたら、
「実は、お前の母はうつ病で、昔こういうことで入院してたことがあるんだ」
っていうのを言われて、それを聞いて納得して、私は母を同じ病院に連れて行ったんです。そして思いだしたんですよ。母親が私が小学校の時に入院してたんですけども、その時に風景が思いだされて、まさしくここの病院だった。小学校の時にお見舞いに来た病院だったと思いだして。
 とにかく入院してもらうしかないということで入院してもらって、それから退院したり入院したりの繰り返しで何年かいたんですけれども、結局水頭症だった私の姪にあたる子ですけれども、その子は無事育ったんですけれども、ただ母の方は、それがもう結局治らずに自殺をしてしまったんです。
 なので、私は、母がそうまでして守った命を、やっぱりつないでいく、そういう生き方をしたいと思っていたので、母にはお墓参りでそのことを伝えて、
「私は、お母さんのようになります。母親になります。子供を救いたいです。ごめんなさい。」
 実際お墓詣りにもいけないくらい、忙しくなってしまったし、田んぼや畑を手入れする時間もないくらい忙しくなってしまったので、作物を作らなく・・・今年辞めたのも今となっては正解だったなと思ってるんです。
 そういうことがあったので、私は過去のことはもちろんしっかり受け止めながらも、でも未来へつないでいかなければいけないっていう思いでいます。
Q.避難とその後…。
 17日に友人宅にお世話になっている子供のところに合流しました。
 まだ山形は雪の中でした。別荘は2m近くの雪がまだ残っている中だったんですけど、そこを最初に言った山形の友人と一緒に雪をかきわけて、中に入って、それで持って行ったお米や調味料を中に納めて、それで次の日からそこで自炊を始めたんですけれども。
 私は、名簿を持って行った理由は、川俣に居るときには事業所に泊まってましたけれども、その間は電話をする時間も無かったんですね。知り合いの人たちに。
 私の知り合いの人たちも、もちろん浜通りにも居たし、岩手の三陸にも居たし、津波の被害がどうだったのか、そういうことすらも確認する時間がなかったので、それで、
「山形に行ったら、まずそういう知り合いのところに電話を入れて連絡をしよう。こちらも無事だよということを伝えよう」
と思って、連絡を取るために持って行ったんです。
 それと、自分のところで野菜とか作らないと覚悟してたから、今年の野菜をどうするか、それを相談しなければいけないっていうこともあったので、横になりながらですけれども電話をずっとかけまくって連絡をとりました。
 幸いにも連絡取れた方達からは、「よかったね」ということでしたけど、養鶏仲間で連絡が取れないところには、災害伝言板というのがあるというのをその時初めて知って、そこにメッセージを入れたりして「連絡ください」というようなことでやったんですけど、横になっていたので、腰の方はだいぶ良くなってきてたんですけど、実は研修生の中で、まだ川俣に残っていた研修生が居たんです。その方が、実は化学物質過敏症なんですよ。恐らく川俣には住むことが出来ないだろうと思って連絡をいれたら、やはり避難をしたいということになったので、では、私が戻るときに荷物を運んであげられるからということで、それの手配を、いい家を借りられる手配をして、それで私が22日に一度戻って、日帰りで荷物を全部積んで、山形の方にその方を送って、それで23日に朝、とんぼ返りで。
 その当時、まだガソリンを入れるっていうのは、大変だったので、朝6時にスタンドに並んで、それで燃料満タンにして、職場の方に行ったということで。
 子供たちは、長女はもう一週間はいましたけれども、旦那さんの方がお仕事に戻らなきゃいけないっていうことで、福島に戻る。次男も仕事が始まるっていうふうに連絡が来て、1週間は休めたけれど、それで戻るっていうことで。
 なので13歳と17歳の子供二人を残して、戻ってきたんです。
「週末だけは来るからね」
っていうことで。
 2時間半かかるんですよ、家から。なのでとても毎日通うわけにはいかないから。それで、置いてきたんです。
 ちょうど春休みでしたからね。中学生は休みなので、それは学校に行く必要はなかったねですけれども、でも、「その後どうするか。学校転向させようか」と思ったんですけど、娘は『絶対転向しない』って頑張りました。
 私も、学校行かなくても、昔、小学校でもう皆に仕事できたんだから大丈夫っていう思いがもともとあったので、休むっていうことに関して、それほど問題意識は無かったんですね。きちんと戻れる状態になるまでは休んでいいというようなことで、置いては来たんですけれども。
 戻ってきて、その後ここをどうするか、自分たちの職場をどうするか?っていうようなことを本当に泊まり込みでやってる人たちと話をしている中で、たまたま反原発運動していた人たちの皆さん県外に避難されてるということが判って、それはそれで正解だったので良かったんですけれども、ただ、
「空間線量がどうなってるかの測定を定点観測をしたいので、測ってくれる人が居ないか」
っていう連絡が入って、うちのほうの事業所のスタッフが引き受けますということになったので、それで3月27日にガイガーカウンタを届けてもらったんです。東京から。
 それを定点観測だけに使うのではなくって、あちこちのところを測るのに使ってもいいかどうかを電話を入れて確認したら、
「どうぞ有効に使ってください」
ということになったものですから、それで29日から定点観測以外のところを測りだしたんです。
 小学校、川俣町の小学校と中学校、合わせて4校と、福島市の渡利、南光台でも小学校を測って、それで出た数値がもうあまりにも高くって、予想以上に高くてびっくりして、県の教育委員会にその数値のデータを持っていって、
「空間線量、学校も測ってください」
ということを言いに行ったんです。
「それまで学校の空間線量を測るということすら考えなかったのか?教育委員会は。本当に情けないじゃないか」
という思いでしたね。
Q.中出聖一さんとの活動
 一緒にやってる中出さんは、私が今やってる仕事を始める前に、私は中出さんの事業所で登録ヘルパーをしてたんです。障害者の外出のお手伝いをするガイドヘルパーで登録をして仕事をしてました。
 自分たちの近くの利用者さんの事業所として、飯野の町に事業所を構えて独立したような形で仕事をしてたんですけれども、そういう関係で自分たちが独立してNPO法人を立ち上げるときに、中出さんに私たちの事業所の理事にもなっていただいて、立ち上げの4年間は応援するよということで、やってもらってたんで、同じ福祉事業所の仲間として、いろんなそういう障害者の問題を行政に対して申し入れをしたり、障害者の大会の時に一緒にやったり、あとは事業所でお祭りをやるよというときには、私のところは農家だったので、杵と臼があるので、もち米を持っていっておもちをついて振る舞ったりというような、そういう交流をずっと6年間続けてきた仲間なんです。
 その中出さんが、
「恐らくホットスポットが出来ているはずだから、チェルノブイリの時のことを考えれば、ホットスポットを見つけて除染しなければならないんじゃないかと思うから、幸子さんのところにガイガーカウンタがあるのであれば、それを使って測ってみたいけどどうだろうか?」
という話に来たんです。
「まずは私が川俣を測りますから、次の日定点観測をする時間までには返してください」
ということで、中出さんにお渡しして、中出さん夜中測って、それで朝方に持ってきて返してきてくれたんですけど、そういうことで、中出さんとは何年か同じ福祉の仕事をする仲間でした。
 中出さんは、実は福島原発、第二原発の3号機のトラブルがあったときに、運動をしてたんですね。止めようということで、浜通りの方達と一緒に運動していたんです。
 障害者の運動にかかわるようになってからは、そちらの原発関係の運動は、ちょっと中断してオヤスミっていう感じでなってたんですが、私もそんな感じだったんですけど、それで今回、
「休んでいた時のツケが回ってきた!」
って言って、一気に
「もう何とかしなければ!」
っていう思いが出てきて、
「あの時止めておかなかったからだ・・・」
って、やっぱり後悔したんだと思うんです。
 私もチェルノブイリの後、「どうして止めておかなかったんだ!」って思いましたから。
 そういうことで測り始めたわけなんですけど、私が最初に測ったところが、小学校の給食を運び込むところのU字溝だったんですけど、それがInspectorという機械で測ったので、ベータ線とガンマ線拾うんですけど、それで67マイクロシーベルト/時だったんですね。
 普通の子供たちが遊ぶ校庭のところでさえも、20とか30とか出ちゃったので、
「これはとんでもない」
ということで、中出さんが測ったとこでは、渡利の小学校が108.8マイクロシーベルト。
 本当に中出さん、「腰抜かしそうだった」って言ってましたけど、そのくらい高い数字だったということで、びっくりしました。
 Inspectorで測った時に、もう一人一緒に始めようっていうことで、もちろん福祉の仕事をしてる事業主の仲間なんですけれども、三人なんです。
『とにかく子供たちを避難させて、安全な場所に移してから除染をしてもらおう』
という進言を出すということで、名前は『原発震災復興福島会議』という名前で三人で立ち上げたんですね。
 県の教育委員会に行った後に記者会見をしたときに、
「あなたたちの会はいつからですか?」
と聞かれたときに、
「いつにしようか?」
っていうくらい、もう何も決まってない状態で行ったんですけど、
「じゃあ3月の29日から、測りだした時から」
みたいな形で話をして、それで実は『原発震災復興福島会議』というふうにしたのは、やっぱり復興まで考える、そういう会にしようということで名前は付けたんです。何をしていくかというか具体的なのは、まだその時に三人で十分に話し合ったわけではないですけれども、今とにかくすぐにやらなければいけないことは、
『今どういう状況になってるかを知ることだ』
ということで、線量を測ることというふうになったんですけども、ただ
『その線量を測ってみたらとんでもない数字だ』
ということで、それを教育委員会の方に持っていって、県内の1400校の校庭の空間線量を測ってもらうようにできるようにはなったんですけども。
 その数値を元にして、県内がどうなってるかを見た時に、放射線管理区域以上のところが県内75%だという事実を知って、それで、即座に事業を中止して、
「子供たちを避難させてください。除染をしっかりやって、安全になってから授業を再開してください。その費用は国や東電に請求してください」
と進言書を出したんですけど、それをネット上にアップした、そのアップしたその日から、県内外からお母さんたち、お父さんたちがそれまで言えなかった思いをずーっとブログの中に書き込みがあって、それを読めば読むほど、どれだけ3.11以降正確な情報を出されないままに『自分たちが子供の命を守るためにどうすれば良かったのか』っていう、避難をさせられないでいたお母さんが、『子供を学校に送り出してから毎日涙してます』というようなこと、『情報操作したマスコミが、国が、県が本当に憎い』というようなこと。
 いっぱい書き込みがあったんですね。
 それを見てて、こういう人たちをつないでいって、自分たちができることをやるという会を立ち上げなければいけないなということになって、それで4月25日に準備会をやって、5月1日立ち上げということで、自分たちの思いを聞いてくれる仲間がこれだけ居たんだということで、その日は物静かな東北の人たちが、大阪人並の勢いでしゃべりまくったということがありました。
<23:35頃まで>

【その③】に続きます。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村