※この記事は、
8月4日5日 統一見解で原発輸出の方針変えず、閣議「国家間の信頼留意」【国民は?】
7月1日 各国向け原発輸出、原子力協定の国会承認が暗礁
6月26日 ヨルダン:日本が原子力平和利用協定を承認しなければ、競争で不利になる」と警鐘
6月19日 原発輸出:日・ヨルダン原子力協定、国会承認めど立たず…に関連しています。

ヨルダン、原子力協定の承認要求 不可なら日本企業選ばず
2011/10/23 02:02   【共同通信】
 日本とヨルダンが署名した原子力平和利用協定締結に向け日本の国会承認を年末までに終えるようヨルダン政府高官が日本政府に強く要求していたことが22日、分かったヨルダンが原発建設計画の発注先を年内に決めるためで、不可能な場合は法的環境が整わないとして日本の企業は選定しないと事実上、通告している。複数の外交筋が明らかにした。
 東京電力福島第1原発事故を受け、原発輸出につながる協定発効には与野党内で慎重・反対論が根強く、野田佳彦首相は難しい対応を迫られそうだ。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102201000839.html

原発輸出なんてしないでください。

これだけの事故を起こした国が、まだ原発を世界に広めようなんて、どうして言えるでしょう。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村