※この記事は、10月23日 滋賀県住民・弁護団:敦賀原発の再稼働差し止めの仮処分申請への続報です。

滋賀住民が敦賀原発差し止め請求 大津地裁、「敷地に断層」
(2011年11月9日午前10時36分)
 日本原子力発電の敦賀原発(福井県敦賀市)で事故があれば、琵琶湖が放射性物質で汚染され、周辺に住む人々の生命が脅かされるとして、滋賀県の住民ら約40人が定期検査で運転停止中の1、2号機の再稼働差し止めを求め、8日大津地裁に仮処分を申し立てた
 申立書は、敦賀原発の敷地内に断層があり「地殻変動で深刻な事故が生じる恐れがある」と主張
(1)1号機が運転開始から40年以上経過し老朽化している
(2)津波対策が不十分―などと危険性を訴えている。
 また「現行の国の安全審査指針や技術基準に基づく定期検査は、東京電力福島第1原発事故を受け事実上失効しており、電気事業法の定める適法な検査を受けたことにはならない」と指摘。原発事故の原因を究明し新基準による点検が完了するまでは再稼働させてはならないとしている。
 滋賀県の住民らは8月にも、関西電力が福井県内に設置する原発7基の再稼働差し止めを求め、大津地裁に仮処分を申し立てた。
 日本原電広報室は「詳細を把握していないのでコメントは差し控えたい」としている。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/31436.html

滋賀県の方々に感謝したいと思います。
ここまでの行動を起こされるには、はやりそれなりの専門家や弁護士の方々などの協力なしには、難しかったと思います。
どういうふうになっていうのか、注目したいと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村