※この記事は、
9月19日 【さようなら原発】 武藤類子さんのスピーチ
9月19日 さようなら原発5万人アクション(実際は6万人!?)の様子【改めまして、署名をお願いします。】に関連しています。

「脱原発」訴え市民ら集会 大江さんら呼び掛け
2011/12/10 17:34   【共同通信】
 東京電力福島第1原発の事故を受け、脱原発を目指し、作家の大江健三郎さんらが呼び掛けた「さようなら原発」集会が10日、東京・日比谷公園で行われ、市民ら約5500人(主催者発表)が参加した。
 大江さんは、ヨルダンやベトナムなど4カ国に日本の原発輸出を可能にする原子力協定が国会で承認されたことを問題視。「政治家たちの原発に対する感覚が3月11日以前に戻り鈍感になった。原発を廃絶しようという運動のみが頼りだ」と話した
 「ハイロアクション福島原発40年実行委員会」事務局長の大賀あや子さんは「私たちの非常事態は終わらない」と、切々と脱原発を訴えた。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011121001001469.html


脱原発:都内で5500人集会 内橋さんら呼びかけ人
毎日新聞 2011年12月10日 19時05分(最終更新 12月10日 19時48分)
 政府に脱原発を求める集会「がんばろう!さようなら原発1000万人署名」が10日、東京都千代田区の日比谷公園で開かれた。経済評論家の内橋克人さん、作家の大江健三郎さんらが呼びかけ人になり、主催者発表で5500人が集まった。
 自然エネルギーへの転換を実現するため、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)や有識者でつくる実行委員会が1000万人の署名を目指し、現在約200万人分が集まったという。参加者は東京電力本店(千代田区)前で「未来に核のごみを押しつけるな」とシュプレヒコールを上げた。
 呼びかけ人の一人でルポライターの鎌田慧さんは「速やかに危ない原発を停止させ、廃炉にするための署名活動。原発に賛成する政治家を落選させ、平和な社会にしましょう」と呼びかけた。【池田知広】
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111211k0000m040009000c.html

【動画】IWJ TOKYO1http://www.ustream.tv/channel/iwj-tokyo1より
  ① http://www.ustream.tv/recorded/19042343 (67:15)
  ② http://www.ustream.tv/recorded/19043539 (44:51)
  ③ http://www.ustream.tv/recorded/19044311 (09:23)
  ④ http://www.ustream.tv/recorded/19044449 (31:53)
  ⑤ http://www.ustream.tv/recorded/19044899 (43:35)
※このほかにもIWJ TOKYO ch2とch3でも同時配信されていたようです。

さて、12月10日に行われた大規模な脱原発デモのご紹介です。

デモというのは、なんのためにやると思いますか?
もちろん国や行政、電力会社に対して抗議する意味合いがあります。
しかし、Bochibochiはそれ以上に、『社会全体に対する問題提起』だと考えています。
人数が多ければ多いほど、その問題に対して真剣に考えている人がいることのアピールになりますし、それを見かけた人というのは、「何のデモをやってるのか?」ととりあえずは確認するでしょう。

しかし、日本でのデモのイメージというのは、道行く人からすれば、
 『関わりたくない』
 『なんか怖い』
 『捕まるかもしれない』
 『デモをしても、どうせ何も変わらない』
といったものではないでしょうか?

正直に言うと、Bochibochiも3.11以前はそういった感情がありました。
幼い時は、親に連れられて春闘のデモなどで一緒に歩いたりしていましたが(当時はあまり意味がわかってなかったとは思いますが。)、年を重ねるにつれて、社会に対する距離感がどんどん離れていき、いつの間にかあまり気にせず、距離をとるようになっていました。

しかし、3.11以降、
「これは黙ってはいられない」
という衝動は止められませんでした。

サンフランシスコでは、6月11日に日本から離れてはおりますがデモに参加し、今までそういった活動をされてきた方々にお会いし、ほんの少しの時間でしたが、学ぶものは大きかったと思います。
【参考記事】
  ・6.11 100万人反原発デモに参加します@サンフランシスコ
  ・【追記あり】6.11 100万人デモ@サンフランシスコ報告!

署名をすることも、デモをすることも、私たちにできることの一つです。
それに加えて、今Bochibochiが何とか実施したいと思っている、国民投票。
この先駆けとして、大阪市と東京都で、原発住民投票実施のための署名活動が12月10日からスタートしています。

国が決める政策に対して、いかに国民が関わっていくか、意見を届けるか。
数少ない手段の一つです。

絶対やらなきゃいけない。
政治家や学者さんたちに決めてもらう問題じゃない。

Bochibochiはそう思っています。

是非一度、真剣に考えてみてはいただけないでしょうか。
8月27日 【動画・要点】「原発」国民投票、やるべし、やれるよ、やりましょう!飯田哲也×杉田敦×マエキタミヤコ×宮台真司&今井一【その①】

8月27日 【動画・要点】「原発」国民投票、やるべし、やれるよ、やりましょう!飯田哲也×杉田敦×マエキタミヤコ×宮台真司&今井一【その②】

8月27日 【動画・要点】「原発」国民投票、やるべし、やれるよ、やりましょう!飯田哲也×杉田敦×マエキタミヤコ×宮台真司&今井一【その③】

8月27日 【動画・要点】「原発」国民投票、やるべし、やれるよ、やりましょう!飯田哲也×杉田敦×マエキタミヤコ×宮台真司&今井一【その④】

8月27日 【動画・要点】「原発」国民投票、やるべし、やれるよ、やりましょう!飯田哲也×杉田敦×マエキタミヤコ×宮台真司&今井一【その⑤】

原発の是非問う住民投票求め、署名集め開始 東京・大阪
朝日新聞社 2011年12月10日11時4分
 原子力発電所の是非を問う住民投票を実現しようと、市民グループが10日、東京都と大阪市で実施に必要な条例の制定を求める署名集めを始めた。グループには東京電力福島第一原発の事故を受け、原発政策にみんなで関与し、発言していきたいとの思いがある。さっそく東京では渋谷・ハチ公前、大阪ではなんば高島屋前で署名を呼びかけた。
 グループはジャーナリスト・今井一さんが事務局長を務める「みんなで決めよう『原発』国民投票」。原発事故後に発足した。東京では漫画家のちばてつやさんや俳優の山本太郎さん、大阪では人形浄瑠璃文楽太夫の豊竹英大夫さんら著名人も参加。東京都と大阪市はそれぞれ東電、関西電力の大株主であることから、両自治体での住民投票実施を目指している。
http://www.asahi.com/national/update/1210/TKY201112100136.html

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村