東電の元顧問2人、退任の翌日に嘱託採用
(2011年12月1日07時22分  読売新聞)
 東京電力が今年5月、経営合理化のために退任させると発表した顧問11人のうち、元執行役員ら2人が、退任翌日から嘱託社員として勤務し報酬を得ていたことが30日、分かった。
  東電によると、顧問は5月時点で21人で、計2億1900万円の報酬を得ていたが、経費削減などのため6月28日付で11人を退任させた。同時期に、清水正孝前社長ら3人が新たに顧問に就任したが、無報酬とし、顧問全体の報酬総額は計9800万円に圧縮されたと発表していた。
 ところが、退任した11人のうち、元執行役員販売営業本部副本部長(69)と、原子力部門出身の元理事(68)の2人が、翌29日付で嘱託社員として採用されていた。東電は2人の採用をこれまで明らかにしていなかった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111130-OYT1T01259.htm

ちょっとナメてるとしか思えないんですが。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村