※この記事は、12月1日 【内容起こし】IWJ百人百話 第18話 佐々木慶子さん 【その①】の続きです。

【動画】12月2日 百人百話 第十九話 植木宏さん
http://www.ustream.tv/recorded/18876729 (74:09)

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2011年9月1日収録
Q.自己紹介をお願いします。
 植木宏、40歳です。
 家族が妻一人の子供二人。長男が4歳、そして次男が2歳の家族構成です。
 僕は、もともと出身が福島県の郡山市。今はちょっとね、今回の原発の影響で引っ越しして、今長野県の松本市に家族を引越しさせて。
 僕自身は、やっぱり地元が福島っていうのがあって、こちらの方に残ってできることをやろうと思って、今、残って頑張ってます。
 家はもう引き払っちゃったんで、僕は実家に住みながら、拠点にしながら頑張ってます。おやじとおふくろと三人で暮らしてます。
Q.「郡山は線量が高い」と伺っていますが?
 当時住んでたのは、須賀川市だったんですけども、郡山から須賀川に入ったとこだったんですよ。そこで、ガイガーカウンタが手に入った時測ったら、最初の頃なんですけど、2は超えてました。2マイクロシーベルト/時を超えてました。
 実際自分で手に入って、自分の家の庭と中ですね。測ってみましたら、庭でだいたい2.5~3あったんですね。家の中も大体0.4を超えてたんで、
「これは流石に子供には無理だな」
と思って、引っ越し決意したんですね。
 その家自体は、僕は大した感じることはなかったんですけども、うちの実家。今さっき言ってた須賀川の自宅から実家って、500mくらいしか離れてないんですよ。そこの実家をこないだ雨樋の下測らせてもらったら、メーター振り切れちゃって、15マイクロシーベルト超えてたんです。
 なんでそこを測ったかというと、僕、人の家とかあちこち町中とかいろいろ計測してたんですけど、家のかあちゃんが庭とかお花とか好きなんで、
「なんか庭に出てここの場所に来るとヒリヒリするのよ」
って言ってたんです。はい。
「そこでちょっと一回測ってみ?」
なんて言われて測ってみたら、メーター振り切っちゃって、びっくりしちゃった。
 その雨どいの、部屋っていうか外側の中にも寝泊まりしてるので、ちょっときついっすよね。正直ね。

Q.ご自身でもヒリヒリする感じはありましたか?
 僕はなかったです。家のかあちゃんだけですね。
「顔がヒリヒリすんだよねー。目がショボショボする」
って。
Q.お仕事は何を?
 そうですね。僕ちょっと一杯あるんで長くなっちゃうんですけど、一番最初は、高校卒業して自衛隊に入りました。2年間やったあと、家稼業が高級紳士服、オーダーメイドの紳士服やってまして、家を継ごうと思って、東京に行って修行してって感じで、実家の家業を継いだんですね。
 でも、その後にたまたま出会ったのが、倫理法人会っていう会で、そこの社長さん方といろいろ交流もってたら、たまたま紹介してくれたのが、その時地球環境の第一人者だったネットワーク地球村の高木義之さんという方なんです。
 その人の講演会を聞いて、その後地球環境の活動に入らせていただいたんですね。
 その後に、地球環境問題っていうのに取り組んでるうちに、ある時きっかけがあって、それは9.11の事件ですね。あれを境にして支援活動を始めたんですけども、全国で募金しながらいろいろできることをやってきたんですけれども、なんか聞くとどういうわけか、大きい国際団体なんかもそうなんですけど、事務経費でだいたい終わってしまうなんて話をきいたもんで、じゃあ自分たちで集めたやつを100%届けようっていうことで、自分たちで集めて、それ誰がいくのかなと思ったら、僕が指名されて、本当英語もしゃべれないしやったことなかったんですけど、運がいいっていうのと、元自衛隊だっていうことで危機管理っていう部分ですかね。それで選ばれて言ったんですけどね。
Q.どこへ行ってたんですか?
 アフガニスタンに行ってたんです。
Q.アフガニスタンに何をしに行ったんですか?
 支援活動ですね。その支援活動の内容っていうのは、帰還難民とか、自立支援とか、地雷除去、あと井戸掘り、学校建設、いろんなことやりました。
Q.何年間くらいやりましたか?
 3年やってました。
 ただ3年間ずっといたわけじゃなくて、冬場は雪が積もっちゃうと何もできなくなるので、そういうときは帰ってきたり、テロが起こりそうだっていう情報が入った時は、一応帰ってきて。3か月を一つの基本として活動してました。
 その後に帰ってきて、そのまま地球村っていう団体の東京の事務局長をやることになって・・・。
Q.NPOですか?
 はい。NPO法人のネットワーク地球村っていう。そこでずっと6年くらいでしょうかね、活動してきて、そのあと結婚して子供ができたんで、東京でちょっとね、変な話ですけど、子育てしたくないっていうのがもともとあったんで、地元郡山のこの美しい大自然の中で子育てしたいなということで帰ってきたんです。
 帰ってきて一番最初、友人がたてた本屋さんを手伝うことになって、そこで勤めながら、その後ちょっといろいろあって、幼稚園の園長先生の広報として引き抜かれて、そっちのほうで仕事してたんですけども、今回の3.11を機に、ちょっと活動範囲も広がってきたのもあり、いつまでも活動のほうでお金もらってるのも悪いんで、自ら辞めて、そして今このハッピーアイランドネットワークっていう活動に移行させてもらったところです。
Q.震災後はどのような活動を?
 はい。これは、もともと3.11っていうか、大地震があったとき、僕東京に居たんですね。東京で震災が起きて、ちょうど練馬で練馬区長選があったんですよ。その区長選の広報の人の選挙のお手伝いをさせてもらって、その時に地震が起きたんですよね。そこで起きたものですから、僕が福島県出身っていうのもあるし、支援活動をずっといろいろやってきたんで、
「もう選挙どこじゃない。とにかく行け。君のノウハウっていうか今までやってきたことを活かしてこい」
って言われて、3月の17日ですかね。交通手段が無かったんで、福島に帰れなかったんだけど、臨時便の飛行機で福島空港に。
 そこから流れとしては、『がんばれ東日本・練馬』っていうことで活動が始まったんです。そこで救援物資とか、新潟行って物資集めしたりとかして、いわき、相馬、南相馬、あと郡山市内の避難所、あと宮城県の山本町とかあちこち行かせていただいて、「必要だ」と言われたところには、すぐ届けるというようなことを活動してきたんです。
 それと同時に一緒にやってたのが、大阪を拠点にしている心援隊っていうグループだったんですね。心の援助の隊。そこのまーちゃんっていうのが友達だったので、そこの人たちが今度原発爆発した後に、すぐに大阪のほうで団体立ち上げて、避難場所を確保して、わざわざこちらに来ていただいて、『赤ちゃんを救えプロジェクト』っていうのをやってたんです。その時に妊婦さんとかお子さんいる家族、皆大阪のほうに避難活動やってたんですね。
 その後に、そうやってね、ガイガーカウンタとか手に入るようになってから、どんどん線量が上がっていくのが判って、
「これは流石にマズイ」
となって、これは優先順位が違う。支援物資届ける方も、ある程度ライフラインが整ってきた時点で、僕たちもお金なくなってきたし、物資もなくなってきたし、もう大丈夫だろうということで、急きょ切り替えて、少しでも子供たちを県外に避難させる・保養させるっていうプロジェクトの方に移行したんです。
 名前を変えてってわけじゃないんですけど、一緒にやってきた中で、同志っていうか、やっぱ『子供たち、命が優先だ』っていう仲間たちと一緒に作ったのが、この『ハッピーアイランドネットワーク』。
 『ハッピーアイランドネットワーク』っていうのは、福島っていうのは、福の島なので、英語にしたんです。するとハッピーアイランド。これを「目指していこうよ。もう一度、この美しい福島をもう一回取り戻せるように願いを込めて」ということで名前を付けたんです。
 僕たちは最初は、講演会。とにかくたくさんの人たちに今の現状を伝えるために、田中優さんとか、野呂美加さんとかをお呼びして講演会開催して、その中に相談窓口、避難とか保養とかプログラムがある団体を呼んで、とにかくつなげるための役割として活動してました。
 それをずーっとしばらく続けて、何十回やったでしょうね。十何回開催して、結構な数の県外のほうに避難活動のお手伝いをさせてもらったと思います。
 その中でも、例えばですけど、ネットを使える人、特にツイッターとかブログ見てる人はいち早く皆さん逃げたじゃないですか。情報を得て。
 でも、残ってる人たちって、いろいろ聞いてると
「情報が入ってこない」
って言うんですよね。
 入ってくる紙面のやつは、みんな『安心・安全・大丈夫』キャンペーンだったんで、皆それ信じ切っちゃってるっていのも変なんですけど、片一方の情報しか入らなかったので、どれだけ危険なのかっていうのを皆認識してなかったんですね。
 なので、「これはまずい」ってなって、
「じゃあ紙面で出そう。紙面でやればとにかく判りやすく書いて、誰でも呼んでくれるような新聞を作ろう」
と思って作ったんです。それは20万部発行して、汚染地域の酷いところを優先に配らせてもらってる活動もやってます。
Q.3.11当日は何を?
 僕、やっぱり地震が起きた時東京で地震があったんで、
「これはえらいことが起こった。ひょっとしたら関東大震災かな」
ってちょっと思ったんですね。
 でも、ちょうど車に乗ってたんです。その時。でも。その後に事務所に戻って、テレビ皆で見てて、震源地どこなんだ?ってなった時に、もうとにかくびっくりした。それ以上のものは無いんですけど、『福島県』っていうか『宮城県沖』っていうのが・・・。
「えぇ!東北だったのか!?」
って、もうすぐに自分の家、家族心配だったので、電話しましたね。全然つながらなくて、たまたま僕、二つあったんですけど、ウィルコムはピッチは結構繋がりやすかったんですよ。そっちの電話使って家族に電話したら、なんとか無事だったみたいなんで、本当にホッとしたっていうか。
 いやもうとにかく、家のなかメチャメチャになっちゃったし、その中で子供達も幼稚園とか保育園で無事だったっていうことも確認できたということで、ちょっとホッとしたっていう部分があったんですね。
 その後に本当に、フッと浮かんだのは、僕、環境問題もやってたので、原発心配だったんですよ。津波が起きて、福島県なんで当然原発のことは常に頭にあったんですけれども、「大丈夫かな?」っていうのが先に思った部分ですね。
 そしたら、最初は全然情報が入ってこなかったんで判んなかったんですけど、偶然にもその時にツイッターを始めたばっかりだったんですよ。ツイッター始めてフォローも少ないし、フォロワーも少なかったんですけども、ちょっとなんかある一部からそういう情報が入ってきたときに、どんどんフォローしていったら、なんかえらいことが起きてるということがだんだん判ってきて、「原発が危ないぞ」っていう情報も出てきて、
「テレビを見ろ!なんか原発、電源停止して危険な状態にあるみたいだぞ」
っていうのも判ってきて、なんかリアルタイムに原発情報っていうのが入ってきたんですね。
 なのでちょっと恐ろしくなってしまって、それからテレビで少しずつ出るようになってきたときに、すぐまた家族に電話して
「万が一のことがあるかもしれないから、来る前に逃げるための準備しとけ」
って連絡したんですよ。
「詰められる分でいいから、重要なものだけ全部詰め込んで、何かあったらもう一回電話する。そしたら迷わず逃げろ」
っていう話をして、そんなこと言ってたら・・・
Q.その時点では単身赴任状態だったわけですね?
 そうなんです。僕は東京。うちの家族は須賀川に住んでいたわけです。そういう状況だったんですね。
 案の定「爆発した」っていう情報が入ってきて、もう、すぐですね。何も考えずに
「とにかく逃げろ」
ということで、東京に。うちのかみさんの実家は東京だったので、
「東京に来い」
ということで、そうですね。夜中までかかりましたね。夜中の1時くらいに練馬の実家の方に到着したくらい・・・
Q.ご両親は避難されなかった?
 家族だけです。うちの両親、うちのおやじもそうなんですけど、
「ま、大丈夫だ」
っていう派だったんで、押し問答してもしょうがないしと思って、とりあえずうちの家族だけ。「逃げられる人だけ逃げろ」ということで、逃がしました。
Q.家族内での意見は?
 一致しないですね。とにかくうちも本当に離婚寸前まで・・・変な話、離婚寸前までケンカして、とにかく逃げろと。引っ越しもできないって、これ言っちゃうと怒られちゃうかもしれないけども、うちの家族でもいろいろもめごとがたくさんあったんですね。
 何が最初の原因かっていったら、東京に避難してた家族が「来週戻るから」っていう話になって、
「なんで?せっかく逃げて避難したのに、なんで戻っていくんだろう」
ってまずケンカ一発目始まったんです。始まって、結局帰ってきちゃったんですよね。
「保育園が始まっちゃうから帰ってきた」
「保育園と今のこの状況、どっちが重要なの?」
ということで、とにかく揉めました。そういうのも聞いてくれなかったんで、納得いかないこともあったし、かみさんはかみさんで、もともと看護婦さんだったっていうのもあるし、「そこまで恐れなくていい」っていう情報がメールで入ってきてた時だったんですね。
Q.知人から?
 そうです。知人から回ってきて、そのメールをくれた方が那須に住んでる発明家っていったらいいんですかね。その先生からのメールだったんですね。
 なので、いろいろ話してる中で、引っ越しも視野に入れた上で、家族でっていうことだったんですよ。
「もし、引っ越すんだったら、じゃあ避難するんだったら、そこへ行く?」
っていうことになって、那須。那須だったら大丈夫だって。
「那須が大丈夫な根拠は何?」
って聞いたら、発明家の先生が、
「那須連峰があるから、今の段階では風が谷側まで抜けちゃうから、降ってきても全部そっちに流れちゃうから大丈夫」
っていう話だったんですよね。
 でも、僕は直感的に、
「そんなわけないだろう!?」
と思ったわけですよ。
「あれだけ大量に出てる中で爆発したわけですから、那須だけ大丈夫ってことは有り得ない」
と思って言ったんですけど、全然聞いてくれなくて、
「じゃあ直接危機に行こうよ」
っていうことで、聞きに行ったんですね。
 その先生からはいろいろアドバイス受けた中でも、原発の状況って結局どうなってるかっていうのは、誰もわからなくて、推測状況だったんですね。だから、
「はっきりしたことは言えないけども、ただ一つ言えるのは、この1か月間で、最悪の状態を迎えるのか、収束に向かうのか、その判断基準にしてほしい。もし仮に爆発しても、すぐに降ってくるわけじゃないから、(爆発ってわけじゃないですね。メルトダウンか。)その判断基準にしてくれ」
って言われて、それで一応帰ってきたんですね。
 でも帰ってきても、やっぱり不安ばっかりで子供は外にどうしてもやっぱり出るし、家の中に居るだけじゃないですからね。
Q.ご自身ではどのように情報収集されましたか?
 僕はそれはツイッターでいろいろ聞いてたのはありました。ツイッターが多分一番の情報源だったと思いますね。
「とにかく今こういう状態だから逃げろ」
っていうのが、すごい多かったときだったので、僕も本当に素人に近いので、頼れるものっていうのは多分ツイッターしかなかったと思います。
 ブログとかいろんな人たちのを見てても、探し出せなかったんです。最初ね。武田先生もそうです。どういう先生の話を聞けばいいのか全然わからなくって、結構僕ネット見てたんですけど、それでも遅かったんです。辿りつけなかったっていうか、普通の人で、例えば一日僕は、どっちかっていうと見られる環境にあったんですけども、一般の人で仕事やってて、家事やってたら探し出すの結構大変だったんじゃないかと思います。そんな状況です。
 そういう意味では、どっちかっていうと基準は直感ですね。直感の部分・・・動物的直感っていったらちょっと変ですけど、「絶対違う」っていうのが、帰ってきたときですけど、その先生の話聞いた後で、
「俺は信じない」
ってその時言っちゃったんですよね。悪いけど、科学者っていうのは、どうも偏ってる部分をちょっと感じちゃったんですよ。だから、研究とか自分の知ってることを言うことが喜びに感じちゃったり、どうも他人事のように感じちゃう部分があったんですね。データとかは詳しいかもしんないですけど。
 もし爆発した時なんて、責任とれるのかっていったら、とれないわけじゃないですか。そういう中では、親が判断するしかないし、自分の直感で判断するしかなかったんで、俺は曲げなかったんですよね。那須だけ大丈夫なんてありえないし、不動産屋さんで家まである程度見てきたんですけど、何となく違う。もっと新潟とか遠くに逃げないと、もう一回あたりそうと思って、そういういちゃもんっていうか、夫婦間でもケンカしながらも日が経っていって、俺も何回も言っても言うこと聞かなかったので、じゃあ
「頼むから、頼むから一日も早く逃げてくれ。どうでもいい。とにかく逃げてくれ」
って毎日のようにせがんでた。流石にかみさんも、自分の中で1か月経った後ですね、収束の見込み無いっていうのもだんだん判ってきたし、日々情報っていうのはどんどん悪化してくる状況の情報が入ってきたんで、さすがにかみさんも「無理だな」と思ったみたいです。
 そこでちょうどネットで探してたら、長野県の松本市で??避難っていうのは20㎞圏内じゃないですか。被災証明書とか罹災証明書とかがないと県外に避難できないっていうか受け入れてくれないって。そんな中でも松本市長は、
「15歳以下のお子さんを持つ家族でも受け入れますよ」
っていう話だったんで、すぐに申し込んで「見させてください」っていうことで、松本市に行って、そしたら本当にいいとこだったし、500㎞、600㎞離れてれば、ここまでなら大丈夫かなっていうのもあって、すぐに手続きをさせてもらったんですね。
Q.長野での生活はいかがですか?
 帰ってないです。1回だけですね。お盆前にちょろっとだけ。時間が空いたので。1週間だけ居て、そうですね。
 見に行ったときは家族みんなで見に行ったんですけど、こっちに居ると見えない緊張と見えない恐怖と、見えない不安っていうのはいろいろ被ってたんだなって、あっちに行って気づいたんです。
 マスクしなきゃいけない。
 子供達守らなきゃいけない。
 常に神経ピリピリだったんですね。その時は。
 でも、松本行って、街の様子とかチラッと見てきたら、あまりにも綺麗で、あまりにも脱力感っていうか、なんていうんでしょうね。幸せ感っていうか、当たり前のきれいな空気、当たり前のきれいな水、当たり前の食べられる、安心して食べられるっていうのが、どれだけ幸せかっていうのが、一日で判ったんです。
 だから、
「もうここだ、ここにしよう。居るだけで気持ちいい。松本にしよう」
って決めた。
 その時に本当に、僕はショッキングだったんですけど、うちの子供、その時4歳の長男が行って、綺麗なお花見つけてね、
「おとうちゃん、これ触っていいの?」
って第一声だったんですよ。
 『ばい菌マン』っていう表現なんですけど、放射能のことを『ばい菌マン』って言ってて、
「『ばい菌マン』居ないの?」
っていうのが第一声だったんです。
「マスクしなくていいの?土触っていいの?車触っていいの?」
 その言葉がちょっとショックでしたね。
 子供もわかんないようでしっかりと理解してたり、僕たちの親・両親がピリピリしてるっていうのは、子供もわかってたし、何かおかしいっていうのは多分感じてたと思うんですよ。子供は子供なりにものすごい神経使って、その日々を暮してたんだな。それが今回本当に安心・安全な場所に行ったときに、ふっと出てきたんでしょうね。
「雨に濡れて大丈夫?」
とか。
「ここだったら大丈夫だよ。マスクしなくていいからね。ただ車はまだ洗ってないから触らないでよ」
って言いながら、
「あとは大丈夫だよ。思いっきり遊んでおいで」
って、公園で思いっきり遊んでる姿を見て、涙ですね。本当にね。
 幸せ感っていうか、こういう当たり前のことが如何に幸せなのかというのが、一番わかった瞬間だった。

 そんな中ですぐに次の日には、住まわせてくれる場所を、教員住宅でしょうかね、入れさせてもらって、ある程度の広さだったんで、すぐに決めました。あとは引っ越し準備で5月20日に引っ越しして。<笑>
Q.お子さんの体調変化は?
 うちは無かったです。
 特に鼻血とかもないし、体調不良っていうのも無かったですね。 
 でも神経使ってたのか、ピリピリはしてました。そのくらいです。
Q.周囲のお子さんたちは?
 周囲で、僕直接みたわけじゃないんですけど、こういう活動してるといろんなとこから情報入ってきたり、友達からも電話かかってきたりとかするんですけど、私の妹の友達も、
「子供が突然鼻血出したんだけど、これって放射能の影響?」
とか、
「大丈夫なの?」
っていう連絡が入ったとか、こないだ伊達市のお母さんなんかは15人しかいない保育園で15人が入院しちゃってて、原因不明。原因不明っていうのは、診断されたのは結局ね、喘息であったり、肺結核であったり、結核かな?とか下痢とか鼻血とか。
 入院しないでも、結局体調不良がずーっと続いてる子供たちが多い。
 一番聞いてびっくりしたのは、全く放射能とか興味ないお母さん、マスクもしなくていい、普通に平気で暮らしてたお母さんが、全く興味なかったんだけども、自分の子供が40度くらいの熱だして、急に入院した。
「風邪でしょう」
っていうことで、薬もらって退院ってなったわけですけど、結局自宅に戻ってきて薬を飲んでも全然治んない。それよりずーっとそれが続いて
「おかしい!」
っていって、もう一回病院行ったら、また入院。結局治らなかったですね。
 これはさすがに、何かおかしいって思って、結局そのお母さん、家族は新潟の方に避難しましたね。
Q.そういった情報はどこから?
 お母さん方から子供たちに現れてる症状の情報っていうのは、直接聞いたのは2件くらいなんです。あとは、いろいろ情報では聞いてますけども、不思議と福島県内でそういう情報っていうのはあんまり聞いてないんです。
 聞いてなかったんで、本当なのかなって。むしろ東京のほうが結構大騒ぎになってて、鼻血の報告がいっぱいあって、福島県そんなに起きてないと不思議に思ってたんですけれども、チェルノブイリの架け橋の野呂さんの講演会のあと、医療相談会っていうのをやったんですね。問診っていうか。
 その時にやっぱり心配だったお母さんとか、何か症状が起こってるお母さんがいっぱい集まって話を聞くと、
「結構いらっしゃるんだな」
っていうことが判ったんですよ。やっぱ下痢がとまんないとか、鼻血がずっと出てるとか、体調不良ですよね。
「なんかおかしい」っていうお母さん方が結構いっぱい、あの時で30人とか40人くらいいらっしゃったんですね。
 それくらいです。僕が知ってるのは。
Q.日頃そういったことを話し合わないのですか?
 ないですね。そういう場がないんですよ。
 普段の生活の中で、たまに友達とかと電話するとかそのくらいで、僕の友達でも、そういえばそんなに聞いてなかったんですね。噂くらいのレベルしかなかったんですけど、実際居るんだなっていうのを初めて知りました。
 どっちかわかんないっていうのもあると思うんですね。別に放射能じゃないかもしれないって思いこんじゃってるかもしれないし、その辺の判断は難しいと思います。
Q.どのような想いで活動を続けられていますか
 僕の想いは一点です。
 本当に【子供たちの苦しむ姿を絶対に見たくない】っていうのが、一番ですね。
 野呂さんの講演会の時に、スライドでチェルノブイリの子供たちの入院してる姿とか、手術の映像とかを見させてもらったときに、自分の子供と重ねちゃったんですよ。
 もし自分の子供がこんな状況になったら、後悔しかない。悔しいどころじゃないですよね。もし万が一自分の子供だったら、ものすごいエネルギーを発するだろうなっていうくらいの覚悟を自分の中でしてます。
 それを『安心・安全・大丈夫』って通しちゃってる国とか県とか、ちょっと信じらんないと思うのがあります。
 やっぱり「自分の子供だけ助かればいいや」っていう気持ちは、僕は無いです。やっぱり地元福島で育ってきたわけだし、そういう子供たちを絶対見たくないし、それを嘆いてるお母さん方の姿も絶対見たくないですから、少しでも変な話ですけど、何て言ったらいのかな・・・。
 100%無事であってほしいというのが、本当に最高の願いですよね。
「何もなかった、騒ぎすぎたよ。お前たち騒ぎすぎだよ」
と言われるのが、僕たちの目的なんです。本当に5年後、10年後、30年後、
「あれだけ騒いで迷惑掛けやがって」
って言われるのが目的です。目標っていうか。その上何もなかったらいいなってくらい思ってますよね。
 だから、『安心・安全・大丈夫』ってその言葉聞くと、疑問っていうか怒りっていうか、出てきちゃうんですけども、まだ判んないじゃないですか。変な話ですけど、本当に安全って判るっていうのは、本当に5年後、10年後、20年後、30年後何も症例が一つもなかったら、僕は言える言葉だと思ってるんですよ。
 今、それを叫ぶ人たちっていうのは、もう共犯者だと正直僕は思ってるんですね。
 誰も責任とれないんですよね。
 責任とれない。
 ごめんなさいじゃ済まないんですよ。
 責任取って辞めた、そういう問題じゃない。
 ・・・死んじゃうわけです。子供たちが。
 その時誰も責任とれない。
 誰も責任取らない。
 
 そんなことに本当に遭わせたくないっていうのが、変な話僕の中の一番の怒りの部分なんですよね。
 『安心・安全・大丈夫』はそうですよね。
 今は本当に呼びかけとしては、国も県もアドバイザーも大人たちも、ここに住んでる人たちも、『安全だから大丈夫だよ』っていうのは、本当に無責任だなっておもってるんですよ。何かあった時、本当に誰も責任とれないわけですから。
 皆でこういう現実は現実で受け止める。
 そこで「きちっとした対策とか予防とかやっていこうよ」っていう予防キャンペーンとかだったら判るんですよ。最低限ね。『避難』っていうのが一番の理想なんですけども、少なくとも残んなきゃいけないんだったら、
「しっかりと予防と対策やっていこうよ」
って呼びかけするんだったら、ちょっとは納得します。
 それが全くないで、何もこれから起こることなんか誰にも判らないことに対して、無責任にそういうこと言う人、ちょっと許せないんですね。
Q.活動を通して見えてきたものは?
 まず最初の頃は、やっぱり僕は、『避難・危険・危ない・不安』ありましたけど、それをとにかくブログで書き続けたんですよ。
 こういう情報がある。
 こういう情報がある。
 動画も含めていろいろ出してたら、僕、基本的にクレームはほとんど無いんですよね。無いキャラクターっていうのもあって、無かったんですけども、一番最初、クレームを受けたのは、実は友達だったんです。後輩で、ずっと長年友達やってた彼から、最初入ってきたのは、ガイガーカウンタで数字が上がってるよっていう動画だったんですね。それを見たら、
「この人は専門家なんですか?」
「あ、ごめん。ちょっとわかんないな」
って話して、流れたんですけども、俺がとにかく『危険だ・危ない、東電のやってること』を流していったら、
「これ、やって何がしたいですか?」
って次に入ってきたんです。
「いやいや、ちゃんと今起こってることを皆知らないと、対応できないでしょってことで、俺は流し続けてるんだ」
って言ったら、そしたら次入ってきたのが、
「そうやってね、一方的な情報を流しててどうすんですか?」
その辺詰めてないんでわからないんですけど、
「植木さんたちの都合のいい情報ばかり流して、不安を煽ってるだけで、何してるんですか?」
って入ってきたんですよ。その言葉っていうのは、ちょっと僕もショックだったんですけど、もっと頭に来たのが、
「植木さん、悪いですけど県から出ていってください。静かに去っていってください。本気で福島県のことを想うんだったら、立て直しを考えてるんだったら、植木さんは邪魔してます」
ってはっきり言われたんです。「出てってください」って言われてね、
「ちょっと本当に馬鹿じゃないんだったらそのくらい判ってください。」
すごいこう・・・、何て言うんですかね。いままであんなに仲良かった友達から、後輩なんですけど、ここまで言われて僕もさすがにカチーンとして、1回削除しちゃったんですよ。頭来て。コメントに書かれちゃって。
「どういうことなんだ?」
って思って、その場でメールして、
「ちょっと1回話したいんだけど」
ってことで出したんですけど、
「じゃあ話す前に、僕がしゃべってもいいですよ。あってもいいですよ。ただ、今流した植木さんとやりとりしたやつも全部ミクシーとかブログにちゃんと公平に出してください」
って話になって、書かれた文章を、俺も覚悟して出したんですね。書かれた部分を。
 そしたら、ものすごい擁護してくれる人「その通りだ」って言ってくれる人と、二分しちゃって、
「やっぱ危険、危険っていうか不安を煽ることばっかりやって私もちょっと植木さんにメールしようと思ってたんだ」
って言う人もいれば、でも、その文章を読んでる方々からは、
「いや植木さんの情報が、本当に今まで全てだったし、こういうことが起こっていることに対して、ここの情報しか知らなかった。本当に避難情報もいっぱい載ってたんで、それが本当に良かった。今起こってること、私たち、どう探していいかわからない。植木さんのブログ見て、本当に参考にさせてもらってるんです。だから、あなたがいろいろ『出ていけ』とかどうのこうのっていうのは、主婦っていうかお母さんの立場からすると、ものすごい営業妨害っていうわけじゃないですけども、命を守ろうとしてる人を邪魔してます」
とか、いろいろ物議をかもしだしたんですね。
<36:30頃まで>

【後半】へ続きます。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村