城南信金、東電の電気買いません 「脱原発」取り組み
2011/12/02 19:03   【共同通信】
 城南信用金庫(東京)は2日、本支店などで使用する電力について東京電力との契約を解除し、ガスや自然エネルギーの電力を販売する「エネット」(東京)から購入する、と発表した。来年1月から始める。城南信金は福島第1原発事故後、「脱原発」を宣言しており、今回の取り組みもその一環。
 城南信金は、年間約900万キロワットの電力を使う全85店のうち77店でエネットに契約を変更する。契約の切り替えに伴い、年間の電気料金は従来の約2億円から1千万円減らせるという。8店舗はビルに入居しているなどの理由で、引き続き東電から供給を受ける。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120201001767.html

城南信金HP→ http://www.jsbank.co.jp/
原発に頼らない安心できる社会へ
城 南 信 用 金 庫
東京電力福島第一原子力発電所の事故は、我が国の未来に重大な影響を与えています。今回の事故を通じて、原子力エネルギーは、私達に明るい未来を与えてくれるものではなく、一歩間違えば取り返しのつかない危険性を持っていること、さらに、残念ながらそれを管理する政府機関も企業体も、万全の体制をとっていなかったことが明確になりつつあります。
こうした中で、私達は、原子力エネルギーに依存することはあまりにも危険性が大き過ぎるということを学びました。私達が地域金融機関として、今できることはささやかではありますが、省電力、省エネルギー、そして代替エネルギーの開発利用に少しでも貢献することではないかと考えます。
そのため、今後、私達は以下のような省電力と省エネルギーのための様々な取組みに努めるとともに、金融を通じて地域の皆様の省電力、省エネルギーのための設備投資を積極的に支援、推進してまいります。
  ① 徹底した節電運動の実施
  ② 冷暖房の設定温度の見直し
  ③ 省電力型設備の導入
  ④ 断熱工事の施工
  ⑤ 緑化工事の推進
  ⑥ ソーラーパネルの設置
  ⑦ LED照明への切り替え
  ⑧ 燃料電池の導入
  ⑨ 家庭用蓄電池の購入
  ⑩ 自家発電装置の購入
  ⑪ その他
以 上

城南信用金庫が脱原発宣言〜理事長メッセージ (4月14日UP分)


http://www.jsbank.co.jp/topic/pdf/genpatu.pdf

他の企業は、これを見てどうお考えになるでしょうか・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村