2号機5階250ミリシーベルト 漏れた気体が沈着か
2011/10/21 16:21   【共同通信】
 東京電力は21日、福島第1原発2号機の原子炉建屋5階で最大毎時250ミリシーベルトというかなり高い放射線量を測定したと発表した。5階には使用済み燃料プールがあるほか、原子炉格納容器のふたがある。
 250ミリシーベルトはふたの付近。松本純一原子力・立地本部長代理は「原子炉の温度が高かった時期に格納容器から漏れた(放射性物質を含む)気体が、床や壁に沈着しているのではないか」と話した。
 20日にロボット「クインス」を使って測定した。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102101000554.html

原因の全てが推測・・・。

これが現実・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村