※この記事は、11月14日 小出氏:WBC機種違いで検出6件→274件に[検出限界]、文科省の東日本の汚染地図[1万Bqの意味]と保安院のあるべき姿@たねまきに関連しています。

「福島原発の放射性物質、西日本にも」研究チーム解析
朝日新聞社 2011年11月15日5時0分
11月15 USRA試算地図 東京電力福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性物質が、西日本や北海道にも拡散しているとの解析を日米欧の研究チームがまとめた。15日の米国科学アカデミー紀要電子版に発表する。文部科学省は長野・群馬県境で汚染の広がりはとどまったとの見解を示したが、以西でも「わずかだが沈着している可能性がある」と指摘した。
 米宇宙研究大学連合(USRA)の安成哲平研究員らの研究チームは、大気中の汚染物質の拡散を20キロ四方で計算するシステムを使い、事故後の天候や雨による放射性物質の降下を加味してシミュレーション。文科省によるセシウム137の測定値で補正して、3月20日から4月19日までの沈着量を算出した。
 分布状況は文科省の観測の傾向と一致していたが、岐阜県や中国・四国地方の山間部で、原発由来の放射性物質が沈着している可能性が示された。北海道にも広がりがみられた。
http://www.asahi.com/national/update/1114/TKY201111140338.html


山岳地帯がセシウム拡散防ぐ 原発事故の汚染解析
2011/11/15 05:02 【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性セシウムは、中部地方の山岳地帯によって西日本への拡散が防がれた可能性があるとの解析結果を名古屋大などの研究チームがまとめ、14日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 チームは、3月20日から1カ月間に福島第1原発から放出されたセシウム137について、各地の自治体が計測した連日の降下量データをもとに、大気中の拡散をシミュレーションし、土壌への沈着量を推定した。
 セシウムは北海道から中国地方にかけた広い範囲に沈着するが、全体的に西日本の汚染は少ない結果となった。山岳地帯が汚染大気の拡散を防いだとみられるという。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111401000791.html

これ、恐らく別々の研究チームですよね・・・?
真っ向対立のものと見ていいでしょうか・・・?
それにしても、朝日新聞のほうの地図、見ているだけで恐ろしくなります。

何が真実なのか判らない状況を早く脱するような対応を政府に求めたいと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村