東海第2原発、圧力容器で水漏れ 60トン超か、周辺影響なし
2011/10/26 14:34   【共同通信】
 日本原子力発電は26日、定期検査中の東海第2原発(茨城県東海村)で、原子炉圧力容器の下部にある水を止める板のねじを誤って緩め、放射性物質を含む水が格納容器に漏れたと発表した。外部への放射性物質の漏れはないが、作業員4人が水をかぶった
 4人は検査の結果、被ばくは確認されなかった。経済産業省原子力安全・保安院によると、午後1時に漏れが止まったことを確認。漏れた水は毎分400リットルで、単純計算すると総量は64トンになる。燃料の冷却に問題はないという。

 日本原電によると、26日午前10時20分ごろ、格納容器の下部で水漏れを示す警報が出た。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102601000506.html

格納容器に漏れた水は22トン超 東海第2原発
2011/10/26 18:35 【共同通信】
 定期検査中の東海第2原発(茨城県東海村)で原子炉圧力容器内の放射性物質を含む冷却水が格納容器に漏れた事故で、日本原子力発電は26日午後、漏れた水は約22・4トンと明らかにした。格納容器内のタンクにたまった水量を確認した。
 水に含まれていた放射性物質は1リットル当たり400ベクレルで、日本原電は「濃度は限りなく低い」と説明。原子炉の燃料は使用済み燃料プールに移してあったが「燃料がなかったとはいえ、重大な事象だと受け止めている」とした。
 日本原電によると、男性作業員4人が水をかぶったが被ばくは確認されていない。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102601000775.html

またヒューマンエラーです。
しかも今回は、まだ400ベクレルだったので・・・、というのもなんですが、もしもっと高濃度汚染水だったらと考えると、結果オーライにはなりませんよ。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村