除染、廃棄物処理で協力を要請 環境相、経団連会長に
2011/10/19 09:50   【共同通信】
 細野豪志環境相と経団連の米倉弘昌会長が19日、都内で会談し、今後の地球温暖化対策の在り方や東京電力福島第1原発事故への対応などについて意見交換した。細野氏は原発事故を受けた除染や廃棄物処理について「経済界の協力が不可欠。被災地の地域経済が前に進んでいく手段になるような活動を心掛けたい」と述べ、連携を求めた
 米倉会長は「2020年の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する」とした政府の中期目標見直しや、先進国だけが排出削減義務を負う京都議定書の枠組みを13年以降に単純延長しないことなどを要請した。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101901000196.html

なぜここに来て、経団連に協力要請なんでしょう。
発災直後にするなら、まだ何というか緊急性も感じられたものですが、今この段階で、環境省が民間にお願いをするということ、とっても違和感を感じます。

これだから、「除染ビジネス」っていう言葉が先行してしまうんだと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村