※この記事は、9月17日 【東電資料写真UP】東電会見:1号機の原子炉建屋カバーの写真を公開に関連しています。

使用済み防護服が山積み 原発作業で4千立方メートル
2011/10/15 21:28   【共同通信】
 東京電力は15日、福島第1原発事故で作業員が使用した「タイベックスーツ」と呼ばれる防護服の集積所の写真を公開した。高さ5~6mの“山”には3月の事故発生以降に使われた防護服や肌着などが集められており、量は約4千立方mに上るという

 集積所は対応拠点の「Jヴィレッジ」(福島県広野町など)にある屋根付きサッカー練習場。処分方法は決まっておらず、東電は「当面はこのまま保管し、さらに積み上げる」としている。これまで第1原発で作業した人は延べ約48万人

 東電はまた、赤外線カメラで1、3号機の原子炉上部を撮影した画像も公開。東電は「冷却できている」としている
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101501000877.html

福島原発、年内に冷温停止と明記 政府・東電の工程表
2011/10/17 18:07   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で、政府・東電統合対策室は17日、収束に向けた工程表を改定、原子炉をより安定的に冷却し、冷温停止状態に持ち込む「ステップ2」の終了時期を「年内」と明記した。

 ステップ2の年内終了は細野豪志原発事故担当相が9月に表明していたが、工程表では「10月~来年1月」としたままだった。

 工程表では、現在1~3号機の原子炉格納容器から放出される放射性物質は、最大で毎時約1億ベクレルと推定。9月の改定時から半減し、3月の事故発生時と比べると約800万分の1となった。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101701000681.html

福島第1原発:ステップ2前倒し 地元は評価も慎重な見方
毎日新聞 2011年10月17日 19時35分
 「年内をめどに冷温停止し、それを受け警戒区域や計画的避難区域の解除も検討する」。東京電力福島第1原発事故で政府と東電は17日、原子炉の冷温停止状態を目指す「ステップ2」の達成時期を年明けから前倒しし、避難区域などの解除についても前向きな姿勢を打ち出した。地元自治体からは評価の声の一方、「実際にその通りになるか」と慎重な見方も示された。
 この日、福島市では2回目の「原子力災害からの福島復興再生協議会」が開かれ、細野豪志・原発事故担当相や平野達男復興担当相らが佐藤雄平知事らにステップ2の終了見通しなどを示した
 会議後、福島第2原発が立地する富岡町の遠藤勝也町長は冷温停止の前倒しについて「一応評価している。前進していることは確かだ」と述べた。ただし、区域の見直しについては「先の話なので(今日は)深い話にならなかった。区域解除の工程表を早く示してほしい。帰還がいつか皆知りたいんですよ」と訴えた。
 一方、第1原発が立地する双葉町の井戸川克隆町長は前倒しについて「評価はできません。実際にその通りになるかも見ていかなければならない」と慎重な姿勢。「前倒しがどうかではなく、確実に無理のないように、後退しないようにやってもらいたい。前倒しをすれば無理がでることもある」と語った。
 佐藤知事は前倒しに「ぜひそうしていただきたい」と述べ、区域の解除は「生活基盤をしっかり作ることを十分に考えた上で実行していただきたい」と注文を付けた。【杉本修作、長田舞子】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111018k0000m040036000c.html

再度の炉心損傷確率、5千年に1回…東電試算
(2011年10月17日20時03分 読売新聞)
 東京電力は17日、福島第一原子力発電所1~3号機で再び炉心が損傷する確率は、約5000年に1回とする試算結果をまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に報告した。
 事故前の試算では1000万年に1回としており、2000倍も高くなった。保安院は、試算の内容を検証し、安定化の目標である「冷温停止状態」を維持するための施設運営に生かす。
 損傷確率の計算は、原子炉の注水系統の故障、外部電源の喪失、大津波など7項目を想定。それぞれの原因で、1~3号機の一つに約20時間にわたる注水の中断が起き、炉心損傷が起きる1200度に達する確率を合計した。
 項目ごとの確率では、大津波による炉心損傷が8000年に1回と最も高く、次いで、注水系統の故障による炉心損傷が1万1000年に1回だった。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111017-OYT1T01099.htm

東電関連の記事を集めました。
タイベックススーツについては、確か一度着用したら、すべて廃棄だったと記憶しています。延べ48万人もの防護服ですから、これくらいの量になりますね・・・。放射性廃棄物の処理、大変大きな課題です。
工程表は、もう夢の工程表なので、なんとも・・・。
どこに溶けた燃料があるかを把握できずに、炉内の温度が下がれば冷温停止などと、そんな論理は小さい子供でも見抜きますよ。

さらに、炉心損傷確率って・・・。
もうちょっと呆れて笑ってしまいました。
事故前の試算では1000万年に1回としており、2000倍も高くなった
だそうです。
今起こっている事故原因もわからずに、想定ばかりで試算をして何の意味があるでしょう。

酷い有様です。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村