※この記事は、
10月17日 北電社長:泊3号機のプルサーマル計画を凍結、静岡県知事:「原子力については勉強するしかない。科学を信じている」
9月15日 フランス:アレバ「ウラン加工工場を2ヶ月生産停止」、来春の大統領選:有力候補はいずれも「脱原発」「減原発」
9月13日 イギリスから再処理後の放射性廃棄物が日本に向かっています。
8月3日 イギリス・NDA:MOX燃料製造工場を近く閉鎖へ【日本のプルサーマル計画の不透明が理由】などに関連しています。

日本負担の数十億円無駄に 英MOX燃料工場の閉鎖で
2011/10/18 10:05   【共同通信】
 【ロンドン共同】原発の使用済み核燃料を再利用するプルサーマル計画をめぐり、日本の電力10社が費用負担して改修工事が進んでいた英国のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料工場の閉鎖が決まったため、既に拠出した少なくとも数十億円が無駄になったことが18日、分かった。関係筋が明らかにした。
 工場閉鎖の直接的な原因は、東京電力福島第1原発事故で「日本がMOX燃料を受け入れる見通しが立たなくなった」と英側が判断したためだ。
 工場の改修が必要になったのは以前から故障が相次ぎ、計画通りにMOX燃料の製造が進まなかったという英側の事情からだった。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101801000149.html

そもそもが無理のある計画だったということです。
自国でできないことを他国にお願いしてやっていたのですから、それなりのリスクはあるでしょうし・・・。
この数十億円は、総括原価方式として、電気料金に含まれてるんでしょうか・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村